しげじいの雑記帳

あんなことこんなことを、思いつくままに、、、、

梅雨の晴れ間

2017-06-15 | 日常雑記

 二三日続いたうっとうしい「梅雨の日」だったが、昨日は午後から青空が出て陽の光が眩しかった。杖を使い傘をさして歩くようなことも出来ないから運動不足の日が続いていた。きのうの午後は、

 近くのコンビニへ「文芸春秋・7月号」を買いに行って、少し遠回りして帰って来た。毎号買って読む本ではないが、7月号の「特集」を読んでみたかったから。ついでにいつもの井村屋のあずきバーを買って来た。特集をよんでまだまだこの国にも筋を通す人がいるのだと思ったが、それにしてもこの国はどこへ行くんだろうか?。

 この時期はどこへ行っても、どこを歩いても「花・花・花」、数えきれない季節の花が咲き誇っているから楽しい。カタツムリのようなゆっくりゆっくり歩く、ゆっくり歩くから足元の野草の小さな花をみつけると立ち止まって見られる、小さな喜びがある。

 今朝の空も昨日と同じように雲の切れ間があってすこし青空が見えるので少し歩こうかと思っている。昨日は25度で肌寒かったが今日は27度に気温があがるという予報。そろそろ「蚊」がやってきてこの老人の不味い血を吸うからベンチに座って本も読めなくなった。だからもう散歩に本を持っていかない。

 また暑い夏がやってくる、医者先生からも鍼の先生からも水分補給を忘れないでくださいのご注意もあって、娘に頼んで今年も水分補給のためにとりあえずいつもの経口補水液を2ダース買ってきてもらった。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飲む・吸う | トップ | 寿限無じゅげむ »

コメントを投稿

日常雑記」カテゴリの最新記事