しげじいの雑記帳

あんなことこんなことを、思いつくままに、、、、

春の香り

2017-02-24 | 日常雑記

   

  くどいようだが昨日の19度の気温が今日は11度だそうだ、エスカレーターでなくてエレベーターだ、これが老人の身体にはまことに良くない。風邪でも引いたら大変なことになりかねない。

 家内が昨日の昼ごはんに作ってくれた「菜花の胡麻和え」。ちょと苦みがあるけどこの苦みがいい、そうですこの苦みとうすみどりが春ですね、季節の色と香りです。

 「菜の花や 月は東に 陽は西に ・蕪村」の句は有名ですが、春3月のころの情景だそうです。菜の花と言えば福岡県久留米市の某ホテルに関係していたころ、春に訪れると大河筑後川の堤防と河川敷に菜の花が一斉に咲いて綺麗だった。それは見事だったから遠くから見物に来た人が多かった、今頃は同じように咲いていることだろう。

 当時社食の賄いのおばさんが筑後川の河川敷で菜の花を摘み取ってきて、浅漬けや胡麻和えを作ってくれた、あの味がいまでも忘れられない。「菜の花」ときくと筑後川のあの景色といつも美味しい料理を作ってくれた後藤おばさんの顔を思い出す。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月23日 | トップ | しごと »

コメントを投稿

日常雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。