しげじいの雑記帳

あんなことこんなことを、思いつくままに、、、、

雑談

2017-05-20 | 日常雑記

 支持率が急激に下がってしまった「アメトラさん」の過去の行動に対する、かの国の司法の動きに「筋を通すアメリカ人」というか「アメリカの知性」を感じて興味深く推移を見ている。

 メモを見ていたら、出典不明の「言葉」だが「天下食多き時は悪逆おこらず、食乏しき時は悪逆起こる。国家を治めんとするものは、まず食を専らにして、後に令を出して正すべし」があった。これだこれだ、、

 昔から庶民は国のトップがどんな人でもあまり気にしない、庶民にとっての良い政治とは「腹一杯食わせてくれる政治」なんだ。支持率の上り下りも「われ関せず」だ、そういうと怒られそうだが庶民は腹一杯食って飲めればそれでいい。だから腹黒い政治屋はまず腹一杯食わせておいて自分に都合の良い法令を作り続ける。

 今のこの国がそうだとは言いたくないが、なんだかこの言葉が正しい?、そんな気がしないでもない。アメトラさんもこの国を見習った方が良いと思う、職と食を充足させることがまず先決、さもないとせっかくの支持者を失うことになる。

 270年続いた「徳川政権」、その基礎を作った徳川家康は偉かったと思う。独裁政権だったかもしれないけど、制度設計がしっかりしていて腹一杯では無かったかもしれないが、庶民に飯を食わせてきた、政権が可笑しくなったのは「外圧と飢饉」が重なったのが原因だったのではないか、きっとそうだ。

 「鎖国」によって「外圧」は無い、戦争も内戦が時々起こっただけ、270年の「平和」がこの国中各所に独特の伝統文化が栄え、それを支えるその道の「職人」が生まれて今に続いている。飽食の時代になってその職人を継ぐ人が居なくなった伝統文化がある、悲しいことだがそれが時代の変化なのかもしれない。「争い」がなくて身が安全だったから、平和だっだから日本独自の文化が生まれ栄えたのだと私は思っている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の香り | トップ | 普通 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。