ペーパー・写・楽

ペーパークラフト、京都の写真、カブ、自転車、軽自動車で楽しんでいます。

フリーのペーパークラフト_PapershipwrightのQueen of the Islesを作ってみる(その6)

2017-07-17 15:53:40 | ペーパークラフトでぼちぼち
 小さなモデルなのに部品が細かく加工に難儀して、手間取ったことしきり。
何とか完成近くまで作ってみようと作業を再開。




救命ボートの設置。




メインマストあたりの工作。


フロントマストと荷物用クレーンアームの設置。

あと細かな箇所を追加して一応このあたりで留めておいた。
キャビン上部の手摺は、時間があれば取り組む予定。











100円ケースにはマストが干渉して収まらなかった。
ケースの底をひっくり返して何とか収めることにした。

今までの製作過程はこちら
ジャンル:
模型
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルトワークス5AGSで名水百... | トップ | HEF-110Rという日立の扇風機... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カードモテル好きです (Ab)
2017-07-18 12:33:23
いつもの丁寧で綺麗な作りで見て楽しいです。
商用モデルと同等ですから手間はかかりますがそこがまた楽しいところですね。
ところでウォーターラインは水面も表現するとぐっと実感が増しますよね。今回のような場合もかなり見栄えするのではと思います。
昔は色セロファンにしわをつけたりカラーホイル紙を使ったりしましたが今はネットで水面のテクスチャーが手に入るのですから良い時代になったものです。
カードモテル好きです (しげじ)
2017-07-18 21:02:50
Abさん こんばんは
海外のカードモデルは工作の難易度が高く、作れるものなら作ってみろと言われているようです。
それだけにパズルを解くような楽しさもあります。
ウォーターラインの水面は、いつも気になっているので今度良いテクスチャーを見つけて挑戦してみます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL