ペーパー・写・楽

「旧しげじのお遊び」。ペーパークラフト、京都の写真、カブ、自転車、軽自動車で楽しんでいます。

windows10で特殊な漢字の人名に悩む

2016-10-15 13:19:41 | パソコンでぼちぼち
 今、いろいろな方の人名入力に悩んでいる。
吉という文字の上が土になっている方、角の真ん中の棒が突き抜けた方。
西の文字の中に入っているやつがまっすぐな棒2本になっている方がいる。
また、脇の力3つが刀になっている方もいる。

調べてみるとマイクロソフトではJIS90互換フォントの提供はWindows 7で最後にしたみたい。
JIS90互換フォントで上記のややこしい文字が出たのかは疑問だけど、提供が無くなったのは寂しい。

ネットで調べてみた。
IPA 独立行政法人情報処理推進機構というところで、特殊な文字フォントを無償で提供されているのが見つかった。

インストールしてから、最初にMS-IMEの設定を変更した。

「あ」とか「A」と表示されているところを右クリックしてプロパティを出す。
「詳細設定」をクリック


詳細設定の一番下にあるフォントの固定の「候補一覧のフォントを固定する」のチェックを外す。

さらに中央右にある「詳細設定」のボタンをクリック。


変換画面で「変換文字制限をしない(N)」に●を付ける。
これで下準備完了。

ダウンロードしたIPAを使ってみると、以下の文字が表示できるようになった。
プリンター出力もそのまま行えた。

ほほう変な「吉」も出ましたよ。
土に点がついたやつも出た。
脇の刀とかも使える。
ほぼ満足な結果でございます。

次に「角」の変なやつをネットで調べると、simsunというフォントを使えば出ることがわかった。


さらに「西」ついても探ってみた。
http://note100yen.com/en-131008.htmlのサイトに「1文字フォントをインストールしてMicrosoft Wordで異体字の【西】を表示させる際の手順」
というのが書かれていた。
いやまあ、こういった方の情報提供には感謝いたしまする。

手順に従ってインストール。
変換手順が面白い。

「げた」と入力して下駄の刃の模様を出す。


下駄を選択してフォントを「koseki-395030」にする。


ほほう、見事に変な西がでましたよ。

人名を見ていると面白い。
たぶん戸籍の登録時に明治のおじいちゃんが誤って書いたものが登録されてしまったんだろうと思う。
変体仮名(へんたいがな)を使われたお名前には平服するしかない。
どうしょうもないのである。
『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都市役所広場のジャイアン... | トップ | 高校時代の同窓会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。