近代文明の弊[自分を見つめ]

無知で幸せな私が考える世の中

日本国民は民主主義のために何をしたか?

2017-08-03 22:10:39 | 日記
日本国憲法は押し付けられたものだし、個々人が関知しない間に制定された。
天地開闢(かいびゃく)以来、日本国民は統治されることに慣れ過ぎている。自分らで新しい仕組みを作ったことがない。欧米国民は自分たちで勝ち取った自負がある。

民衆は領主のいうがまま、将軍のいうがまま、天皇のいうがままでずっと過ごしてきた。
明治になり平民出身の優秀な人材が頭角を現し、政権に参加するようになった。しかし、彼らは民衆から選ばれたわけではない。民衆は動いていない。
明治政府ができ日本帝国憲法ができたが、民衆が作ったわけではない。

敗戦後、憲法の素案が練られたが、その参加者には日本国民が選んだ人たちは一切いない。
日本は民主主義国家といわれているが、本当に民主主義なんだろうか? 
確かに仕組みはある。代表者である議員を選出することが民主主義だ。
だけど立候補者の素性が良くわからないで選ぶ。選ぶための情報が希薄だ。投票率が20%~60%で選ばれたと胸を張っているのが滑稽だ。他の人は認めていないのですよ。
国民に選ばれた国会議員だというが、利害を共有する一部の地元の組織が代弁する人を選ぶ、こんなので国全体を考えられるのだろうか。そんな議員が大臣になる。大臣の職務は誰でもできるのか? 司法試験は別にして、常識テストもなしに。大勢の大臣がいたが彼らは適任だったのでしょうか。検証してほしい。学校では通信簿で成績が通知される。辞めたら不問はないでしょう。

国の憲法を教えない教育をする国は、民主主義の国と名乗ってよいのだろうか。国民のアイデンティティ(主体性)を教育しないなんて信じられない。個人を育てず、団体の融和を教育する。憲法の良し悪しを議論し、小学生・中学生のころから個性を認め、そして友達との融和を探るのが良い教育と思う。個人があって国家がある、のが民主主義の考え方ではないのでしょうか。文科省の教育指針は個性をつぶしている。細かいところまで国が決めなくてよい。学校では多様なる主義主張を教えない。

論語の言葉「民は之に由らしむべし、之を知らしむべからず」は権力者側の言で、民衆を馬鹿にした言葉だ。
政府が悪い、マスコミが悪い、自分は悪くないと思う人頼みの日本国民はどんな民主主義を求めているのだろうか? 自分の暮らしされ良ければ、経済さえ良くなれば他はお任せ。それは民主主義じゃないと思う。
日本国は政府のものではなく、私たちのものだと自覚しよう。

蛇足:
情報を開示しない国政や地方の行政は民衆の味方なんだろうか。過去を反省するためには当時の情報が是非とも必要だ。反省なくして進歩はない。過去を検証できない国が、世界にどうやって存在を主張するんだよ。世界に目を向かせるためには武力かよ(北朝鮮)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書かれた文章は材料です2 | トップ | JACK包囲網 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。