近代文明の弊[自分を見つめ]

無知で幸せな私が考える世の中

今日は憲法記念日

2017-05-03 23:18:38 | 日記
憲法とは日本大百科全書(ニッポニカ)によると
------------------------------------------
一般には立憲的意味の近代憲法をさすが、そのほかにもさまざまな意味に用いられる。
 まず国家の統治体制の基礎を定める法の全体、すなわち根本法(基礎法)をさす場合に用いられる。いかなる原始国家であっても、権力秩序のあるところには、治める者と治められる者との関係、支配の範囲、統治の仕方などについて、一定の取決めが存在するからであって、これを「固有の意味の憲法」という。...中略。
 これに対し、近世になって、政治上の自由主義的要求に基づき、さまざまな専制主義、とくに君主の専制権力に対抗して、それに制約を加えるための、一定の政治原理を含む基礎法が確立されると、これを憲法とよぶようになった。...中略。
 日本の憲法という場合に、それが固有の意味の憲法をさしているならば、建国とともに始まるいくつかの統治体制の組織法を意味するが、立憲的意味の憲法をさしているならば、それは大日本帝国憲法(明治憲法)によって初めて成立したということになる。...中略。
 憲法という語は聖徳太子の十七条憲法に初めてみいだされるが、これは現在いうところの憲法とは異なり、官民に対する教訓的性格が強い。...後略。
------------------------------------------
日本国憲法について考える。この憲法は立憲的憲法なのか、否か? 立憲的であるなら国政(行政府、司法、立法)を制限するものであるべきだ。国政(専制権力)に対してどんな制限を課すのかをしっかり決めないと、逆に国民である我々が制限されます。
国は国政と国民と領土で成り立っている。
国政は国を治めるために法律を作る。そして国民は法律に縛られるし、守られる。逆に国政を縛るのは憲法だと思う。恐れるものがなければ暴走する。政権が変わる度にブレる。歪曲した解釈を振りかざして憲法に背く法律を作成する。あってはならないことだと思う。勝手にルールを変えれば試合は成り立たないはずだが、レフリーである立法府は国政の仲間だから制止しない。

日本国憲法の最大の欠点は罰則がないことだ。犯しても誰も罰せられない。罰則がない規則は破られるためにある。

憲法問題というとすぐに、自衛隊と第9条の矛盾を取り上げる。自衛隊は貢献している。特に災害時には大きな力を発揮している。国民みんなが認める事実だ。自衛隊が貢献している多くは武力を伴わない活動だ。今まで武力行使が国民の生活に貢献した事実はない。今の自衛隊は人を殺す団体ではなく、助ける団体だ。だとすると第9条に違反するどころか国政に無くてはならないものだ。
しかし、自衛隊は武器を保有する。「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と憲法に明記してある。武器を持った集団(自衛隊)はどう考えても違憲でしょう。言葉遊びは政治の常、ミサイルを持つ巡洋艦を護衛艦と呼ぶ。

憲法に対するアンケート結果が発表されているが、対象の人はどれだけ憲法の条文を読み、理解しているかの設問がない。前提は100%理解しているとしているのかなぁ。アンケートは画一的な設問で、回答は数種類の中から選択する方式だろう。内容を何も理解しないでも回答ができる。これで国民の意識度が集計できるのだろうか?

小学校で英語や道徳を必修にする動きがある。それより先に「日本国憲法」を必修にする必要があるのではないでしょうか。戦前は「教育勅語」が必須であったと聞く。日本国憲法は国民だれもが理解していないといけないことではないでしょうか。国民のアイデンティティ(=主体性、自己同一性、独自性)を育成するために必要不可欠なものではないのでしょうか。「日本国憲法」があって現状があることを小学生に説明しましょうよ。そして小学生に理解してもらいましょうよ。押しつけや暗唱ではなく。

憲法に照らし合わせて小学生に説明できないルールは間違っていると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人口減少より人口バランスの... | トップ | 学習することとは »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。