Kさんのティータイム

ケーキ作りやバラ造り、庭の様子や、街歩きなどを気儘に綴った日記です

園児のお散歩

2017年04月25日 | 日記・エッセイ・コラム
 穏やかな天気に誘われ、近くの保育園園児が畑の横道を散歩していました。この後、空地でタンポポ
を摘んだり、四葉のクローバーを探したりと遊んでいました。この道(農道)は良く散歩で通る道なの
ですが、今回は逆回りでした。秋になると、畑の周りに咲くコスモスをバックに記念撮影もするのですよ。
ご近所には小さい子供がいませんので、園児達の元気な声が新鮮です。元気をもらえますね。




 キノコに詳しい友達から教えてもらいました。春に採れるキノコ「アミガサタケ」と言うそうです。
日本ではあまり食べる習慣はないけれど、ヨーロッパなどではモリーユと呼ばれ、人気の食用キノコ
だそうです。キノコというのはだいたい発生する場所が決まっており、たとえばマツタケだったら
アカマツの根元近くだったり、ホウキタケ(こちらではネズミノテ)だったら樅ノ木の林だったりと、
その特徴を知ることがキノコ採りの第一歩となるのですが、「アミガサタケ」には特にこだわりがなく、
草地、道端、雑木林、公園など、気が向けばどこにでも生えてくるそうです。見つけたのは1本だけ、
食べるにはチョット勇気がいります。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イチゴの囲い | トップ | 初節句 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。