行ってみたいところリスト

2010-07-18 | Weblog

夢は書くことで7割叶うと思っています。

なので、
私の手帳には、野望がビッシリ書かれています(笑)。

その中のひとつに“行ってみたいところ”というリストがあります。

要は、個人的に行ってみたいところをリストアップしているのです。
期限は3年以内。

ブログでひと目にさらされた方が、願いが叶う確率も、
叶う期間も短くなるような気がするので、一部ですがご紹介します。
なので、今日は気軽に読み飛ばして下さい(笑)。
因みに、順番は関係ありませんので。

■(若手)異業種交流会
 →たまに誘われたりするのですが、なんか胡散臭そうで躊躇している場所です。
  食べず嫌いはダメなので、
  より自分を高められる出会いがあるかもわからないので、
  取り合えず一度行ってみて、嫌な思いをすれば二度と行かないようにします。

■東京ディズニーランド(千葉県)http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/
 →これは家族とです。
  やはり、日本一のサービスを体験してくる必要があるでしょう。
  あと、親としての使命としても。

■インド http://www.arukikata.co.jp/country/asia/IN_general_1.html
 →行ったことのある人たちから「人生観が変わる!」と散々聞かされ、
  3年以内に行ってみたい唯一の海外です。
  「0」を発見した国ですし、興味があります。
  家族からは「お腹を壊す」と反対されているので、行くとしたら1人かも。

■鹿屋航空基地資料館(鹿児島県)http://www.mod.go.jp/msdf/kanoya/sryou/msdf-ks/
 →できれば、早いうちに行きたい場所です。
  鹿屋基地は、戦時中、日本海軍の特攻基地になった場所。
  昨年、陸軍の特攻基地だった知覧に行きましたが、
   → http://blog.goo.ne.jp/shige2319/e/8bd0d0fa41b16ec15f5db303c2946268
  恐らく、30年以上生きてきて、一番私に影響を与えた場所でした。
  これも、行くとしたら1人かも(哀)。

■軍艦島(長崎県)http://www.gunkanjima-wh.com/
 →端島(はしま)。通称、軍艦島という無人島です。
  海底炭鉱によって栄え、かつては東京以上の人口密度を有していた島です。
  時間が止まったとようなノスタルジーな感覚を味わいたいです。
  写真だけ見てもゾクゾクします。

■鉄道博物館(埼玉県)http://www.gunkanjima-wh.com/
 →大宮にあるので、いつも横を新幹線で通過しているので、
  行こうと思えばすぐに行ける場所ですが、これは家族で行きたいです。
  鉄道好きとしては、抑えておかなければならない場所です。

■鈴虫寺(京都府)http://www.suzutera.or.jp/
 →恐らく日本一リピート率の高いお寺です。
  しかも、若い女性のリピート率が高くて有名なお寺です。
  必ずビジネスのヒントがあると思い、唯一、神社仏閣で行ってみたい場所です。

■埼玉スタジアム2002(埼玉県)http://www.stadium2002.com/
 →日本最大・アジア最大級のサッカー専用スタジアムです。
  熱狂的な応援で知られる『浦和レッズ』の本場の本物の試合を、
  一緒になって味わいたいです。
  
■カーリングの試合(青森県??)http://blog.goo.ne.jp/marimotohashi/
 →私の個人的な趣味です…個人的に会いたい人がいるだけです(笑)。
   → http://blog.goo.ne.jp/shige2319/e/36ba0032c5270c00e7e89b6999453860  

個人的な趣味続きで、映画館。
これは日時も決まっていて、12月1日です。
そうです。実写版『宇宙戦艦ヤマト』を見るためです(笑)。
 → http://yamato-movie.net/

このように皆さんも、
“行ってみたいところリスト”や“やってみたことリスト”を、
紙に書き出してみては如何でしょうか?

願いが叶うポイントは、できるだけ日時や内容を具体的に書くことです。  


無料WEB経営相談する>>

コンサルタントブログランキング参加中!目指せベスト10!
↓↓下記バナーをクリックしていただけるとブログランキングに投票されます!↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
携帯電話からご覧の方はコチラから投票できます→コンサルタントブログランキング

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社長!着信音を『木村カエラ... | トップ | 続・販促のデジタル化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。