endoshoukai BLOG

エンドウ商会な日々。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サマーキャンペーン開催中!

2016-06-05 12:13:13 | イベント
【サマーキャンペーン開催中!】
6/18(土)~7/2(土)サマーキャンペーン開催いたします!

店内商品特価品多数あり!

店内商品現金購入時ポイント10倍!
カードでご購入の方はポイント5倍!

ウェア上下セットでご購入の方15%OFF!

店内商品フレームセット購入の方、載せ替え工賃サービス+バーテープサービス!



さらに無金利ローンキャンペーンも開催中!

※分割払い手数料はエンドウ商会が負担します!

期間中、金利が無料のローンを組むことができます!

※以下の条件が付帯しますのでご注意ください。

10万以上~25万円未満の場合12回以内

25万円以上の場合24回以内

※他のキャンペーンとの併用がきない商品がありますのでご注意ください。


皆様のご来店お待ちしております!
※一部ポイント10倍対象外がございます。

この記事をはてなブックマークに追加

電動アシストロードバイクで楽しく一人真鶴半島一回り

2015-12-11 15:58:54 | NEWS

エンドウ商会会長遠藤繁仁(64歳)です。宜しくお願い致します。
 シニア待望の電動アシストロードバイク (YPJ-R)で小田原~真鶴半島 約40キロ走行です。
パワーユニットとバッテリーがあるため当然バイク重量は重くなりますが、発進時の軽やかさと急坂での走りにいたっては、全くバイク重量は、気になりません。
 緩やかな上りを変速ギヤを上手につかいながらの走行速度15km/h程度で上れば、アシストを体感しながら軽い走行が楽しめると思います。おかげでマンパワーを消耗することなく、根府川駅から、旧道の頂上まで軽く登り切りました。
 また、下り走行の安定感は抜群です。おそらく重心がセンターにあるからでしょう。コーナリングも十分堪能できました。
 ただ、難しさもあります。バッテリーが小さいので、最初から最後までアシストは使えません。アシストの能力を最大限使い切るには、慣れが必要かもしれません。今回は走行速度とケイデンスを一定に保つために、ギヤ変速と手元スイッチでパワーを切り替えながらゆっくり走ってみました。
 電動アシストロードバイクの出現で、一人サイクリングでの楽しみ方が一つ増えた気がします。それは、いかに、バッテリーを上手に使用しサイクリングをするかということです。また、長持ちさせるかです。
 純正のサイコンには、バッテリー残量、残走行距離、消費カロリー、パワー、ケイデンス等が表示されます。このサイコンとのお付き合いで、今まで以上にスリリングなサイクリングを楽しむことができたと思います。
 
 試乗はいつでも可能です。試乗されたい方は、事前にご連絡いただけたらと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

ウィンターセールが始まりますよ~

2014-12-05 13:00:34 | イベント案内


明日12月6日から12月23日までウィンターセールですよ!ウィンターセール!

店内のこんな商品や!

こんな商品も!



すべてポイント10倍!
※SELE品除く
※現金でのお支払いのみポイント加算
さらに!
・2014モデルバイク 最大35%OFF!
・店内ホイール・アパレル 20%OFF!

商品によっては最大50%OFF!

皆様の来店、お待ちしております~





ツイッター、フェイスブックページは毎日更新中で~す
ツイッター:https://twitter.com/endoshokai
フェイスブックページはエンドウ商会で検索!
HPのトップからも飛べますよ~
エンドウ商会HP:http://www.endoshoukai.jp/

この記事をはてなブックマークに追加

清水町ゆうすいクリテリウムに行ってきました

2014-11-14 16:05:15 | イベント
11月2日はお店をお休みさせていただき、山向こうの静岡清水町のレースへ行ってきました。

お客様6名とスタッフカズマが各カテゴリーのレースに参加いたしました。
結果としてはビギナークラスにて1名のお客様が入賞!
その他、全員無事に完走いたしました。












皆様お疲れ様でした~
たまには本気のレースもいいですよ~

次は12月23日の湘南ベルマーレシクロクロスです!

この記事をはてなブックマークに追加

YAMADA'S BIKE CHECK

2014-11-14 16:03:00 | BIKE CHECK


SPEC

FRAME :Look 695 AeroLightリミテッド PRO TEAM
COMPO : SHIMANO 9070
CRANK : Look ZED2 50×34T
WHEEL : MAVIC CosmicCarbone40C

BAR : 3T ERGONOVA Team
STEM : Look
SADDLE : SELLE SMP
TIRE : MAVIC
PEDAL :TIME
COMPUTER :GARMIN

この記事をはてなブックマークに追加

富士山一周

2014-11-01 18:34:21 | イベント

大変遅くなりましたが、先日の10月12日(日)に今年も富士山一周イベントを開催しました!
(ルートラボはこちらです→http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=7876ea937da42bde6b0a605a96cb0055)
写真のアップが大変遅くなり、申し訳ございません!


今年は
・エンドウ商会(http://www.endoshoukai.jp/)
・サイクルショップエンドウ(http://cycleshopendo.com/)
・CYCLESHOP ROUTE610(http://www.route610.com/)
の3店合同でおこないました。


当日は心配された台風も避けていき、走りやすい気候の中115kmのツーリングでした。

長距離未経験の新人スタッフ田辺も頑張りました。




当日の様子は当店のフェイスブックページ(https://www.facebook.com/media/set/?set=a.333229446853718.1073741831.213490658827598&type=3)にてご覧いただけます!
※フェイスブックページはフェイスブックをやっていない方でも、ご覧いただくことができます。

皆様、今年もご参加いただきありがとうございました!
是非、来年もよろしくお願い致します。

この記事をはてなブックマークに追加

ブリヂストンアンカー展示会

2014-09-26 11:03:57 | BIKE
というわけで、今ごろなタイミングで先日のアンカー新製品発表会のネタです。

2015年のアンカー1番の注目は当然TTバイクRT9の登場でしょう!(※TT=タイムトライアル)


TTバイクそのものの開発は2011年ごろから行われていたようで、2012年には西園良太選手(当時アンカー所属)が全日本選手権と実業団TTで優勝しています。


その当時は形が全く違いますが、いよいよ来春販売開始となります。


(※塗装していない状態です)
設計としてはロードのRL8やRIS9のように上部のトップチューブからシートステー部分をしなやかにし、ダウンチューブからチェーンステーは硬くするようになっています。

また空力などを考え、コンポーネントはシマノDi2を基本に設計されています。
バッテリーはBB後方から差し込む方式で、その周辺にジャンクションやエレクトリックケーブルを通します。

(※クリアのカットモデル)
価格は39万円(税抜)でカラーオーダーには現在のところ非対応です。
またこのRT9は適応身長が156cm~となっており、今まで海外メーカーのフレームではしっかりとポジションが出せなかった小柄な方にも大丈夫です!
(正直な話、156cmな私カズマも欲しい一台です・・・)

そしてそれ以外にも最近ブームになりつつある、シクロクロスも新しくなりディスクブレーキ対応となりました。

海外のシクロクロスではディスクブレーキの使用が徐々にですが増えており、世界で戦うアンカーもその流れに対応してきたカタチになります。
またフレームサイズも昨年までは大きめのサイズが中心でしたが、今年のモデルからは490cmも登場しより選びやすくなりました。
従来のカンチブレーキモデルは2015年よりフレーム販売として継続いたします。


ブリヂストン伝統のクロモリフレーム・ネオコットも今年は新しくなりました。
といってもロードは従来のまま、変わったのはMTBです。

ここ数年のホイール大口径化に合わせ、2015年よりネオコットはトレイルライドをメインにした650B&120mmストロークになりました。
その結果として従来のネオコットフレームからダウンチューブのヘッド側を改良しました。


日本のトレイルにはクロモリがよく似合いますよね。

その他のロードフレームなどは基本的に継続となります。
ですが限定カラーが登場です。

限定ですのでご注文はお早目に・・・

展示会シーズンはまだまだ続きます。

スタッフ・カズマ



この記事をはてなブックマークに追加

MUROZUMI'S BIKE CHECK

2014-09-15 15:30:02 | BIKE CHECK


SPEC

FRAME :CANNODALE SuperSixEVO Hi-mod 52cm
COMPO : SHIMANO 6800 ULTEGRA Di2
CRANK : SHIMANO 6800 ULTEGRA 50×34T 175mm
BB : Praxisworks
WHEEL : MAVIC Cosmic Carbone SLS

BAR : Deda ZERO100 420mm
STEM : Deda
SEATPOST : Deda
TIRE : MAVIC
PEDAL :TIME
COMPUTER :GARMIN

この記事をはてなブックマークに追加

スペシャライズド展示会!(MTB&エキップメント編)

2014-07-18 19:08:17 | イベント
(前編のロード編はこちらです)
さて今回はMTB&エキップメント編です。

MTBは今年は650Bがトピックスです。
海外で流行っているエンデューロ(日本の耐久レースとは違います)では650Bが主流になってます。
その流れでDHも650Bが来てます!

今年のDEMOシリーズは650Bになります!
当然、流行の発信源なエンデューロも650Bです。

林道を走って登って、トレイルを下る日本のトレイルライドにもエンデューロ系のバイクは最適ですね。

それ以外にもファットバイクが今年は熱いです。

分かります?タイヤのボリュームがすごいです。

砂浜でも雪道でもこの極太タイヤだったら突き進めます。
年に一度あるような雪が積もる日でも、これなら安心して通勤できますよ(笑)

さて650Bばかりかと思われがちですが、クロスカントリー系は従来通り29インチになります。
こちらは言わずと知れたスペシャライズドの名作シリーズ・スタンプジャンパーHT!

クロスカントリー系フルサスのエキップなども従来通りの29インチです。

個人的に気になっているのはこのSX

本来は4Xなどで使用するフレームですが、富士見パノラマCコースや里山は楽しいバイクなんじゃないかと思ってます。

それ以外では写真はありませんが、10万円以下のグレードは650Bとなります。
こちらはカタログにて

さてエキップメント、つまり用品ですね。
2015年はシューズが変わります。
といってもS-ワークスは従来通りです。
変わるのはその下に当たるエキスパート、スポーツのグレードです。
今回はエキスパートをピックアップしてきました。

アッパーが今までよりも柔らかくなり、デザインも変わりました。
BOAダイアルも写真では従来と同じですが、実際の製品はS-ワークスと同じシステムになります。
それによってより細かいフィット感の調整が可能です!
そして人気のトライアスロンで使うトライアスロン用シューズ トライヴェントもありました。

実際に履いて自転車に乗ってみましたが、非常に履き心地も良くBOAダイヤルによる踵の締め付けもしっかりしていて良かったです。

そして冬用シューズが追加になります。

厳冬期用のロードシューズです。
これさえあれば真冬の自転車通勤も大丈夫ですね。

ヘルメットはカラーの追加です。
今年大人気で欠品が続いたエアロヘルメット イヴェードにも新色の緑と赤/白/黒が追加です。

この赤/白/黒はカッコイイですね~
このプリヴェイルはティンコフ・サクソバンクカラーです。

ウチの新しいジャージにも合いそうな感じです。

ウェアも夏用のデザインを冬用にした物が追加です。

アメリカーンな配色がGOOD!

個人的に気になったものが中心となりましたが、今年もスペシャライズドの製品は良い製品が一杯でした。
ここには書ききれないことも沢山ありますので、実際にお店に聞きにきてくださいね。

スタッフ・カズマ

この記事をはてなブックマークに追加

スペシャライズド展示会!(ロード編)

2014-07-17 20:07:30 | イベント
先日の7/15(火)はお店を臨時休業させていただき、厚木でおこなわれたスペシャライズドの2015年モデル展示会に行ってまいりました!


午前中はプレゼンテーションでしたのでここでは割愛いたします。
午後からは新製品の展示と試乗でしたので商品の写真撮影と新しくなったターマックとルーベSL4の試乗をおこなってきました
Newターマック

新しくなったターマック、まだまだそんなに乗られてる方は多くないのでは?
今回は私、カズマ(身長156cm)が乗れる49サイズのインプレです。
10kmほど試乗した感想としましては、SL4に比べてかなりしなやかになったな~という印象です。
なんというかルーベSL4の感覚に似ています。
非常に軽やかで気づいたらスピードが乗ってます。
コースは適度なアップダウン、荒れたアスファルトなどでした。
一か所、時間にして1分程度の登りがありますがターマックで下から上まで上るのに軽いダンシングでグングン加速して登れました。
イメージはツールでアタックするコンタドール(笑)
加速が気持ち良くて、かつ荒れた路面でもバイクが跳ねにくくしっかりコントロールできる印象でした。

ルーベSL4

こちらはモデルチェンジではなく継続となるルーベSL4。
今年のパリ-ルーベでも大活躍でしたね。
ハンドルポジションが違ったのでシッティングメインの試乗となりましたが、こちらも非常に軽やかでした。
ヒルクライムレースのようなシッティングで回していく走り方には非常に合っている感じです。
当然、パリ-ルーベのような平坦でシッティングメインで巡航するには最適です。
それでいて、最後のゴールスプリントにも対応できるBB周りの剛性がありますから通常はサイクリングメインで時々レースのようなホビーレーサーには凄く良いですね。

今年はターマック以外はカラーチェンジがメインとなります。
VENGEはフレーム販売にクイックステップカラーが追加です。

今年のワールドツアーではツアー・オブ・オマーンやパリ-ルーベで大活躍

最近ではツールでトニ・マルティンが150km逃げ切りのステージ優勝など、クイックステップの主力バイクです。
完成車のVENGE PROも多色展開です


女性モデルのアミラもレディースチームのルルモンドのカラーが追加となります


アルミモデルのアレーも新色が追加になり、お求めやすい8万円台からご用意しております

アレースポーツについては既にお店に入荷してますので、観に来てくださいね。

最近人気のトライアスロン
そちらのバイクは当然SHIV!

思い切りトライスロン、それも距離の長いアイアンマンロングディスタンスに絞った仕様になってます。
こちらはフレーム内部に補給の水を入れられる設計です。
距離の短いオリンピックディスタンスなどはVENGEで行けます!

次回はMTB&エキップメント編!




この記事をはてなブックマークに追加