故郷≪新潟≫の日々

満65歳で中国・黒龍江大学を定年退職した後、生まれ故郷の新潟に戻り、日々の生活を写真とともに日記風に綴っていくもの。

No.1.151 「写真展」のお話。

2017年02月24日 | 日記

私が定期的に顔を出している新潟市中央区西堀の「NEXT21ビル」6階にある“ミニギャラリー”で、この日≪由≫という団体が主催した「写真展」が開催されていた。


会場では特に説明文などはなかったが、“冬”が題材の「写真展」のようで、雪に埋もれた自転車、冬の佐渡、滝に打たれた寒行、雪の積もった橋や古木、夜のイルミネーションなど、寒さが伝わってくる作品が展示されていた。


また、スキー場の花火や佐渡に沈む夕日など、明るい色調の写真も展示されていた。私はアマチュアカメラマンの力作を一枚ずつ、ジックリと目で楽しませてもらった。


 



ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.1.150 「3度目の冬期練習... | トップ | No.1.152 「送別会」のお話。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL