故郷≪新潟≫の日々

満65歳で中国・黒龍江大学を定年退職した後、生まれ故郷の新潟に戻り、日々の生活を写真とともに日記風に綴っていくもの。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

No.1.219 「アン・ヨンハ選手」のお話。

2017年05月03日 | 日記

「アン・ヨンハ(安英学)選手」の引退セレモニーが「柏レイソル」戦の前に行われた。私が熱心に応援を送り続ける「アルビレックス新潟」のJ1リーグ昇格時に活躍した選手で、私もアン選手のファンの1人であった。


アン選手は「柏レイソル」にも所属していたため、挨拶を終え場内を一周する時には、最初に「柏レイソル」黄色のユニフォームに着替えてサポーターの前に姿を現した。

 

「柏レイソル」のサポーターから割れるような拍手と慰労の大歓声がアン選手にかけられると、思わず感極まったアン選手は涙した。その後「アルビレックス新潟」のサポーターの前ではオレンジ色のユニフォームに着替えた。


両手をあげ、何度も何度もお辞儀をして大歓声に応えた。アン選手の誠実な性格が表れた瞬間でもあった。アン選手、15年間、たいへんお疲れ様でした。多くの感動に感謝したい。!!


場内を一周するアン選手。

新潟のサポーターの前ではオレンジ色のユニフォームに着替えた。



ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.1.218 「遠い白星」のお話。 | トップ | No.1.220 「油条」のお話。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事