故郷≪新潟≫の日々

満65歳で中国・黒龍江大学を定年退職した後、生まれ故郷の新潟に戻り、日々の生活を写真とともに日記風に綴っていくもの。

No.1.291 「梅の実」のお話。

2017年07月13日 | 日記

私のブログの今年の2月13日付けNo.1.140号で白山公園の白やピンク色の花を咲かせた「梅の花」の話を掲載した。この場所には新潟市制施行100周年を記念して植えられた40本の「梅」の木が植えられている。


2月、寒風の時期に咲いていた白・淡紅・紅色などの可憐な「梅の花」を鑑賞してきた。この日は梅の枝の上部に、緑から黄色に成熟しかかった多くの“梅の実がなっていた。


中には大きな実を付けた梅の木もあり、梅干しにすると美味しいそうな“梅の実”が見られた。この時期は蓮池の“蓮の花”が見頃となり、白山神社の境内では“風鈴まつり”が開催されている。


観光客はそちらの方に流れていたため、私は閑散とした梅林の中をゆっくりと散策することにした。


私のブログの今年2月13日付けNo.1140号で掲載の「梅の花」。

 



ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.1.290 「白山公園の石灯籠... | トップ | No.1.292 「中国民芸品展」の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL