故郷≪新潟≫の日々

満65歳で中国・黒龍江大学を定年退職した後、生まれ故郷の新潟に戻り、日々の生活を写真とともに日記風に綴っていくもの。

No.1.266 「旧第四銀行住吉町支店」のお話。

2017年06月18日 | 日記

先日、自転車に乗り「みなとぴあ」と呼ばれるエリアに行ってきた。ここには「新潟市歴史博物館」や国指定の重要文化財である「旧新潟税関庁舎」という観光スポットがある。


信濃川河畔の“やすらぎ堤”に隣接しており、異国情緒の雰囲気を味わうことができる。またここには登録有形文化財の「旧第四銀行住吉町支店」の建物もある。


新潟市内の住吉町からこの柳島町に移築復元されたもので、外壁には花崗岩が張ってあり、見応えのある重厚な建築物となっている。この建物の周辺には「ピンク」「赤」「黄色」などの美しい“バラ”の花が丁度、見頃を迎えていた。


また、この周辺の落ち着いた風景を写生している数人の女性の姿も見られ、そこにはユッタリとした時間が流れていた。


登録有形文化財の「旧第四銀行住吉町支店」

「ピンク」「赤」「黄色」などの美しい“バラ”の花

「新潟市歴史博物館」

落ち着いた風景を写生している数人の女性

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.1.265 「家庭菜園」のお話。 | トップ | No.1.267 「敗退」のお話。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL