故郷≪新潟≫の日々

満65歳で中国・黒龍江大学を定年退職した後、生まれ故郷の新潟に戻り、日々の生活を写真とともに日記風に綴っていくもの。

No.1.289 「蓮の花」のお話。

2017年07月11日 | 日記

先日、久しぶりに白山公園にある「蓮池」に行ってきた。予想したとおり「蓮池」では高さが1mを超える緑色の蓮の葉の間から、ピンク色の花の“つぼみ”が出始めていた。


大きな薄いピンク色の花びらを風になびかせながら、満開となった蓮も見られた。これから10日ほど経てば、満開になる多くの蓮の花を鑑賞できそうである。


「蓮池」の縁まで辿り着き、満開に咲いた美しい花にカメラを向け、シャッターを押した。よく観察すると、花の中心部は綺麗な黄色となっていた。


白山公園では“蓮まつり”の旗が立てられており、これから蓮の花を楽しむ人々で賑わいそうである。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« No.1.288 「風鈴まつり」のお... | トップ | No.1.290 「白山公園の石灯籠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL