故郷≪新潟≫の日々

満65歳で中国・黒龍江大学を定年退職した後、生まれ故郷の新潟に戻り、日々の生活を写真とともに日記風に綴っていくもの。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

No.1.313 「免税店」のお話。

2017年08月04日 | 日記

今回の中国旅行は、元黒龍江大学日本語教師の大島先生と私の二人旅である。中国の友人や教え子に贈呈するため、新潟空港の「免税店」で新潟の地酒やビール、チョコレートなどを買い込んだ。


なぜか「免税店」の中心部に置いてある商品は、新潟県産のものではなく、北海道で有名なチョコレート菓子の“白い恋人”であった。中国人観光客の要望に配慮したのだろう。


そういう私も中国人に人気のある“白い恋人”を購入することにした。この「免税店」では資生堂の“化粧品”や“炊飯器”それに“日本酒”などが売れていた。


現在の“新潟➡ハルビン間の定期航空路は、毎週月曜日と金曜日の週2便体制に減便された。一時期、毎日飛んでいたこともあった航空路が、更に減便とならないよう祈るばかりである。


「免税店」の中心部に置いてある北海道産の“白い恋人”。

資生堂の“化粧品”や“炊飯器”それに“日本酒”などが売れていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加