スイス公文学園 (KLAS) を知りたい!

スイスの日本人学校の国語教師が
学校紹介 卒業生紹介 スイスでの生活など
スイスからの「生の声」をお届けします!

たんぽぽ

2017年05月13日 21時27分39秒 | 日記


黄色い絨毯を敷いたように咲き誇るダンポポ。
春の到来を祝うかのように牧草地一面を彩る黄色の花々の、
なんと饒舌なことでしょう。

スイスの国花はエーデルワイスですが、
私は実際の開花を数度しか見たことがありません。
「高貴な白」を意味するドイツ語を名に持つ国の花も美しいのですが、
毎年この時期に村のあちこちで見かけるタンポポに、
私は得も言われぬ愛着を覚えます。

長く厳しい風雪の季節に耐え、
春の到来と共に一斉に花弁を開かせる彼らの健気な姿。
人間の世話にならずとも、
アスファルトの脇のわずかな隙間にも顔を出す彼らのたくましさを見るにつけ、
スイスの人々の質実剛健な国民性を象徴するのは、
たんぽぽだと、そう思うのです。

18年の在住を経ての実感です。

たんぽぽの 咲くは別れの 近き時 愛し子らの夢 綿毛に載せて
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言葉の贈り物 | トップ | 最後の授業 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL