わたしが私であるために

我慢と努力は、もう出来ない・・・
寝て果報を待ちたい。棚から落ちてくるぼたもちを食べたい。

熟女の遠足 2日目

2017-06-13 15:20:06 | お出かけ・外食
さぁ
6月3日この日も快晴
舞子ビラでおめざめ~~
熟女でもお泊りすると普段話さない事まで話しちゃうから不思議
本当に修学旅行のよう
朝食・・・このボリューム
          

オムレツとエッグゼネベクトは目の前で調理してくれて
ホカホカ
          

明石海峡大橋を眺めながらの贅沢タイム
          

この日は高速バス8時40分に乗るのでYちゃんと8時40分に待ち合わせ
ロッカーに荷物預けるのにひと悶着ありました。
私は自分の考えを押し通し(後日いろんな人にその是非を聞こうと)
それも熟女にはお笑いネタ・・・・・

明石海峡大橋を渡り淡路島を横断(縦断?)して
鳴門海峡大橋を渡り四国鳴門へ
私四国は初上陸でございます。

大塚国際美術館
         

大塚製薬がタイルへの印刷を可能にして
世界のの名画が一堂に
すべて印刷なの
その技術の素晴らしいこと
楽しみにしていた
システィーナ礼拝堂の天井画
これはミケランジャロが依頼されたけど
自分は画家ではなく彫刻家で
他の大きな彫刻の仕事もしてたので本当はやりたくなかったらしく
しかし時の教皇にどうしてもミケランジャロに書いてほしいとの事で
やることになった仕事
カーブしている天井に描くことが当時どれだけ難儀な作業であったか
想像を絶するのだけれどそれを4年の歳月をかけて見事に完成し
時の洗礼をうけてなお素晴らしい絵画に圧倒されます。
本物のシスティーナ礼拝堂はヴァチカンに行かないとみることができないので
それはこれからの老後の楽しみにとっておいて
今回はこちらで大満足の鑑賞

          

天地創造~アダムとイブ~ノアの方舟~~~~~~~~最後の審判
私は仏教徒なので旧約聖書とかの知識はないけど
最後の審判は生きてきた人生が善なのか悪なのか
俗にいう天国か地獄かみたいな
仏教でいえば成仏出来るか否かみたいな
もしそういう審判がなされるなら是非とも善であって欲しいと思います。


そして
もう一つ楽しみにしていたのはレオナルドダヴィンチの
最後の晩餐

こちらも名画中の名画
             
修復前と修復後の最期の晩餐が向き合うように展示されていて
修復されたことでキリストを貶めた犯人が分かったようです。



絵画は時とと共にすり減って修復していくわけだけど
この印刷技術はパンフレットによると2000年先までこのまま色あせることなく
現在の色を保てるそうで素晴らしい。

          

          
ランチは美術館をでて
瀬戸内海を眺めながらしようカリフォルニアテーブルを予約
レストランのスタッフが
美術館までお迎えに来てくださいました。
この景色
          
前菜
          
スープ
          

メインはサーモン写真撮り忘れました。

デザート
          

ワインも戴き大満足
そして
送っていただき
鳴門の渦潮の船に
一年間の潮見表というのがあって
満潮時、干潮時の渦の巻き加減が表になっていて大潮、中潮、小潮と名付けられ
この日は2時半が中潮
でも次にいつ来れるかわからないので船に乗りました。
          
風に吹かれた熟女
          

テレビで見るような渦は見れなかったけど自然の作り出すものを
みれて良かった。

そしてまたまた大塚国際美術館に戻って
絵を鑑賞   ムンクの叫び

          


          

          


絵を見るのに多少疲れた感が
お土産をみてたらボンカレーとオロナミンCが
大塚製薬の商品だって・・・さすが

そして
高速バスの乗り場へ向かうバスに時刻表見ながら向かったら
乗ろうとしてたバス行っちゃって
なんで???と思っていたら
見てた時刻表平日で
この日は土曜日・・・・・・・そんな
次のバスだと高速バス間に合わない
あれっ    どこかで聞いたことある話だ・・・・・
タクシーを呼び無事に本州へ帰還いたしました。
これもそれも熟女の思い出
旅はトラブルがあったほうが楽しい!!
舞子で夕飯をたべこの日はお友達のYちゃんのお宅へお泊り❤
この日は3人でガールズトークです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熟女の春の遠足~~関西 | トップ | 熟女旅最終日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む