支援屋ver2です gooブログはじめました!

支援屋ver2です。2010年1月にプロフェッショナル技術者のコミュニティとして生まれ変わりました。よろしくです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

太陽に一番近い星

2010-01-18 10:56:17 | 日記
支援屋です。

宇宙開発 夢があります。
いつか人類も外宇宙に出ていくときがあるとして、どこにたどりつくのか?
ウィキペディア調べました。
近い恒星の一覧

もっとわかりやすい記事は
a href="http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1112871031">太陽に一番近い恒星を教えて下さい

一番近いのはケンタウリ座のアフファ星,『Alpha Centauri』(αケンタウルス、αケンタリウス、αセンタウリとも言う)で、距離は4.22~4.35光年と言われています。


光の速さで4年かかりますか。

光の速さっていうのはこんな感じで現代の科学技術のレベルでは人を乗せた物体が到底到達できる速度ではなさそうですね。

しかしながら人類が誕生してから200万年から150万年人類史誕生してからすぐに道具を使い始めて、火を操り始めたのが50万年前らしい。文字が殷で使われ始めたのが紀元前1500年前、英国で産業革命が起こったのは18世紀から19世紀にかけて、航空機が戦争の主力になったのは第2次世界大戦、人類が初めて月に到達したのは1969年7月16日。
このように人類の文明、技術は加速度的に進化していますね。
進化した文明とはいえ現代であっても雨水を溜めて飲料水にしないと生きられないレベルなんですけど。

しかしこの調子で進化が加速していけばいつかは光速を突破して外宇宙へ

いける..いけるぞー..この勝負もらったぁ!

じゃないな いけそうな気もしますね。


支援屋でした。

さて、潜り込むぞ。

支援屋ver2
ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | コンピュータウィルス Gum... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。