支援屋ver2です gooブログはじめました!

支援屋ver2です。2010年1月にプロフェッショナル技術者のコミュニティとして生まれ変わりました。よろしくです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

激安献立 挽肉カレー 

2010-01-21 11:33:55 | グルメ
支援屋@zxです。
今夜は挽肉カレー。例によって安いです。でもちょっと手間かかります。

材料 3食分くらい
  • 玉葱 4個 スーパーで安い時に買っておけば安く済む。どうせ炒めちまうんだからここあたりのわけあり品でも十分。
  • トマト缶詰 400g缶1個 ここなら138-なり
  • 挽肉 牛でも豚でも合挽きでもなんでもOK。インド人の友人にふるまうなら羊か鶏。 300gくらい。肉屋で300円分くれ!でもOK。
  • スパイス ターメリック、クミン、ナツメグ、レッドペッパー、ブラックペッパー...冗談。SBのカレー粉の備蓄品で十分。なけりゃここで買って備蓄しとけ。使う分量は大匙2杯くらいか?大匙なんか使ったことないけど。辛いのが好みならガラムマサラとか鷹の爪とかを適量使えば。
  • カレーの元 市販品のカレールーの元。ジャワカレーとか2段熟カレーとか。実はこれが味の決め手。他に味を入れない(塩も胡椒も)のでこれで味を決めてしまう。分量は...俺はいつも買っているジャワカレーの1/4使ってる。ブランドも量もお好みで。
  • 油 もっともヘルシーなのはテフロン鍋で先に挽肉を炒めて出た油を使う。本格的な味にしたいならギィなんだろうが俺は使ったことがない。普通のサラダ油で十分。仕上げにバターを使えばうまくはなるがデブにもなる諸刃の剣。覚悟の上で使うこと。
  • 大蒜 忘れてた。必須。炒め時に一欠。仕上げに摩り下ろしたやつを使う。あまりいっぱい入れると全部大蒜に持っていかれるので適量で止めるべし。

作り方


  1. 玉葱を全部なるべく細かくみじん切りにする。涙に耐えられなければスライスで妥協しても可。大蒜もスライスしておく。
    • ヘルシーオプション 油を使わずに挽肉を油が十分に出るまで炒める。テフロン鍋じゃないと無理。油が出切ったら挽肉を別皿に退避しておく。油が多過ぎるようであれば余分は捨てる。

  2. 油しいた鍋に玉葱と大蒜を投入。そしてひたすら内側をえぐり込むように..炒めるべし!炒めるべし!!炒めるべし!!!(AA略)玉葱が無残とも思えるような姿になるまで炒める。時間なんて忘れるくらいに。
  3. 挽肉にカレー粉をまぶして混ぜて鍋に投入。さらに炒めるべし!鷹の爪入れるならこのタイミング..?? ちょとまたれい!玉葱と同時のほうが吉か?。今度試してみよう。
  4. トマト缶投入。5分くらい煮込む。
  5. 火を止めてカレールー投入。カレールー使うとドロッとするのでさらさらに仕上げたいならカレールーではなくて固形ブイヨンのほうがよい。ただしこの場合は塩胡椒で味を調える必要あり。逆に言うとこっちのほうがよりチューナブル。
  6. 少し煮込んでカレールーが馴染んだら仕上げにすりおろし大蒜。出来上がり。
    • デブオプション バターを仕上げに投入。辛いのが苦手ならヨーグルト少々投入。コクがupする。
    • 辛さオプション ガラムマサラを仕上げに入れる。さわやかな辛さがupする。

  7. 盛付け 皿にご飯をよそってカレーをかける。
    • おもてなしオプション カレーを別の器に盛付けるとすごくおしゃれな感じになる。だけど後で洗うこと考えたらアレなので勝負所を見極めて使うこと。


食す。(゜д゜)ウマー

材料のほとんどが備蓄品でできるので当日の出費は挽肉代くらい。挽肉けちってオカラとか使えばもっと安くできるけど味の保証はしない。味なんてどうでもいいくらい困窮したら試してみる価値はあるかも。

以上


支援屋ver2
さぁせんm(_ _ ")m
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内気だなんていってらんない | トップ | ☆豪華☆ 唐揚げパーティ!!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。