支援屋ver2です gooブログはじめました!

支援屋ver2です。2010年1月にプロフェッショナル技術者のコミュニティとして生まれ変わりました。よろしくです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

支援屋へのお問い合わせはこちら

2010-01-27 14:12:14 | 日記
支援屋へのお問い合わせはこちら

支援屋です。
いきなり失礼しました。

冒頭のリンクは支援屋の問い合わせページへのリンクなのです。はっきり言ってローテクです。フォームからの直接送信とかは使っていません。メールソフトを一回経由してお客様に手動でメール送信してもらうやり方を取っています。

理由はフォーム送信のスクリプトが作る労力に見合うほどのセキュリティ対策効果が得られないのではないかと仮定したからです。

メール送信者側からみたセキュリティ対策ですが、これは具体的にはメール本文と差出人など個人情報が暗号化されることが必須になります。フォーム送信でSSLで暗号化してなどの対策を十分に施したスクリプトを作成するにはまだスキルが足りないし労力もかかる。

片やいまどきのメールソフトはセキュリティ機能は十分?(セキュリティ破りする輩も日々進化しているので十分だとは言い切れないかも)に実装されている。
例えばモジラサンダーバードの場合
S/MIME・デジタル署名/証明やメッセージの暗号化・証明書やセキュリティデバイスをサポートと国家機密を扱うにも十分なセキュリティ機能を実装しています。また、ウィルスの危険があるJavaScriptプログラムの実行や、スパム業者のメールアドレスの確認に利用される可能性のあるリモート画像の表示から守ることができます。

なんかスゴいな...このレベルのセキュリティを今からオウンコーディングするのは非効率ですよね。
したがいまして我々の問い合わせページは皆様がお使いのメールソフトにセキュリティ対策を一任することとなりました。けっしていいわけゴモゴモ..

メールで問い合わせを頂く場合にもう一つ注意しなければならないのはスパム対策。ロボットでメールアドレスを収集して売る不逞な輩対策です。

これはメールアドレス収集ロボット対策を参考に対策させていただきました。

もちろん人間にはわかっちゃうんですけどね。ロボットにさえ読めなければ十分でしょう。

もう一つ手動でメールを送っていただきたい理由は、心のこもったコミュニケーションが取れるのではないかと思ったからです。
例えば、とある登録フォームから情報を送信した直後に自動返信される登録確認メール。これはこれで意味はあるのですがもらった人間の心情としてちょとだけムッとすることありますね。
自分がムッとするようなことを人様にするのは無礼の極みですので自動返信はやりません。
ちゃんとメールに目を通した上で誠実に返信をさせていただきます。できうる限り迅速に。

皆様のご意見が我々支援屋をより良き方向に進化させます。

どうぞご奇譚のないご意見お待ちしております。

支援屋でした。

支援屋ver2
『テクノロジー』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 惣菜コーナーのかき揚げでか... | トップ | 二俣川と鶴ヶ峰 上から眺め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。