キノコ・シダ・コケ観察日記

野山を歩くと目にする、きのこ・苔・シダを観察して生態やからだのしくみを掲載します。

藻菌類と子のう菌類

2016-10-19 05:12:31 | 胞子植物
菌糸にはしきりの膜がなく、水中で生活するものと陸上で生活するものがあります。すべてカビのなかまです。たとえば、ミズカビ、ケカビなどがそうです。子のう菌類の菌糸はよく発達し、しきりの膜もあって、枝わかれも多いです。有性生殖でつくられる胞子は、子のうという袋の中に8個ずつつくられます。キノコになるのは少なく、カビのようなものが多いです。チャワンタケ、アミガサタケ、コウボウキンなどです。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒメシダ | トップ | ジンガサタケ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。