キノコ・シダ・コケ観察日記

野山を歩くと目にする、きのこ・苔・シダを観察して生態やからだのしくみを掲載します。

ヒカゲノカズラ

2016年11月08日 06時30分27秒 | シダ
やや日陰の地上に生える常緑性のシダです。茎は長く地上をはい、所どころで枝をだします。枝は二また状に数回わかれ、たちあがります。葉は小さく線形で、先はとがっております。枝の一部から細長い軸が高く伸び、この先がいくつかにわかれて穂のようになった胞子のう穂をつけます。これが熟すと黄色になり無数の胞子をだします。この胞子は、石松子とよばれ、傷薬にまぜて使います。
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンチゴケ | トップ | 担子菌類と不完全菌類 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。