七田チャイルドアカデミー札幌教室

札幌市営地下鉄南北線 札幌駅より徒歩8分、
北12条駅より徒歩5分、
七田チャイルドアカデミー札幌教室のブログです。

おにはそと、ふくはうち

2016-02-03 | Weblog
おにはそと ふくはうち
ぱらっ ぱらっ
ぱらっ ぱらっ
まめのおと
おには こっそり にげてゆく

おにはそと ふくはうち
ぱらっ ぱらっ
ぱらっ ぱらっ
まめのおと
はやく おはいり ふくのかみ

今日は節分ですね
節分は、邪気を払い無病息災を願う2月の行事です。
豆をまいた後は、恵方を向いて恵方巻きを食べましょー!
私の家は毎年手作りの恵方巻きです
今年は南南東の方角なので、無言で食べてくださいね♪


ところで、みなさん!!
七田チャイルドアカデミーのCMはご覧になられましたか

■【羽鳥慎一モーニングショー(テレビ朝日系列)】放映日程
2/2(火) 2/9(火) 2/12(金) 2/16(火) 2/26(金)
3/1(火) 3/11(金) 3/15(火) 3/25(金) 3/29(火)
※モーニングショーでは9:20〜9:50の間の時間帯にCMが流れます。

■【ニンゲン観察バラエティ モニタリング(TBS系列)】放映日程
2/4(木)・2/11(木)・2/18(木)・2/25(木) 
放送:毎週 (木) 19:56〜 

上記の放映日程でCMが流れます。




体験レッスン週間
札幌教室では2月に体験レッスン週間があります。
ご興味のございましたら、ぜひこの機会に七田のレッスンを体験してみませんか?
幼児・小学生・英語コースにて講師一同お待ちしております


2月23日(火)〜2月27日(土)
お電話にて受付中

011−708−1025
までお問い合わせ下さい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エネルギーの源 Part2

2016-02-02 | Weblog
先日のレッスン後、素敵なお手紙をいただきました



Rちゃんは日本語のクラスと英語のクラスに通ってくれています

英語のレッスンは日本語クラスの後なので、子どもたちももうひと頑張り!という感じ
ですが、毎週よく集中してレッスンを受けてくれるのです

いつもニコニコ笑顔のRちゃんからたくさんのパワーをもらっています

私もそんなみんなとのレッスンが毎回とても楽しみです

笑顔いっぱいのレッスンになるよう先生も頑張ります

次は私も名前を書いてもらえるようにも(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友だちたくさんできるのかな。

2016-01-26 | Weblog
まだ雪深い北国ですが、雪が解け、春風が運んでくるのは

花の便りばかりではありません。

ピカピカのランドセルを背負った子どもたちの元気な声も響きます。

今は買ってもらったランドセルを枕元に希望に胸を膨らませているのでしょうね。

写真のRちゃんもその一人。

給食も始まるので、ママの作るお弁当ともさようならです。

「ママありがとう。お弁当のふたを開けるのが楽しみでした。

友だちたくさん作るからね。」by R













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先生のエネルギーの源

2016-01-12 | Weblog
2016年のレッスンも始まり、子どもたちもお正月休みが明けて、
元気いっぱいのエネルギーに包まれた札幌教室です

そんなある日のこと。
年中さんのクラスのRちゃんが、教室に入ると同時に「おたよりで〜す!」とニコニコ笑顔

手には折り紙

「先生にお手紙を書いてきてくれたの?」と聞くと、はじけるような笑顔で「うん!」とRちゃん

開いてみると…



はい
1秒で先生はエネルギー満タンです

毎日のレッスンの中で、Rちゃんがくれたような優しさに触れ、
エネルギーをもらっています

「先生」はいつまでも終わりやゴールはありません

日々成長そして毎日が感動と新しいことでいっぱいなのです

さて、明日はどんなことが起こるのかな??

2016年も、札幌教室をよろしくお願いいたします


体験レッスン週間
札幌教室では1月に体験レッスン週間があります。
ご興味のございましたら、ぜひこの機会に七田のレッスンを体験してみませんか?
幼児・小学生・英語コースにて講師一同お待ちしております

1月18(月)〜1月23(土)
お電話にて受付中

011−708−1025
までお問い合わせ下さい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2016-01-06 | Weblog
新年あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします

みなさんはどんなお正月を過ごしましたか?

おばあちゃんやおじいちゃん、親戚のみなさんで集まって楽しい時間を過ごした方も多いのではと思います!

私は4歳の甥っ子に一年ぶりに会いました
この一年の成長には驚かされましたし、とっても微笑ましい気持ちになりました
なんだか突然大人っぽい言葉を使ってみたり、面白いことを言ってたくさん笑わせてくれました!

札幌教室も今週が今年初めてのレッスンです。
この一年も子どもたちの成長を楽しみに私たちも頑張っていきたいと強く思っています

お休みの間のお話を聞けるのを講師一同とても楽しみにしています



体験レッスン週間
札幌教室では1月に体験レッスン週間があります。
ご興味のございましたら、ぜひこの機会に七田のレッスンを体験してみませんか?
幼児・小学生・英語コースにて講師一同お待ちしております

1月18(月)〜1月23(土)
お電話にて受付中

011−708−1025
までお問い合わせ下さい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メッセージ

2015-12-25 | Weblog
札幌教室5階の窓から見た北大キャンパスの雪景色です

眺め入っていると七田 眞先生の言葉がよみがえってきます

2009年4月20日 七田先生最後の言葉です


 基本は、…右脳の基本は…愛なんよ。

 教える人は、相手に感動を与えることができなければいけない。

 言葉や方法じゃないんよ。

 「愛が一番大切」ということを伝えられなければ、七田は終わってしまう。

 右脳の基本は「愛」と「感動」なんだよ。

 それをみんなに伝えて欲しい。

 そうしなければ、本当の私の思いが伝わらない。

 七田は続かない。

 皆の力を合わせて、この七田教育を広めて欲しい。


このメッセージを噛みしめつつ、来し方行く末を思う年の暮れです

みなさま、よいお年をお迎えください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Christmas is just around the corner!

2015-12-22 | Weblog
Hello, everyone

クリスマスが近づいてきましたね
子どもたちはサンタさんからのプレゼントとても楽しみにしていますよね!

みなさんはもうサンタさんにお手紙を書きましたか?

今日は英語でサンタさんにお手紙の書き方をご紹介しますね


Dear Santa

Please bring me a ○○!
Love,名前

ぜひ皆さんも英語でサンタさんにお手紙書いてみよう
サンタさんから英語でお返事がくるかもしれないね!



Merry Christmas

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空間認知脳を鍛えよう

2015-12-17 | Weblog
ふえる積木の取り組みです

1個の積木を先生のお手本通りに一つづつ増やしていきます

12個積んで完成した形は写真のような形

4月から始めて9パターン挑戦しました

年少さんのHくん、Mちゃん、Wちゃん、バンザイで喜んでいます


立方体や正方形は、どのように置いても、どの方向から見ても、相似性が崩れません

組み合わせや並べ方で遊んでいるうちに、形、位置関係が理解できるようになります

プリントで隠れた積木も数えられるようになってきました

いっけん当たり前のように思える自分の正面でつみきを積む作業、

自分のミドルライン(正中線)が形成されていないとできません

生後すぐからの左右差をなくす取り組みが大切です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第22回 発表会

2015-11-24 | Weblog
今年で札幌教室の発表会も22回目を迎えました


この日までがんばった練習の成果を本番で出し切ってくれた子どもたち、
練習をご家庭でサポートしてくださった保護者様、
たくさんの方のご協力のもと、今年も素敵な発表会になりました

毎年発表会では笑いあり、涙あり、感動あり

参加してくださる人の数だけそれぞれのドラマやストーリー、思いがあって、
それをひとつの形に表した『発表会』

このひとつにまとまる機会があるということは、本当に素晴らしいものだと思います

私たち講師一同も、本当に発表会ができてよかった

と、毎年思います


来年1年生になる年長さんの2人は、漢字に興味が出てくる頃
発表会では難しい漢字の読みと書き取りにチャレンジしてくれています

なんと、書いてくれているのは「藁」と「檸」です


来年はみ〜んな一学年大きくなりますね
さて、どんな発表会になるのでしょうか…今から楽しみです

たくさんのご協力・ご参加、本当にありがとうございました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英検Jr.頑張ったよ!

2015-10-27 | Weblog
とうとう週末札幌に初雪が降りましたね

札幌教室では先週英検Jr.の試験がありました
寒い中、よく来て頑張ってくれました

今日は試験を受けてくれたお友達のお母様の声を紹介したいと思います。

「初めて受けた時は、30分座っているのも大変で、試験が終わった後は疲れたーって感じでしたが、受けていくうちに試験慣れをしてきて、まぁ、ちょっと疲れてたけど平気だよ〜って感じになってきましたね

英検Jr.Gold級は、45分かかるので小学生でもずっと座っているのがなかなか大変ですが、七田に通い集中力もあるみんなはしっかり頑張っていましたよー

そして、お母様はお家での練習を通して、課題ややり方も見えてきたので、また受けますねとおっしゃっていました

「今回初めて英検Jr.を受けて、普段リトルバイリンガルのCDかけ流しでinputがされているのは分かっていましたが、それが何であるかを絵を見て自分で考えることが、試験や練習を通して経験できたことがよかったです

こうお話してくれたのは年中さんのお母様です。
ちょうど右脳から左脳への移行期で、脳の働きの変化とともに無意識学習から意識的学習へ、理解・理屈を求める理論的思考が少しずつできるようになってきます
そういった意味でも、試験ではありますが、楽しい感覚で受けられる英検Jr.はお勧めです

私も生徒さんに進めるばかりでなく、自分も試験にチャレンジしようと思いました
大人になっても試験はドキドキするものですが、終わった後の達成感はいいですよね


僕たち、私たちも、数年後にチャレンジしてみたいな〜(笑)



発表会のお面をつけてみたよ「可愛いでしょ」レッスン前の一コマです。
                                            
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暗唱の達人達成おめでとう!!

2015-10-21 | Weblog

 


暗唱文集達人!ついについについに達成者がでましたよ〜

暗唱文集達人というのは、暗唱の本は全てのこと、それに加え

百人一首も百首全てインプットしそれらをアウトプットできたよ

というお友だちに与えられる勲章です

Yちゃんは、年中さんの頃から現在の小学部一年生クラスまで、コツコツと暗唱百人一首の暗記

積み上げて記憶の回路を太くしてきてくれましたね

何でも取り組み始めたら、必ず最後までやり遂げるという根性は先生もいつも

すごいな〜と感心しているのですよ

暗唱は、子どもの記憶の回路を開き子どもの頭の質を丸っきり変えてしまう

右脳の力の一つです

今、Yちゃんは、小学部に入り、この暗唱を今度は時間制限をして発表する、

という更に右脳を働かせる暗唱の取り組み方にチャレンジし続けています

すばらしいことですね

パパ、ママそしていつも応援してくれているおじいちゃま、おばあちゃま、

この先もまだまだ新たな挑戦をするそうですよ。先日、彼女が力強く言っている姿を

頼もしく思った私でした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鉄棒ブラリ

2015-10-13 | Weblog
2歳児クラスのMくんとRちゃん。

ママやパパの両手の親指を握ってぶら下がるトレーニングを経て

鉄棒に一人でぶら下がれるようになりました。

身の軽い幼児期は、腕や胸の筋力を養う最適期です。

ぶらさがりや「サルの枝わたり」は

両手で自分の体重を支えられるよう腕の筋肉を強化する一方、

大脳皮質の視覚、感触、認識などの能力が発達過程で体験することの

多くを含んでいます。

運動をつかさどるレベルの完全な発達こそ、高レベルの発達をうながします。

MくんとRちゃん、親指は下から、他の指は上からしっかり鉄棒を握り、

泣いたり笑ったりしながら30数えるまでぶら下がっていました。

後ろのRちゃんのように午後からのレッスンは睡眠学習になることもあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集中しています!

2015-10-02 | Weblog
お父さまお母さまからよく、「うちの子、集中力がなくて…」というご相談をいただきます

集中力というのは「集中しなさい」と言われて集中できるものではないですよね

子どもの集中力は年齢+1分あればいいほうだ、とよく言いますが、
そう考えると七田に通っている生徒さんはどうでしょう

1歳のクラスでも何十分も座ってカードを見たり集中して取り組みをしています

5歳のクラスにもなれば、一度も立ち歩かずに50分集中してレッスンを受けている子もいます

集中力というのは、意識してつけるものではなく、
好きなもの・興味のあるものであれば意識しなくても自然と集中しているものなのです

では、集中するべき時にしっかり集中できるようになるにはどうしたらよいのでしょうか

それは「集中している感覚」をからだ・あたまに感覚的に覚えさせてあげると良いのです

好きなこと、興味のあるものを通して「集中している感覚」を知っていると、
いざ集中する場面でその感覚を引き出すことができます


もうひとつ、スイッチを入れるために先に好きなことに取り組ませるというのもいいですね

レッスンでも、プリントに入る前に、みんな大好きな迷路からはじめるとそのままスイッチが入り、
集中してそのほかのプリントに取り組むことができます

もちろん1才をすぎて二足歩行ができるようになると、急速に行動範囲が広がるため、
こうした視野の広がりと、行動範囲の拡大により赤ちゃんは好奇心のおもむくままに
立ち歩いていろいろな物についての探索行動をはじめます

その時期には、カードの時間だからって見てほしいというお母さんの気持ちで連れ戻され、無理にイスに座らされても逆効果ですよね
今興味ないものを無理に押し付けられるのは、かえって嫌いになってしまう可能性もあります

いま興味があるものをおもいっきりさせてあげることが、後に集中する感覚を覚えさせてあげるためにも大切なことなのです

七田のレッスンはとてもテンポよく、50分という時間の中でたくさんの取り組みを与えていくため、
ひとつの取り組みを飽きるまでさせ続けることはありません
むしろ、もっと遊びたいなと、おなかいっぱいになる手前で取り組みが変わるので
「次は何がでてくるだろう?」とワクワクした気持ちのまま集中し続けることができるのですが、
興味のあるものにおもいっきり取り組ませてあげるという意味では、家庭との連携が大切になります

レッスンではお子さんの興味あるものを発見できる場として、家ではそれについて満足するまでたくさん遊ばせてあげることで、
より好奇心を満たしてあげ、集中力、積極性などたくさんの力をつけていってくれます

ぜひ、七田のレッスンを活かして頂き、家庭での取り組みにもお役立てくださいね

ママが気になるHくんとRくん そして夢中なHちゃん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書の大切さ

2015-09-30 | Weblog
先日、カナダの友人と話をしていた時のことです


「カナダの小学校ではどうやって文法を勉強するの?」

「えー、私は文法って勉強したことないかも。」(子どもの頃のことなのではっきりは覚えてないないところもあったようでしたが

彼女の通っていた小学校では、Englishのクラスにgrammarとwritingのクラスがあり、彼女のお母さんがwritingのクラスを選んだそうです
ご両親とも学校の先生で教育熱心だったそうです。

「じゃぁ、この文章が文法的に正しくて、あの文章は正しくないっていうのはどうして分かるの?」と尋ねたところ、

「すごいたくさんの本を読んだからだと思うよ」って。
「だから分かるよ、もう感覚的にね、理由はないよ、そうだからそうなんだよ」と。
(私たちの日本語に置き換えても同じことが言えますよね!)

彼女の町にある図書館の児童書は全部読んでしまったようで、近くにある市の大きな図書館に連れて行ってもらうのがとても楽しみだった
その後、図書館の前のお店でfrench friesを買ってもらうのもと言っていました(笑)

七田の教室で、幼児期に絵本暗唱を行っているのもこれが一つの理由ですね
絵本の暗唱を通して「理屈抜きに感覚で覚える」ということは幼児期だからこそできることです

気づかない間に、会話の受け答えのパターンや文法事項を理屈抜きに覚えてしまいます(本人に頑張って覚えたという感覚はなく!)

絵本暗唱はまずじっくり入力することが大前提です
そしてあくまでも子どもたちから自然に声がでてくるまで待ってあげましょう
十分な入力があると自然に声にでてきます。時々やきもきすることもあるとは思いますが、ゆっくり焦らず待ってあげてくださいね

英語のレッスンの中で読んでいる、You and Me,tooの他にもおすすめの絵本がありますよ!



初めての暗唱には、Oxford Reading Tree、その後にSpeak Up Storiesがお勧めです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実験教室…その後…

2015-09-25 | Weblog
先月の夏休み中に行われた、札幌教室で行われた『実験教室』にて

この様にレポートにまとめてくれたお友達がいます

お教室で、顕微鏡を作り身の回りのものを観察ましたね

ミクロの世界をのぞいたらどう見えたか どう感じたか

お教室で用意させて頂いたレポート紙にまとめるのも立派な作業

お友だちの中には、このように自分なりにレポートにしてまとめて

くれた子もいました

小学校の“夏休みの自由研究”に提出したお友だちも多いはず

『レポートの型』を学び、こうして自分なりに取り組むことが 
 
できるようにすることが、目的でしたので

すぐに実行してみた子がいてくれたことが、すばらしいことですね



小学部一年生のYちゃん  自分で作った顕微鏡でミクロの世界をのぞいてみたよ!
夏休みの自由研究で学校で表彰されたそうです




小学部三年生のKちゃん  実験教室を行っているその場で自分なりにマイノートにレポートをしている姿は

いつもの彼女らしい真面目で素直に何でも取り組む姿勢…そのものでした
               





コメント
この記事をはてなブックマークに追加