七田チャイルドアカデミー 江南教室 ブログ

“認めて・ほめて・愛して”育てる 

江南教室のブログです。しちだ式幼児教育、胎教、イベント情報などを掲載します。

子育てで大切なこと -4-

2016-06-29 | 家庭
  

真弓 ということは、昭和20年以前生まれで元気な人は、日本人として適している昔ながらの生活をしてきたということです。今の日本人は、体格は大きくなっていますが、体が非常にもろくなっています。

七田 どうすればよいのでしょうか?

真弓 だからそれを変えるんです。でも、皆さん方はすぐに変えようとするからダメなんです。10年で結果は出せません。昭和21年に生まれた赤ちゃんはもう66歳(2012年当時)になっています。だから完全に変えていくには66年かかりますが、20年、30年先を目指して、今生まれた赤ちゃんをしっかり育てることが大事です。

  

七田 そのために、子どもに気をつけてあげることは?

真弓 母乳以外のミルクは与えないこと。心身ともにお母さんとしっかりつながりを持たせること。生まれた時に冷房をして汗腺の機能を停止させないこと。この3つを守っていれば、子どもは元気に成長できます。

七田 先生は全国に講演に行っておられますよね。(2012年) 

真弓 来年の春までは予定が入っています。診療があるから、どこへ行っても日曜日の夜までには帰ってこないといけません。だから、日本から外に出たことはありません。

七田 音楽がお好きなんですね。

真弓 唄、端唄、チェロをやっています。一生は一度なんだから楽しまなかったらつまらないでしょう。

七田 そのためにも元気であることが大切ですね。
(以上、「くらしの情報」vol.353より)


  



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教室だより「心の子育て」 ~No167~

2016-06-28 | お知らせ
七田チャイルドアカデミー 江南教室だより『心の子育て  NO.167』を配布しています。

    
 
 今月号の内容は・・・

 ◇ 4つのて「て」を忘れずに ◇
愛情かけ・・・

 夢っこニュース 

 6月生まれのお友達

 江南教室 7月の予定 

  

 ★感動子育て スペシャルセミナー 定員 100名
平成28年7月13日(水)  10:00~12:00
 夢を叶えるモチベーションアップ術
 これからの時代に活躍できる
強くたくましく賢い子どもを育てるコツ
  講師:藤山守重(七田チャイルドアカデミー代表取締役)

 ★☆講演会開催記念 キャンペーン中☆★
詳しくは「教室だより 心の子育て」をご覧下さい。

   

 Q:「形で覚える都道府県」の歌って買えますか?

   あイテテ カニの 愛知県(名古屋市)

 考える力が育つ「魔法の折り紙あそび」
指を使って考えることで、算数のセンスや考える力を飛躍的にアップする“魔法の折り紙”を紹介しています
 杉之原眞貴 著
 対象:5~10歳の子どもと保護者

 お詫びと訂正
しちだ教育研究所より、暗唱文集「古典文学編 近代文学編」に訂正依頼がありました。誤りがありましたことを深くお詫び申し上げます。
 ★訂正箇所 『山月記』文章中の「大官」の読み方
   ×だいかん ⇒ 〇たいかん
    
  
  
七田チャイルドアカデミー 江南教室




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【応援】 ぞくぞくと!

2016-06-27 | 教室の様子
  

 七田チャイルドアカデミーの卒業生のお二人が リオ・オリンピック の代表に選出されたのは機関誌夢っこclubでも紹介されてご存知と思います。

 そこで江南教室のみんなで競泳の 池江璃花子選手 とトランポリンの 伊藤正樹選手 に応援メッセージを書きました。

   

みんなのイメージが届きますように! 応援しています!

    



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子育てで大切なこと -3-

2016-06-26 | 家庭
真弓 放射性物質をどうするかなど、考えてもどうしようもない。セシウムより怖いのはストロンチウム(※1)とプルトニウムなんです。けれど、政府はそんなことはまったく発表しない。だから、昭和20年までどんなものを食べていたのかを知り、それからはみ出したものを子どもに与えなければいい。これがいちばん大事なこと。

七田 そのような食事を摂ることで、免疫力をつけたり、有害物質を排泄するのに役に立つのですね。

真弓 そうです。

  

七田 病気では、ガンが非常に増えており、2人に1人はガンで亡くなっていると聞きます。

真弓 悪性新生物(ガンと肉腫を合わせたもの)は、昭和20年(1945年)までは珍しい病気でした。1950年になると5番目になり、その時のトップは結核で、悪性新生物の2倍。その後順位を上げ、85年には悪性新生物はトップになりました。以後、ずっとトップですが、2位との差が開いてきました。2012年においては、平均寿命で亡くなる男性の52%が悪性新生物です。

七田 平均寿命が延びたこととも関係しているのですか?

真弓 一概には言えません。なぜなら、昭和20年以前に生れた我々が、昭和21年以降に生れた人たちの葬式を出しているからです。80歳、90歳の人たちが、60歳、70歳の人たちの葬式を出している。死ぬことは悪いことでもなんでもありませんが、順番に死んでいくことができなくなりました。

  

※1)ストロンチウム
ストロンチウムは摂取すると骨にとどまり、排出されないため、体内で放射線を出し続けます。骨は血液を作る部位のため、ストロンチウムの蓄積で、白血病などを引き起こすとされます。半減期は約28年。

※2)プルトニウム
半減期は非常に長く、約2.4万年です。体内に入ると、細胞に影響を与えますが、影響を及ぼす距離が数センチのため、体外にある場合は問題ありません。また非常に重いため、遠くまで飛散しません。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講演会♪ 7/13(水)

2016-06-25 | お知らせ
 

 夢を叶えるモチベーションアップ術
  これからの時代に活躍できる
 強くたくましく賢い 子どもを育てるコツ

  講 師:藤山 守重 (七田チャイルドアカデミー 代表取締役)
 

  

日にち:平成28年7月13日(水)
時 間:10:00~12:00 (受付 9:30)
会 場:江南市民文化会館 第1会議室(2階)
定 員:100名 (※託児ありますが、別途費用がかかります)

<セミナー内容>
・最近の社会現象とは
・夢、志を育てる(吉田松陰の教育法に学ぶ)
・仕事も人生も小さなことに全力で取り組む大切さ
・「躾」教育の大切さ
・学習能力を支える目の機能



  

藤山守重氏
38歳の時に教育学者・七田眞氏と出会い、右脳教育の先駆者として幼児教育を普及。また、(財)日本数学教会に在籍している時に、工学博士・志賀一雅氏と出会い、中学からシニアまでの能力開発を行う、(株)日本能力開発研究所を設立。その事業展開の中で小学生のための「目の学校」をスタートさせる。パワフルで的確な保護者様への語りは、子育てへの気づきを与え、全国で多くの共感者が実践している。

  




コメント
この記事をはてなブックマークに追加