西宮市議会議員 しぶや祐介の活動日記

「子育てするなら西宮」「文教住宅都市・西宮」「住み続けたいまち西宮」の実現を目指して奮戦する西宮市議会議員のブログ。

もちろん、保育所の定員拡大に貢献する施策には賛成ですよ。でも「対象は新設園だけ!」というあたり、色々と問題があると思うねんけどなあ。。。

2017-02-24 09:26:25 | すべての人にやさしいまちを実現するために

うっかり書き忘れていたのですが、前回ブログにて、ようやく12月議会での一般質問の報告は完了。
毎度のことながら、これをブログに記載していくのに、結構時間がかかってしまい、すみません。
なお今更ながら、こちらが質問項目の一覧です。
  ↓



さあ、遅ればせながら12月議会の報告は終わったし、いよいよ一層、代表質問モードですね。
といいながら、未だに「なんもやってないし進んでないし、そら答えづらいやろな~...」な質問には答弁案の第一発目さえ返ってこないのは、どうしたものか。
先方に原稿を渡してから、もう一週間。
他の部署とは概ね調整も終わってきてるのに、「市長が言ってたこととやってることが違いすぎますやん!」的な話については、うんともすんとも言ってこないとは、これ如何に。。。

さて本題、予定に反して、なかなか答弁が返ってこないので、ちょいと別の報告など。
こちら、先日2/13の常任委員会で報告された話についてですよ。

色々なところで折に触れて述べていることですが、西宮市は保育所待機児童の現状を改善するべく、現在、今後3年間で約1500人の受入枠拡大を図ることを目標に対策を推進しています。
  ↓
【ご参考】
市政報告47号×裏面(左上記事)@2016年10月発行

で、そのためには市有地を利用した保育所開設だけでは不足で、民有地における保育所開設支援がマスト!ということになります。
というわけで、そうした施策の一環として平成30年度から「固定資産税・都市計画税の課税免除」「土地等の賃借料補助」を実施することを前提に、事業者に対し平成29年4月から制度の周知を行うとのこと。
以下、具体的な内容です。

まず固定資産税・都市計画税の課税免除の詳細は、こちら。
  ↓


で、土地等の賃借料補助については、こちら。
  ↓


要するに
------------
●限定された期間に「新たに認可を受ける保育所・認定こども園」を対象に
●5年間限定で
●「固定資産税・都市計画税の課税免除」「土地等の賃借料補助」といった施策を実施する
------------
という話ですね。
「どれくらい???」というのは措いておくと、少なくとも一定の効果は期待できるんだろうと思います。
依然として深刻な状態にある保育所待機児童対策という観点から、こうした実効性が期待できる施策を展開していく!という考え方自体に異論はありません。
とは言うものの、今回あげられている施策って、あまり筋がよくないように感じる面もあるんですよね。

引っかかっている点は二点。
一つは公平性の問題、もう一つは不正行為を防止できるのか?という問題です。

公平性の点で言いますと、
------------
●「固定資産税・都市計画税の課税免除」の対象となる「保育所等の土地等を運営事業者に有償で貸した所有者」
●「土地等の賃借料補助」の対象となる「保育所等の土地等を有償で借りた保育所等の運営事業者」
------------
の両方とも「新たに認可を受ける保育所・認定こども園」だけを対象としている点に違和感を持たずにいられません。
だって、既設の保育所に対して土地を貸し出している事業者の中にも、有償で土地等を借りて保育所等を運営している事業者は
存在するんですもの。
同じように保育所・認定こども園を運営しているにも関わらず、新設かどうかだけで差が出る。
それって、既存の事業者側から見たら、なんともビミョーな感じではないんかいな、と思いますし、簡素・中立・公平という税の大原則から考えて、どうなのよ???と。

で、もう一つ、違和感を持つのは不正行為防止という観点から。
「土地等の賃借料補助」について、「賃借料月額500千円以上で、月額500千円超~1,000千円以下の部分の9/10」を補助ということになっているわけですが、9割補助って大きいよな、と。
事業者が支払わねばならない賃借料を具体的に考えると、
------------
●賃借料50万円→支払う金額50万円
●賃借料80万円→支払う金額53万円
●賃借料100万円→支払う金額55万円
------------
と賃借料が50万円~100万円までの間であれば、保育事業者が支払わねばならない金額はほとんど変わりません。
であれば極端な話、「不動産事業者が、賃借料を本来価格より高い金額に設定→保育事業者は高めの賃借料をルールに従って支払い→本来価格より高く徴収した賃借料の一部を不動産事業者から保育事業者にキックバック!」みたいな話も起こりうるんではないかいな、と。
そこらへん、なんやかんやと考えると
------------
●地主さんに対しては税の免除でなく、一旦税を徴収した上で条件を満たす方には補助金支給
●保育事業者に対しては、施設の建設補助金を現在より手厚く支給する形に見直し
------------
という形にした方が、筋がいいと思うんですよね。
補助金の見直しは一般的に行われているものですし、こちらの方が、まだ納得度が高いのではないかと思うのですが。。。

色々言ってはいますが、最初の方で書いた通り、保育所待機児童の解消に多少なりとも寄与することが期待できる施策を展開していく!という考え方自体には賛成しています、私。
ですし、必要な意見は色々と述べていくという前提の下、今回の話の推移は、しっかりと見ていきたいと思います。
でも今後、同じような話をやるなら、やっぱり、こういう面からの考察を抜きにしてはいかんと思うんですよね
なにより、保育所待機児童の解消!なんてのは既存の事業者さんの協力がなければ到底出来ない話な訳で。
前回のブログでも書いた話ですが、新規ばっかり大事にせんと、長年、市の保育行政に協力して下さっている方々をこそ大切に考えるべきだと思うのですよ、私。

てなことをつらつら考えつつ、今日のブログは、このへんで。
それでは失礼いたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飛ばしてしまってすみません... | トップ | お陰様で代表質問終了。とい... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (吉井 龍恥)
2017-02-24 22:16:51
しぶや先生初めまして。上ヶ原で地方自治を研究​しております吉井​と申します。

しぶや先生のご活躍を、ブログや市政報告を通じて拝見しておりますが、疑問に思ったことがあるのでお聞かせ下さい。

この記事において、
『新たに認可を受ける​保育所・認定こども園​」だけを対象としてい​る点に違和感を持たず​にいられません。(中略)新設かどうかだけで差​が出る。それって、既​存の事業者側から見た​ら、なんともビミョー​な感じではないんかい​な、と思いますし、簡​素・中立・公平という​税の大原則から考えて​、どうなのよ???と​。』
と仰ってますよね。
しかし、過去の2016年10月28​日の日記 国民健康保​険の保険料(保険税)​の支払い方法について​口座振替を原則化しよ​うという役所側の取り​組みについての記事では

『だったら、より多く​の世帯が「口座振替に​切り替えよう!」と思​うように、
----------​----
①(たとえば期間限定​で)口座振替の利用者​には保険料の値引きを​実施
②今回のタイミングで​切り替えた方にはノベ​ルティ等を支給
----------​----
みたいなことってでき​んのかいな、と』
と仰ってます。
西宮市では保険料とな​っていますが、実質は​税金と同じです。事実​、保険税と名づけるこ​とも可能で多くの市町​村が保険税と名づけて​います。同じように『簡素・中立​・公平が大原則』であ​るにもかかわらず、上​記のような無茶振りを​職員に押付けた挙句(​しかも執行権限は市長​に有り議員には無い)​、

『仕事を効率的に進め​るために、どうするべ​きか?どうすれば同じ​組織・労力で、もっと​効果を上げることが出​来るのか?」といった​あたりをこそ考えてほ​しいよなあ。。。
こういった考え方が欠​如していると、こうな​るんやろなあ』と罵倒​までする始末。

さらに、2016年1​2月14日の日記のタ​イトルが
『「前市長が​やろうとしたことは全​然ダメ!でも俺がやろ​うとしてることはサイ​コー!!」という謎の​主張はなんなんや?私​には同じにしか見えな​いのですが。。。』
とも仰ってますが、

自分が提案するのはサ​イコー!!でも役所が​提案するのは全然ダメ​!!ってしぶや先生が批判​していた市長と全く同​じだと思いますが、見​解をお伺いしたい。

あなたに一票を投じ、​西宮市に住んで税金を​払い、あなたを応援し​てブログを日々チェッ​クし、市政報告最新4​8号までしっかり読ん​でいる私やその他の人​達に対して説明責任が果たせるのでしょうか。
よろしくお願いします。☆ハピネス
コメント頂き、ありがとうございます。 (しぶや祐介)
2017-02-27 18:26:19
>吉井様

ご指摘の保育所・国保料に関する提案は、前者は保育所待機児童の解消・後者は国保収納率の向上という施策効果の最大化を目指すべきという観点から指摘した内容です。
一方で、
------
●国保料は実質的に税と変わらない
●私が提案した口座振替利用者にインセンティブを付与という内容は「簡素・中立・公平」という税の原則から外れる部分もある
------
というご指摘、謹んで承ります。

今後とも自身の発する情報の内容に十分留意しつつ、積極的に情報発信に努めてまいります。

貴重なご意見を頂戴したこと、並びに「あなたに一票を投じ、​西宮市に住んで税金を​払い、あなたを応援し​てブログを日々チェッ​クし、市政報告最新4​8号までしっかり読ん​で」頂いていることに感謝申し上げます。

ありがとうございました。
Unknown (ゴン)
2017-03-02 14:33:33
公平、公正という観点では、一番の不公平は、同様に納税しているのに認可保育園を利用できる市民と利用できない市民の不公平ですよね。こんな事に巨額の血税を使うより、保育所に入れず認可外を利用せざるをえない市民に補助したり、認可保育所に株式会社の参入を認めるのが先では。それをやらずに、保育への予算を拡大するのは、単なる社会福祉法人や役所の利権・既得権拡大です。
コメント頂き、ありがとうございます。 (しぶや祐介)
2017-03-03 09:42:43
>ゴン様

>公平、公正という観点では、一番の不公平は、同様に納税しているのに認可保育園を利用できる市民と利用できない市民の不公平ですよね。
  ↑
仰るとおりだと思います。
また、他に進めるべき地策があるというご指摘も、その通りだと思います。
微力ではありますが、保育環境向上のため今後とも力を尽くしてまいります。
コメント頂き、ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

すべての人にやさしいまちを実現するために」カテゴリの最新記事