西宮市議会議員 しぶや祐介の活動日記

「子育てするなら西宮」「文教住宅都市・西宮」「住み続けたいまち西宮」の実現を目指して奮戦する西宮市議会議員のブログ。

保育所に入所するために必要な「保活」。西宮で保活を円滑に進めるためには「利用調整基準表」による自身の現状把握が超重要です!

2017-05-16 15:23:42 | すべての人にやさしいまちを実現するために

今年4月1日時点での西宮市の待機児童数は、以下のリンク先に示したとおり。
  ↓
【ご参考】
西宮市の2017/4/1時点での待機児童数は昨年から140人増加して323人。やっぱり、もっと大胆な対策が必要ですよ、これ。。。@2017年4月のブログ
  ↑
なんですけど、これについて、も少し詳しく見ていくべき面があると思っていまして。

--------------
●西宮市全体で見たときの、年齢別の「希望通り入所できなかった児童数」
●地区別で見たときの「希望通り入所できなかった児童数」
--------------
は以下の通りなわけですが。
  ↓



  ↑
すごく気になるのが、3歳児の「希望通り入所できなかった児童数」の多さなんですよね。
「希望通り入所できなかった児童数」207人は、286人の1歳児に次ぐ、二番目の多さ。
前年度に比べての増加率は60%以上と、ダントツの一番です。

これ、0~2歳児を対象とした小規模保育施設をどんどん増やしていった結果、3歳児段階での需要が大幅に増加したという話であり、今後も、この傾向は続くものと考えています。
ここらへん、以前から懸念していたことが起こっている感じですね。。。
実際、以前にも増して「小規模保育施設に通っている子供が、来年には3歳になる。その時、行き先が本当に見つかるのか。。。」」という声をお伺いする機会が増えていると感じています。。。
  ↓
【ご参考】
小規模保育施設を中心とした対策では、待機児童の解消は困難。。。→だからこそ、いわゆる認可保育園の増設が重要なのです!!@2016年8月のブログ

こうした不安の声を拭うため、過去にいろいろと提案している内容も含め、様々な施策が推進されるよう働きかけていくのは、もちろん私どもの重要な責務!
ただ実際、保活を進めている(あるいは進めようとしている)保護者にとって、「で、どういう条件で保育所への入所基準って決まってるの???」というところについて、知っておいて頂くことも重要だと思うのですよ。
そこで広報したいのが、保育所の「利用調整基準表」。
  ↓
【ご参考】
http://www.nishi.or.jp/media/2016/2017riyoutyouseikijun.pdf
  ↑
あまり知られていないようなのですが、本市では保育所への入所は、この表に則って、算出される点数によって決まります。
なので、この内容をご確認&自身の状況に合わせて採点して頂くと、自身の点数が明らかになります。

また担当部署である保育入所課に問い合わせると、
------------
●自身が入所を希望する保育所における
●前年4月入所時での
●入所が決定した最低点
------------
も分かります。
  ↓


あくまで前年度の実績なので「その点数を上回っていれば、必ず入所できる!」というようなものではありませんが、一つの参考にはなろうかと。
必要に応じて、是非ご活用頂ければ!と思います。

ちなみに、このように保育所の合格基準に関わる指数が全面公開されたのは、過去の私の議会質疑による成果です。
こういった形で、自分が提案した内容が、実際の市政運営に反映されるというのは、とてもやりがいのあることですね。
担当部署でも、非常によい改善だったと受け止めて頂いているようで嬉しい限り。
  ↓
【市政報告38号×2014年8月発行より抜粋】



引き続き、「子育てするなら西宮!」と胸を張って言えるまちづくりを目指し、微力を尽くしてまいります。
それでは今日のブログは、このへんで失礼します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供の貧困問題に対峙するた... | トップ | 神戸新聞掲載の「検証 西宮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。