渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~

Live cafe & bar 池袋Apple Jump(アップルジャンプ)店主の日誌

Apple Jump 写真館~市原ひかりグループ ~

2009年12月07日 | Apple Jump ライブ報告&諸々
昨日は、楽しみにしていた、トランペッター市原ひかりのクインテットのライブが有りました。



市原ひかりtp 浅井良将as 堀秀彰pf 中林薫平bs 安藤正則drs

浅井良将は、関西在住の注目のサックスプレーヤーで、いまや市原ひかりGの欠かせないメンバーになっています。
その他のメンバーは、東京のジャズのライブシーンの中で、トップランナーと言える若手の俊英がずらり。



試行錯誤の上、今月からステージライトの配置を換えました。いい感じでミュージシャンにひかりが当たるようになりました。
タイトな黒いジャケットに、ひかり輝くトランペットが美しく映えます。


もう一枚。今度はフリューゲルホルン。

トランペッター市原ひかりの魅力は、まずその美しい音色ですね。
それは、数年前に彼女がまだ学生だったころに、初めて聞いた時から感じておりました。
そのことは、以前のブログで書いております。
そしてその演奏スタイルは、テーマから導き出されたモチーフを、バンドによって繰り出されるサウンドから刺激を受けながら、丁寧に積み上げ、展開していきます。
トランペッターにありがちな、大音量で吹きまくり、拍手喝采といった体育会系トランペッターのものとは、真逆なスタイルです。

本日はスタンダードの「イット・クッド・ハプントゥ・ユー」以外は、市原やバンドメンバーのオリジナルでした。
特に印象的だったのは、ラストの堀秀彰のオリジナル「Inspiration」。そしてアンコールを飾った、市原ひかりの「Beginning」。
時折見せる安藤正則の32ビート(ドラムンベースとかジャングル・ビーツと呼ぶのかな)が、刺激的で全体のサウンドに斬新でコンテンポラリーなカラーを付けていたのがとても印象的でした。

今日からこのメンバーでレコーディングに入るそうです。新しいアルバムが楽しみです!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月ライブ・スケジュールをホ... | トップ | 特報!Manami Morita来日ライ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Apple Jump ライブ報告&諸々」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今、市原ひかりグループが熱い!! ~’09 12/5(土)池袋AppleJump~ (ロック&ムーヴィーフリーク別館)
さてすっかり寒くなってきましたが、みなさま如何お過ごし?! わたくしはですね~、7月の山下洋輔トリオに続き本格的JAZZ鑑賞としては2回目となる、池袋のライブカフェ&バーAppleJumpでの、市原ひかりグループのライブを見てきました!!