柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

故人の土地の名義変更

2013年07月31日 | 葬儀後の相談いろいろ
こんな話があります

母親が亡くなり、住んでいた土地の相続が発生しました

しかし、その土地はすでになくなっている父親の名義のままでした

この両親には子供が6人いましたが、父親がなくなった後に
2人の子供(長男、次男)も亡くなりました。

そこで今回の相続を行う前に、父親が死んだときの相続をしなければなりません。

相続の権利は
母親が1/2、
その時点での子供は6人なので1人の相続分は1/12です
すでに長男、次男は死んでいますが、このときの相続は発生します

先ず、父親の相続を終えた後で
今度は母親の相続を行いますが、母親がなくなる前に長男が亡くなり
母親の持っていた1/2の土地を今度は5人の子供と長男の子供が相続します

母親の死亡直後にもう1人次男が死にました

母親の後に死んだ次男は独身だったため、次男の財産は
また兄弟4人と長男の子供が相続します


この相続が終わるまでには、まだまだ時間がかかりそうです

とても複雑な話ですね

この話、つい最近ご近所で起きたことです。

土地の名義変更は急がなくても、とよく聞きますが
イヤイヤ、家族の情況によっては、早いほうがいいですね・・・

ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 節電はもう不要なの? | トップ | 鹿児島は気温だけじゃない!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。