柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

ホームのエレベーターは便利で不便

2013年07月15日 | 私の半径100メートル
体調を崩してから外出に少し手間取っています
足の具合が悪く、日によっては杖を使用しています

そこで気が付いたことがあります

最近の鉄道網は路線も増えて、どこにでも行きやすくなりました
お蔭で傘を持たなくても心配がないくらい接続が便利です

各駅にエレベーターも、エスカレーターも設置されていますね

ところがこの設置場所が、具合の悪い人には恨めしい事があります

エスカレーターは昇りは有るのですが、下りは無いホームも多く
代わりのエレベーターは、ホームの端にある場合が多いのです

歩行の大変な人がエレベーターを使用するには
ホームでかなりな距離を歩かなくてはなりません

この様な事は、健康であった時は
気にもしませんでした

エレベーターもエスカレーターも
身障者にとっては親切とは言い切れないのだとしりました

また、電車内で席を譲ってくれる人は殆どが女性です
男性は極わずかです

いまリウマチの治療中ですが
体調が戻るまで、まだも少し時間がかかりそうです

神様は、私に何を学べと言っているのか?
日々、考えるこの頃です!

学ぶ機会を得たことに感謝です!

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「葬祭スタッフのための実務... | トップ | 葬儀社の調査で感じることは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。