柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

エンディングノートを知ってますか?

2014年11月08日 | エンディングノート
50歳をすぎると、知っている人が殆どです。

それよりも若い方はまだ、興味がないですよね。

エンディングノートに興味を持っても

死ぬまでにかけばいい!と思っているでしょう。

死ぬのっていつですか?

誰にも分かりませんね。

明日? ・・・・ありですね。

なので、エンディングノートのこと書いてみようと思います。


まずね、明日死ぬかもしれないし
もしかしたら脳梗塞とかおこして半身麻痺って事もありますね。

もし死んだら、あなたの財産はどこに行くのですか?

夫なら奥さんと子供?
奥さんなら夫と子供?

もし、離婚していてその間に子供がいれば
その子も相続人ですね。

子供がいなければ、死んだ人の兄弟も相続権がありますね

もし、何もしなければ法律にのっとって
相続は行われます。

エンディングノートを書き進めるうちに
相続人がはっきりしてくるし
必要なら遺言書をかかないと大変なことになるかもね。

いきなり遺言書はかけないでしょう。

先ず自分の資産を知らなきゃいけないし。

そのためにもエンディングノートは
財産の洗い出しにもなるし
こっそり書きながら考えられますね

ただ、自分ひとりでは
色々な知識がないから
書きにくいことも確かですね。

でも明日、死ぬか、意識がしっかりしなくなるか
は、ありえます。



【PR】3冊でできているエンディングノート「アクティブノート」
amazonにて好評発売中!
株式会社オフィス・シバタ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セミナーアンケートに喜びを... | トップ | エンディングノートはどこか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。