柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

介護施設でエンディングノートセミナーをしました。

2016年10月12日 | エンディングノート
サービス高齢者住宅でエンディングノート養成担当者セミナーを行いました。

介護スタッフさんが入居者の人生やお考えを知り、より親身なお世話ができるようにするためです。

名前と年齢、お体の状況を知るだけより、その方の歩んできた人生をお聞きすることで
その方の生きざまや価値観をうかがい知ることげできます。

そのうえでの対応や会話は、介護スタッフと入居者の距離を縮めるはずです。

また家族といえども、ご本人の昔話や、ご家族への想いなど、細かい話まで聞いているとは限りません。

なにかの折に、それをお伝えするのも普段お世話させていただいているからこそのご縁ですね。

そしてもう一つ、大きな意味があります。

お世話している介護スタッフさん自身が、入居されている方や、自分や自分の親のためにいろいろな知識を持つことは
とても重要なことです。
周囲の人たちの相談に乗ってあげることもできますもの。

お忙しい業務の中での、勉強会でしたので、短い時間しか取れませんが、月に1回、それを4か月かけて学んでいただきました。

すっかり皆さんとも仲良くなり、最後に記念撮影をしていただきました。

こんな研修を取り入れてくださった事務長さんご夫妻は前向きな姿勢をお持ちです。

「私たちまだまだ学ぶことだらけ、のんびりしていられない!」

と笑顔でお話しくださいました。


こんな素敵な出会いができた事に大感激です!

みなさん、愛媛県の今治で、どうぞあたたかい介護をなさってくださいね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母には見えるし、聞こえるの... | トップ | 「このセミナーは葬儀社の基... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。