柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

「エンディングノートセミナー担当者養成講座」受講者のから・・・

2013年06月24日 | 葬儀の世界
葬儀社で「エンディングノートの書き方」セミナーをするところが増えてきました

オフィス・シバタではそのセミナー講師の為の養成講座を行っています

先日、その受講をされた方から、「大成功でした!」と報告を頂きました


その葬儀社では初めて「エンディングノートセミナー」を開催したそうです

参加者8名での、こじんまりしたセミナーでしたが

お客様の反応はとても良く、その効果にびっくりされたそうです

お客様は葬儀以外の散骨や老人ホームの話に興味を示されたそうです

また、葬儀の時には自分の言葉を遺すことが、遺族や会葬者にとっては
何よりの思い出になる、とセミナーでお教えしていますが
その説明をする時に、キャンディーズのスーちゃんの葬儀の映像を
その方は、セミナー内でお見せしたそうです

それを見ていた70代の男性のお客様は涙を流されたとか

その男性の姿を目にして、その方は「エンディングノートセミナー」の
大切さを知り、やって良かった!と感じたそうです


最期に頂いたアンケートには
「解り易く理解ができた」
「すべて参考になった」
「83才だが良い企画だったので来て良かった」
等の声を頂き
「期待どおり」「期待以上」の感想も書かれていました


この葬儀社の方は、社長命令で「エンディングノートセミナー」を開くようにいわれ
急いで勉強に来られたのですが、
すでに自社企画で「葬儀セミナー」などの経験をお持でした

その為か講義内容の理解も早く、説明力もお持ちでした
今回のセミナーではご自身の細々とした努力もあったと思います

私もこの報告を頂いて、とても嬉しくなりました

養成講座を受けた他の葬儀社でも定期的に「エンディングノートセミナ―」を
実施しているところが多いようです

葬儀社が葬儀の話にとどまらず、他方面の話題を提供し、更にその問題解決に
関与していけたら、地域との信頼を生むことができますね



『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入院中です | トップ | エンディングノートの活用法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。