柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

男性参加者が多かった葬儀セミナー

2013年07月03日 | 老後
先日、地域ケアプラザで行った葬儀セミナーは
珍しく男性が多く参加してくれました

葬儀セミナーに関わらず、エンディングの話は
女性の参加が多いのが当たり前でした

以前は葬儀と言えば、表面に出るのは男性で
こまごまとした準備は女性の役目になっていました

また、妻が夫を見送ることが多いので
葬儀の知識を得たいのは女性だったのでしょうが
今は男性も大いに学ぼうとしています!

世の中が少し変わってきましたね

この地域ケアプラザでは、昨年の秋に
「自分らしい葬儀について考えよう」と「エンディングノートを書いてみよう」
というセミナーを依頼されましたが、好評だったようで
今年も同じ内容で6月と7月に行うことになりました

「葬儀のセミナー」では現状の葬儀情報をお伝えするのですが
必ず、お話をしているのが
「お葬式ってなんでするのしょう?」
「従来の葬儀と家族葬の違い」
そして
「葬儀社を選ぶ方法」
です。

そして最近になって追加している話が
「お一人様の終末」です

セミナーにいらしている方の中に
「お一人様」が必ずいらっしゃるのです

それだけでなく
お身内にお一人様がいる方が必ずいらっしゃいます


そう考えると
時の流れと共に、伝えるべき情報はドンドン変わってきています


それを踏まえてセミナーを行わないといけませんね!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エンディングノートの活用法 | トップ | お一人様の納骨代行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。