柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

延命治療の記事

2013年12月10日 | 私の半径100メートル
以前に紹介した「終活ライフ」というパブロイド紙に
延命治療に関する記事が2件載っています

興味深いので紹介しました

一つは「希望により人工呼吸器や人工心肺の使用を中止する医療機関が増加」
今までは延命措置の中止は、どの医療機関でも慎重だったが
回復の見込みがないのに続けられる延命治療の是非が問われ始めたことで
医療機関の対応が変わりつつある

という記事です


もう一つは
「自分の意思で決めたい」“最後”の在り方! 終末期医療の相談員を設置

厚労省では2007年に「十分な話し合いのもとに患者本人が終末期医療について決める」
という指針を示したが、対応スタッフの不足で現場での実現は困難だった
厚労省はモデル事業として終末期のケア相談員を10病院に配置することになった
「本人の意志で自分の終末期医療を決める」という考えを広く普及させたい考え

というものでした。

終活セミナーでも「延命治療」の話は大変興味があり
多くの方が集まってこられます

その方の多くは延命治療の拒否を希望されますが
本当に希望通りに実行してくれるのか?と
疑問を持つ人も多くいます。

このような記事は新聞には載っているはずですが
私たちは見逃すこともありますね

「終活ライフ」は興味を引く、終活に関する記事が集められたおり
発刊を重ねるごとに、解説が解りやすくなってきています。
普通の新聞と一味違うのがここです。

2ヶ月ごとに送られてきますが
毎回読むのが楽しみになっています。

ある葬儀社さんでは
セミナー参加者にお渡ししているし
ある保険代理店では
保険の更新時にお持ちしているようです

50部単位の販売なので
顧客用として利用するのに便利です

問い合わせは
「終活ライフ」制作委員会
03-5927-1273

お世辞なしに面白いです!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 終活セミナーに常連さんが多... | トップ | 葬祭スタッフ実務 実践マニュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。