柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

ホスピタリティを考える

2017年05月19日 | 葬儀専門学校
今年も葬儀専門学校の授業が始まりました。
私は前期にホスピタリティを教えます。

去年までは葬儀式の中で活かせるホスピタリティを教えていましたが
今年はホスピタリティをもっと具体的に感じてもらいたいと思い
少し内容を変えてみました。

私自身も教えるに当たり
知識を深めるために勉強していますが
ホスピタリティとはお客様対応に限らず
自分の目の前にいる人に愛情をもった接し方をすることなのです

その気持ちが一番の基礎にあり
そのうえでその人に今より良い状況にしてあげたいと思うことなんです

でも自分が無理をした結果、その人に何かをしてあげるのではないのです。
自分自身が「してあげたい喜び」を感じていないと
ただの義務になってしまいます。

実際に日常生活の中でホスピタリティを具体的に教えることって
結構難しい、と実感しました。


以前勤めていた葬儀社で
スタッフ全員に求めていたのは、まさしくホスピタリティだったと気が付きました。
究極のサービスをする心構えでいましたし
それをする喜びがありました。
その結果をお客様が喜んでくださり
それをお聞き出たとき、スタッフは嬉しく、誇らしげでした・・・・



ご遺族だけでなく、お寺様にも、会葬者の方にも、お手伝いいただく方にも
葬儀の関連業者さんにも
そして同僚にも
感謝と挨拶、そして気遣いの気持ちがあったと思います。


もちろん、まだまだ未熟ではありましたが
その気持ちは十分にありました。

その時のような教えをしたいと思うのですが
これがなかなか難しい


でも回を重ねるごとに
少しは伝わったかな?と・・・


後2回の授業がありますので、もうひと頑張りしなくては。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めての「集活イベント」を... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。