柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

高円寺で「遺族の会」と「終活セミナー」します、自由参加です

2013年08月26日 | 世の中



杉並区の高円寺で、9月1日に終活セミナーを行います

第1部は10時~12時 「グリーフサポート」の茶話会です
家族や大切な人を亡くした方のための会です

今までに参加された方は葬儀後数か月~7年後までの方が多かったです
伴侶や親、兄弟を亡くした後、
なんだか、心に穴が空いた様で、不安定な気持ちをお持ちの方が
いらしていただいています

年齢も幅広く40代~80代のかたがたでした
「今まで、どこに行ったらいいのか?解らなくって」
「人に聞いて来てみました」
「皆さんが葬儀後にどうしているのか聞きたくて」
など、色々なお気持ちで参加されます

2名の時も6名の時もあります
例え、お一人の参加者であっても、いつもと同じように茶話会は行います

私も遺族です
スタッフの中にも遺族がいます

自分の気持ちと同じような人がいる
話を聞いてくれる人たちがいる
それだけでも、ホットされる方がいます

身の回りの人を亡くすと、思っていた以上の悲しみや空虚感、鬱状態になることがあります
この様な体験は多くの人に訪れます
その時間を経過して、やっと気持ちの立ち直りをすることができます

その悲嘆等は、まるで神にあたえられた仕事のようだ、という事から
「グリーフ(悲嘆)ワーク(仕事)」と呼ばれます

もし、思い当たる節があれば、お越しください
「コムゥエル高円寺ホール」という葬儀社で行いますが
どちらで葬儀をされた方でも参加されています


そのあとには
13時~14時までは、終活セミナーをします

知っていた方がいい知識、を学んで下さい
今まで、「片付け」「自分史」「介護の選択」「認知になったら」「延命治療」
「改めて考える自分のお金」という題材を話しました

そして9月1日は
「後悔しない葬式とお墓」を話します
葬儀社の宣伝ではなく、コンサルタントの話ですよ、ご安心を!

次回は「大切な人を見送るあなたへ」の予定です

毎回違ったセミナーをしますが、聞いていくと
エンディングノートを書くのに必要な知識が得られるように
組み立てています



そのあとには、14時~15時まで
カルチャー体験教室があります

こちらも人気で毎回違った教室が用意されています
今回は「大人の塗り絵」です
簡単なようで、なかなか凝った塗り絵をします
色鉛筆で、どれだけ微妙な色合いを出すか?
出来た作品は、かなり素敵です
男性も挑戦されます


3部になっていますが、お好きな時間に参加ができます
こんな会ができて、約8か月になります

今は高円寺と町田の2会場で
月ごとに交互に開催されています

こんな会が、もっと色々な場所で開かれると
皆さんのお役に立つのでは・・・と思っています






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熱い、暑い、熊本でした! | トップ | 終活カウンセラー協会の「終... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。