『向上心』

向上心があるから楽しい!
向上心が僕の好奇心であり、好奇心がまた向上心をさらに膨らませてくれてます。

試合でポイントを取る為には?

2016-10-29 22:36:34 | コーチ
こんにちは!柴田圭ですっ。
今日は甥っ子リンの名古屋グリーン月例のビギナートーナメントでした。

リンは今はIWAMOTOさんでお世話になっていて月例の時は父親がちょくちょく動画を撮って僕に送ってくれるのを見て楽しんでます。笑



で、今日の送られて来た動画がミスだらけだったので、笑
ちょっとテニスについて教えようと思って電話をしました。



まずは、


”テニスはシンプルにどういうスポーツ?”

”ん〜”

(当然の答えだな、質問が分かりにくい、笑)


”テニスはネットという障害を挟んでコートという枠の中でラケットを使って黄色ボールを打ち合うスポーツだよね?”

”うん!そうだね”



”じゃあテニスではどうしたらポイントを落とす?”

”んーっ、ネットしたら!”

”他には?”

”んーっ、空振りっ!”

(確かにリンは空振り多いからなっ 笑)

”じゃあミスはネット以外にある?”

”あっ、アウトもあるっ!”

”そうだねっ!じゃあ他に空振りも含めてどうなったらポイントを落とす?”

”ん〜、ん〜、あっ!触れなかったら!”

”正解ーっ☆”

”リン、テニスでポイントを落とすのは、ネット、アウト、触れない、この3つだけだ。知ってたか?笑”

”おーっ!知らなかったーっ!!!”

(笑!良く考えれば分かる事だけど、分かってない子結構いるんだろなぁ〜 笑)



”じゃあ次にこの3つの中で一番先に無くさなきゃいけないのは?”

”ネット!”

”ブーッ!!!”

”ネットの前に?”

”あっ!触らなきゃいけない!”

”正解ーっ☆まずは触らないとネットすらできないよねっ!だからテニスはまずは打つ事より触ることを考えるのが大切だよねっ。”

”うん!”



”じゃあ次は?”

”ネット!”

”そうだね!触れたら次はネットを越さないと相手のコートまでボールが行かないもんね!”


”で最後は?”

”枠の中にボールを入れる!”

”大正解!もしネットを越して枠の外へ行ったらサイドなら真ん中を、オーバーなら少し低く狙ったり、スピンをかけたり工夫をすれば良いよね!”


と、ほぼこんな感じで話して、



”じゃあリン、ポイントを取る為にはどうしたら良い?”

”んーと、強い球で相手のいないところに打つ。”

(なぜだ 笑)



”リン、ポイントを落とさない為には?”

”触ってネットとアウトをしない!”

”よし、じゃあポイントを取る為には?”

”あっ!相手のボールに触ってネットをしないでミスをしないで打ち返す!”



”おーっ!それだ!それを簡単に言うと?”

”… … …”

”相手より1球、多くコートに〜”

”打ち返す!”

”正解ーっ☆そう!テニスは相手より1球多くコートに入れた人がポイントを取るスポーツなんだぞ!”


”だから相手が時速100kmのショットを打って来るけど4〜5球でミスするなら、リンのショットが半分の時速50kmでも相手のショットを全て触って5球返せれば勝てるスポーツなんだそ!笑”



ただ飛んで来たら振ってミスを連発してたのが勿体無くて、何に集中してテニスをしたら良いのか教えたくて、少し難しい話だったのでクイズ形式で教えてみましたっ。笑

そのあとのチャレンジマッチ(負けてしまった同士の練習マッチ?的な試合)では、送ってもらった動画をみたらガンバって走って1回戦より粘っていたので伝わったのかな?笑



最近少し打てるようになって試合に出場するのが楽しくなって来たみたいなので、これからもテニスのポイントの基本を忘れずに初勝利目指してガンバれリンっ☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分は。 | トップ | 楽しい練習、つまらない練習っ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。