行延WebLog

声だそう多数派のみなさん

こどもの日

2017-05-05 16:31:48 | 日記
 今日は「こどもの日」です。こども達の幸せを祈るかのように今日も五月晴れです。いつの時代も、こども達の笑顔と歓声が響きわたる環境を大人たちが築き上げなければいけません。 総務省の発表によると今年のこども達は「全国で1,571万人、36年連続して減少、少子化が加速している」とのこと。「男性の4人に一人、女性の5人に一人が未婚」との報道が記憶に新しい。誰しもが30歳くらいまでに結婚し、こどもを授かることが普通の人生と思ってきた私ども年代には衝撃的な事実です。また、結婚はしていても生活のため、自らの人生の価値観のため、共働き世帯が増えています。しかし、保育施設などの整備が十分でないことから少子化を選択せざるを得ないことも残念でならず、一日も早い環境の改善を願うばかりです。
 過日、都市公園法が改正され、全国の公園に保育所が設置できるようになりました。保育所整備が近隣居住者の反対にあって思うにまかせず、待機児童問題が改善しないための一対策でもあります。喧騒、駐車問題やなにかと煩わしい・・が原因のようですが、「なぜ?」と複雑な思いです。
 また、児童虐待やいじめの問題なども暗い影を落としています。「こどもを叱るな来た道じゃ・・」、躾を理由にした虐待は許せないし、みんなでよってたかってのいじめも卑怯極まりなく許せない。
 こどもは次代を担う大切な「国の宝」、大綱は国や自治体が整備する。そのうえで、まずは両親の愛情が第一、そして、地域に共生する私たち大人は、微力ながらも「こども達が安全に、安心して暮らせるよう」みんなで見守っていかなければいけないと思います。隣は何をする人ぞの「無関心」から、向こう三軒両隣の「地域の絆」の時代に戻しましょう。
 「こどもの日」を機に、「ACジャパン」のメッセージの重要性を改めて認識します。新聞に掲載されていますのでご覧ください。今の時代だから・・必要とする内容ではないでしょうか?     
      ライバルは、1964年
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山岳遭難事故 | トップ | 日本一の絶景 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。