goo

二級建築士学科試験終了、要注意!

 学科試験についてはほとんどこのブログでは触れてはいないので、設計製図のカテゴリーで記載してしまうので、この記事を目にする人は少ないかもしれないが、ご容赦。です。

 本日、二級建築士の学科試験が終了した。受験者は今ごろ自己採点が終了して一喜一憂しているところだと思うが、どうだろうか?
あくまで、個人的所見ではあるが、今年の問題は全体的にやさしい問題であったように思う。結果的には多くの受験者が高得点を記録しているだろうと言う事だ。
では、どうなるのだろうか?従来通り、各科目13点以上で合計60点以上あれば合格と思っていいのだろうか?もし、今年もこの基準であれば、無責任な感想ではあるが、おそらく合格者は40%~50%を越えるのではないか、という感想を持っている。
過去にそんなに多くの合格者だした年は創設期を除いて無いように思う。私の予感が的中すのであれば、合格率を例年のように35%前後と考えると、13点60点の基準は今年は採用できない可能性が高いということになる。勿論、合格者をたくさんだすという方向になれば、それが一番だと願ってはいるが、そうならないと思うのが普通の考えだと思う。

 では、今年の基準はどのくらいになると思えばいいのだろうか?普通この辺りは慎重な発言を要求されるのだが、全く個人的なブログの気楽さと責任の無さで、大胆に予想すると、
構造以外は足きりが14点、合計63点という逆補正が発生するのではないか。などと心配をしている。勿論、外れることを願ってはいるのですが・・・・・。

いずれにしても、受験者の方には「学科試験お疲れさま」の言葉をおくります。しかし、ここで小休止というわけにはいきません。学科試験に手ごたえのあった受験者は、明日からは設計製図の準備です。相当に手ごたえのある課題ですので、ハードな試験が予想されます。具体的には、ランクⅣ(失格者)やランクⅢ(知識及び技能が著しく不足)の該当者が40%程度は出てしまうということです。学科試験合格の先行きがこれでは、悔しすぎませんか。そうならないよう、あと二ヶ月、たった二ヶ月です。9月12日に笑えるのは、今日合格を確信した人の50%なんです。

    ・・・・・今日は、ここまで。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )
« W杯 ドイツ W杯終了 »
 
コメント
 
 
 
はじめまして。 (みお)
2010-07-11 18:59:59
とってもいいブログを見つけた!と思いました。これから大いに参考にさせてください。

いきなりですが、製図試験にあたり、「これは記入しておかないと、ダメでしょう」という事項を、もし教えていただけたら、大変嬉しいです・・・ありすぎると思いますが、ぜひお願いします!
ちなみに今気になっているのは、立面図の寸法です。
まだテキストをなにも買っていないので、本にも載っている内容かもしれませんね、申し訳ないです。
 
 
 
立面図の寸法? (shiba-manntarou)
2010-07-13 00:53:51
はじめまして、みおさん。
今年受験ですか?独学は大変ですよ。
立面図の寸法が気になっている。とのことですが、
立面図に寸法を記入する必要はありませんよ。
とにかく、まずはテキストを数冊購入して、熟読してからですね。頑張ってください。
 
 
 
はじめまして (ゆり)
2010-07-15 14:28:09
こんにちわ、過去の記事も読ませていただき
とても参考になることがたくさんありました。
目からウロコです^^

しかし…とりあえず今年は独学で…
と思っていたのですが自信がなくなりました…。
市販のテキストは参考にならないのか
…といま内心かなり焦っています…。

これからブログを拝見させていただこうと
思っています。よろしくお願いします!
 
 
 
はじめまして (001)
2010-07-20 16:06:42
突然、失礼致します。

自己採点によれば、試験2年目にして初めて製図試験に臨むことになりそうです。

現在、参考書を頼りに独学にて勉強中ですが、調べ物中にこのブログを発見、拝見させて頂きコメントさせて頂きました。


私は北海道にて受験します。

課題は、全ブロック共通とのことですが、

①矩形図、立面図を描く際、北海道仕様(凍結震度・根太の寸法、屋根の勾配等)の図面にするべきか、どうなのか?

②地域により、採点に影響のあるポイント?

以上について特に触れられている資料がなく、このことについて教えて頂けると大変ありがたいです。

よろしく、お願い致します。
 
 
 
試験と地域特性 (shiba-manntarou)
2010-07-22 22:08:07
はじめまして001さん
北海道や沖縄県などにいる方は試験での地域特性などは、やはりすこしきになりますね。
しかし、試験では一切関係ありません。
この試験は東京の人が北海道で受験する事も可能です。地域特性を製図に反映しなければならないときは、課題文に支持があります。つまり指示が無ければ考慮しなくていいのです。
ただし、その地域で既に実務経験を積んでいる方は無意識でそれを描いてしまう場合もあります。その場合はそれが正しければ、減点にも加点にもならない。とおもいます。
時間との戦いにもなりますので、指示が無い場合は余分な事はしないほうがいいですよ。
 
 
 
ありがとうございます。 (001)
2010-07-25 23:08:58
お返事ありがとうございます。

今まで見た参考書には、参考に申し訳程度に記載はあるものの、詳細や説明がなく、

「結局どうしたら良いの?」

と悩んでいましたが、お返事を頂き安心致しました。


また、質問させて頂くかもしれませんが、宜しくお願い致します。ありがとうございました。
 
 
 
お返事ありがとうございます! (みお)
2010-07-29 13:01:01
立面図の寸法、ありがとうございます。

いろんな方の意見を踏まえ、建築士会主催の講習会に行くことにしました。
うちの県ではやってないので、隣の府まで行きます。
今週の日曜日からですので、それまでにみんなに追いつけるくらいには書き込んで臨みます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。