幸せ未来

この地球に住むすべての人々はもちろん全ての動植物が
幸せを実感できる。そう思える日本、世界を願い目指すブログです

病気のない社会は国が困る?

2016-09-18 18:23:13 | 病気のない幸せ人生
最初に ポッチ! して頂ける方はこちらでお願いいたします!

生き方 ブログランキングへ


日本の国税の収入は

平成24年度で約58兆円

そのうち約45兆円が

法人税、所得税、消費税です


それぞれ1/3くらいの比率です


それでは皆さん

その税収がどの職業からの

税収が多いか?

ご存知でしょうか?


日本には大きな会社が多く

有名な自動車メーカー

評価の高い電機メーカー

災害や公共事業、住宅ローン減税で

恩恵があり

仕事がより多い建築業


でも税収は売り上げでは

ありません


つまり利益なのです

日本を代表するトヨタが

すごい売り上げをあげている

にも関わらず税金を納めて

いないのは皆さんも

聞いた事があるかと思います


輸出産業は消費税を免除されるため

多くの会社は売り上げの割に税金を

納めていません


それではもっとも税金を納めている

産業はどこでしょう?


それは医療業界なのです

医療は病院や薬局の他

製薬会社、マッサージ業界

医療機器メーカー、介護用品

ディサービス、ヘルパー

医療保険関係者、ドラック店など


その裾野は広く、国全体では

多くの売り上げがあります

また患者数や薬を求める人は

毎年増えており

他の産業より実は成長産業なのです


日本の税収の約半分が

医療産業関連とも言われています


よく健康保険は赤字だから

みんなが健康になれば

国は助かる、、

という話を聞いた事があります


そこで健康保険の収支を調べてみると

健康保険収入は約14兆1000億円

病院等への支払い総額は13兆8000億円


しかし市町村への補助金を考慮すると

平成24年度の収支は 3055億円の

赤字と発表になっています


一方医療関係からの国の税収を

仮に20兆円と少なめに見積もった場合


医療保険の収支を合わせようと

本当に病人が減ったらどうでしょう

仮に病人が1割減っただけでも

単純計算で少なく見ても

税収は2兆円も減るのです

おそらくは固定費は同じですから

利益は半減すると思われます

その場合税収は5〜10兆円

くらい減るかもしれません


健康保険支出も1割減りますが

保険支出より税収減の方が大幅に

大きい事がお分かりでしょう


もし病人が半減すれば、病院の

人員削減や縮小はすぐには

難しいと思われますので


おそらく医療関係は利益が出るどころか

赤字になる可能性が高いでしょう


ですから、国としては

表向き国民が健康へ、、と

いいながらも内心は病人が

増える事を期待している

そうしないと国の税収は

消費税の増税どころの

話ではない事は理解出来るかと

思います


この事は日本だけでなく

世界中の国が同じような

状況なのです


ですから、国レベル

世界レベルで、病人は減らす訳に

いかない事情があるのです


そして検査機器など

固定費が跳ね上がる

病院は患者を探している

現状なのです


よくこうすれば、健康になる

具体的な話の内容は

国、世界レベルの話では

その逆の事を言っていると

解釈した方が、もしかしたら

合っているのかもしれません


このような現状を考えれば

自分の健康は自分で考えて

自分で守る時代になっている


そう考えた方が良さそうですね

今回は関連話題を

姉妹ブログいやしの里でも

取り上げています


いやしの里のブログはこちら


本当の健康な人生を目指したい方はポッチよろしくね!

生き方 ブログランキングへ
『健康づくり』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農薬は負のスパイラル!? | トップ | 毎晩の来訪者 »
最近の画像もっと見る

病気のない幸せ人生」カテゴリの最新記事