さしもしらじな。

萌えと趣味の話をこっそりボソボソするブログ。

それぞれの極。

2016-09-19 12:52:50 | ゲーム関連

とうとう、とうとう薬研の極がきますな……鯛将、もう感無量です(´;ω;`)

新たなセリフも増えると思うけど、多くの審神者を陥落させた「柄まで通ったぞ!」を超える言葉は見つかったのだろうか。
そのセリフはもちろんピカイチだけど、個人的には軽症を負ったときの「まだまだぁ!」がとても好き。薬研っぽさが凝縮されてる気がする。
でも良かったー、ぶっちゃけ、薬研をスッ飛ばして後藤くんとか博多くんの極がきたらどうしようって思ってたから。
焦らしに焦らすくらい、薬研が人気だってことですかね! 実装された暁には、萌えの過剰供給で息絶える鯛将たちの屍があふれるんですな……(´・ω・lll)
とにかく、めで鯛! 天に召される覚悟はとうにできているので、活き造りでも何でもしてくれ! という心持ちです。


そして、我が本丸の秋田くんが修行を終えて帰還しました。
手紙の内容が内容だったから、無事に帰ってきてくれるのか、元気に戻ってきてくれるのか本当に心配してて。
けれど、とても凛々しくなった姿を見て、審神者、安心しました。
内心では様々な思いが渦巻いていただろうけど、まだ消化できない想いなんかもあると思うけど、審神者はいつだって味方だし、必死に支えるからね……
と改めて思った今回の修行でした。
そんな思いで見るからか、何となく秋田くんが無理をしているようにも思えて……でも、これから共にガンガン強くなってこう。いつだって傍にいるからね!

そんな、ふた振りの極の話でした。


ここからは独り言。
サービス開始からしばらくは「短刀は役立たず、いくらでも手に入る消耗品」みたいな認識のプレイヤが少なからずいて、
二次創作でもひどい目に遭う短刀たちの話があふれてて、本当に悲しかった。
私の投稿作の中で一番ブクマをいただいている「薬研奪還作戦」は、あまりにも哀れな薬研が出てくる二次小説、
それも注意書きやタグに一切の気遣いがなく公開されていたものを読んでしまい、あまりのショックに身が震えるような思いを抱きながら
「だったら私が、薬研がどれだけいい刀なのか、どれだけ魅力ある刀剣男士なのか書いてやる、書いてそのことを証明してやる」
という強い決意と愛情をもって書いた話だ。
自分の好きな刀剣男士がボロクズみたいに扱われ、その様を公開され、多くの人間がそれを支持しているのがもう本当に悲しくて悔しくて、
目にものを見せてやる、と思って書いたものだ。
ありがたいことにその気持ちは他の薬研好きの方々に伝わって、今でも共感してくださる方がいる。
そのことがとても嬉しい。
そして、極が実装されたことで皆が短刀を大切に思い、大事にしてくれるだろうことが嬉しい。
今はもうタグやキャプションでの注意喚起や住み分けが浸透して、私が読んだような内容の作品も見かけなくなったけれども、
もう二度とあんな作品は目にしたくないし、あんな気持ちにはなりたくない。
そして今でも、刀たちを踏みつけにし貶める内容を考え嬉々として公開していた人々は、本当にゲームをそして刀剣男士たちを愛していたのだろうかと疑問に思う。
悪い意味で私はあの作品を忘れないし、作者とその作品を好きだと思うことも絶対にないだろう。

二次創作は、原作への愛と萌えがあることが前提。

そんな当たり前のことが忘れ去られた時期がとうらぶにあったことは、忘れてはいけないことだ。
今は平和になったからこそ、こうして振り返って言えることなんだけどね。

私はこれからも、愛情をもってとうらぶの二次小説を書いていきたい。
……なんてセンチになる、いち審神者なのであった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長い話を書く者を追い出す算... | トップ | なんかスッキリしない……(愚... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん)
2016-09-19 17:28:32
すごく分かります(´;ω;`)ウゥゥ
私もどれだけのたぬきの惨い話に心を抉られたか…。
たぬきや薬研だけじゃなくて、みんながあらゆる話の中であり得ない扱いを受けていたし、ゲームの中でも気に入らないことがあると腹いせに簡単に折られたりもしていた。
そんなの相手にするだけ馬鹿みたいな声もあったけど、悔しくてたまらなかったし、すごく悲しかった。
あの思いを、あの時代を忘れない。

秋田くん、おかえりなさい(*´ω`*)
鯛将、薬研の極、もうすぐですな! おめで鯛(*´ω`*)
Unknown (pada01)
2016-09-19 18:15:09
本当に異常でしたよね、あの頃の空気。
どこもかしこも殺伐とした話ばかりで、そういうのが持ち上げられてランキング入りして……作り手同士もギスギスしていて、本当に不快でした。
みんなが蹂躙し尽くされた暗黒の時代でもありましたよね……本当に悲しくてつらかったですね(´;ω;`)
だから、今の空気がとてもうれしいです!
それと同時に、二度とああいうことがないように祈りたいです。

秋田くんが無事に戻り、次は小夜ちゃんが旅立っていきました(*'ω'*)!
薬研の極、楽しみです!(ビチビチ
 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL