shetland'A blog

前十字靭帯断裂からの復帰&介護と趣味の毎日

葉蓋と洗い茶巾

2017年07月13日 | 茶道
2017/07/12(水)
洗い茶巾と葉蓋の稽古。
葉蓋のときは末広籠がよく使われるけど焼き物でも可。
水指を勝手付けに置いて総礼。
拝見の申し込みは釜の蓋を閉めたとき。
柄杓は持ったままこれを受けてすぐに建水に預ける。

拝見が申し込まれないときは、すぐに柄杓を横にして蓋置き建水ともって帰る。

洗い茶巾
茶碗で総礼
今回は水指が葉蓋なので、水指で総礼。
洗い茶巾は茶碗に仕組んだ茶巾を引き上げ二つにおり一度茶碗の上で軽く絞って、その後建水の上で固く絞る。
建水は唐金を使った方が絞った水の落ちる音が良さげ。

気をつけるところだなあ。

長板の二つ置きもあった。
これはやはり仕覆の位置に注意が必要。
蓋置きは竹。

復習、復習。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無事 | トップ | 源氏物語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。