眠りたい

疲れやすい僕にとって、清潔な眠りは必要不可欠なのです。

月の住人

2016-10-25 | 
まどろみの螺旋階段
 どうやら此処は現実らしい
  ポケットウィスキーを舐めながら
   徘徊した路地は地図の存在意義を消失さす
    何処だい、此処は?
     誰かが酔っぱらって埃だらけの地球儀を持ち出した
      たぶんこの辺。
       小さくて長細い地表に
        赤インクで印しをつける
         此処かい?
          僕は世界の広さと小ささに呆れて
           そうっと煙草に灯を点けた

          空は澄み渡っていたし
         コンクリートの壁が
        微熱を帯びた身体の熱を放出さす
       嗚呼
      路地裏の店を物色した
     夜の帳が幕を引き
    深夜と呼ばれる仮想の夢を賛美する
   月面のクレーターには生物が存在するんだ。
  少年が月夜の空を見上げて酒を煽った
 ニュースを見なかったのかい?
連絡船が宙から帰還したばかりさ、生物の痕跡など欠片もなかった。
 訳知り顔の酔いどれが少年の言葉を皮肉に冷笑した
  でもたぶん。
   たぶん月には知的生命体が存在するのさ。
    少年は店の裏口のゴミ箱に登って大声で叫んだ
     
     「コチラ地球デス。聴コエタラ連絡ヲ。」

      なんだい、それ?
       僕はウィスキーをごくりと飲み干して尋ねた
        月の住人に信号を送ってるのさ。
         そんな事くらい知らないで。
          不服そうに少年が僕のウィスキーを取り上げた
           返事が返ってこないよね、いつも。
            少年は笑った
             100年前から信号を送っているんだけれど・・・。

              暖かくなってきた
               もう春の訪れがショットバーの
                小さな花壇にも花を咲かせた
                 青い花

               或る人が旅立つ
              僕らは哀しみにくれながら
             彼女にメセージを送り続けるだろう

           「コチラ地球デス。聴コエタラ連絡ヲ。」

          ゴミ箱に登っていた少年が
         派手に転んで地面にへばりついた

        そうしてその瞬間に想ったのだ

       此処は本当に地球だったのだろうか?

      花壇に咲く青い花

     青い月夜のささやかな幻想


『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 白い記憶の断片 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事