メリとイオ ♪バイオリンのおけいこ♪ その先には

2005年生まれの長女メリと2009年生まれの長男イオ。
日々の記録を綴ります。

反抗期

2017-06-26 10:31:00 | 日記
最近、反抗期に突入したようです

もともと切れやすい性格ではあったが、本物の反抗期を目の当たりにし、
なんぼ成長の過程とは分かっていても、腹立つことが多々・・・

自立に向けての心の成長段階と思うのですが、些細なことですぐに直球で
倍返しで言い返しにきたり、私、不機嫌やでアピールや態度。。

私自身も反抗期があったので、今ようやく親のしんどい
気持ちがよ~くわかります

親はこの反抗という魔物から逃げるわけには
いきません。。
親も苛つきながらも、そっと見守って
あげないと余計、反抗の炎がメラメラと広がるので・・・
色々、神経を使いますね~~

でも私は楽観的なので、笑いながらパパやママ友に
反抗話を聞いてもらっています

つい先日、音教に送っていく道中、メリから・・・
『ママ、メリ反抗期やな。。。』と自分で言い出し、
なんだか可愛くて笑えてきましたが、また笑うとややこしい反撃に
遇いそうだったので(笑)

そうやな~反抗期は誰でもあることやし、成長の1つ。
ママも反抗期あったから、、まだ自分で自覚あるだけましちがうかな~等・・・
言葉を返しておきました。

宿題もだんだん量が増えている、、
練習時間があんまりとれなくても、いままでは練習意欲はあったのに、
最近は宿題へのプレッシャーや心の成長による反抗期間のためか?練習に対して
意欲は薄れ、めんどくさがり、しんどさをアピールするように・・・

コンクールも参加すると決めたのに、この状態で大丈夫なのかなぁ~と心配。。
勉強のために新たな課題曲も練習課題になったのに・・・
練習しないと、技術が衰えるよ~と言うと、
『そんなん分かっててるわ勉強もせなあかんのに練習練習って。
そんな時間ないわどんだけ大変か分かってないやん』と
強烈な反撃を受ける。

強制されると嫌、でもほっとくとしない・・・どうしたもんか??

あ~ややこしい

オケの曲と練習曲を合わせると8曲にもなり、そのしんどさもあるとは思う
オケの曲は結構難しいし、また新たな曲の譜読みなど音楽のお勉強もレベルが高くなり
確かに大変だとは感じますが・・・

まず7月の演奏旅行を終えないと、メリも落ち着かないのかも・・・

それまでメリの反抗期にお付き合いし、なるべくそっとしておこう~っと
恐るべし、、反抗期


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のコンクールは…

2017-06-19 15:10:25 | ヴァイオリン
毎年参加しているコンクールの申し込みが近づき、
あっという間に1年が過ぎ、また夏がやってきます

去年は毎コンという無謀な挑戦。。
ハードルの高すぎる曲と厳しい審査結果に
心が折れ、もうバイオリンは
気楽な程度でいいと思ったりしましたが、
過ぎてみればいい経験
と勉強になったと思えます。

今年は受験を控えているために、バイオリンとの両立は
かなり厳しい状況。
コンクールは参加しなくてもいいと思っていたのですが、
関西弦楽だけは参加するとのことで、
メリの意志を尊重することにしました。

毎コンは今のメリにとってはストレスにしか感じないようです。

本人が日本1を目指したいという揺るがない意志がない限りは、
参加しても意味がないと
思うので、もし、奇跡的にそんな気持ちになった日が来たなら、
応援したいとは思っています
まだまだそんな気持ちは全然ないメリです

中学校選びに関しても、音楽科のある某中学校にはちょっと興味はあるみたいですが、
もう少し学力が高い学校に行きたいし、音楽科に行ってしまうと音楽の道しかないから
メリはそんなの嫌とはっきり宣言していました。

バイオリンの練習は音楽科にいけば、家でそんなに練習しなくてのいいんちがうかな~というと
にんやり笑い『それはいいな~でもやめとく。』と。

将来の夢はまだわからんと言ってるので、時間をかけて自分の進む道を
決めていってくれることを願います

今年のコンクールは練習時間がないため難曲は弾けませんが、ひと夏の思い出と経験のため
に、またあの素敵な舞台に立ち、我が子の成長した演奏を聴けることがとても楽しみです
先生も気合い入ってきていまして、来週から新たな課題が増える予定
頑張れるかないや、頑張らないといけないな~



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう6年生

2017-05-23 23:39:37 | 日記
毎日、塾や宿題、合間にバイオリンの練習と時間が足りない日々が続いています。

今日も21時半まで塾、明日も塾。。
練習時間は殆どとれずに木曜日のレッスンを迎えるという繰り返し

先生は受験のことを理解してくれているので、レッスンもゆっくりでなかなか次の
ステップにには進みません。
でも、最近はわずかな時間を見つけて自分で練習をしている。
根気よく磨きをかけるまではしませんが、弾きたい気持ちはあるようです。

本当に少しずつ少しずつではありますが、音楽に対する自信や好きという
気持ちも増えてきたみたいで、母としては今まで積み重ねてきた事が、
実になってきつつあるのかな~と嬉しく感じています。

小学校も最終章。

音楽教室に通い始めたのは小学1年生。
バイオリンを習い始めては8年が過ぎます。
ピアノは年長から現在まで。

音楽と共に過ごしてきたメリはどんな人生を送るのだろう~

まだこれになりたいという意志はないですが、舞台に何十回と立った
経験やつらい練習に耐えてきたこと、音楽仲間ができて楽しい思い出がたくさん
できていることなど、メリにとって人生の基盤が育ってくれていると信じています

学校も楽しい~休みなんかなくていいと毎日、早い時間に家を出て、先生やお友達と楽しい
時間を過ごしてくれています。
とても活発で明るく特に問題ない生徒だと毎学年先生に言われています。
ノートの書き方、まとめ方は学年トップですとも評価され、メリの頑張りと
楽しく勉強もしてくれているんだな~と感心

低学年のうちはそばについて勉強を一緒にしたり、バイオリンの練習に付きっきりだったり・・・
胃が痛くなるほど神経をつかっていた日々が、今やしっかりと自分のすべきことはこなしている。
その姿を見る度に嬉しさと寂しさが・・・
でも間違いなく健康に育ってくれている。感謝しかないです

今年はバイオリンに関しては、たいして練習はできないのでコンクールはどうなるか分かりませんが
挑戦はしたい気持ちはあるようです。
先生も毎年のお祭り行事みたいなもんだから、参加してもいいんじゃない?と。
まだ考え中・・・

7月15日には淡路島で演奏会があるのでオケ練習も大変そうです
毎週土曜日、20時半まで練習に励んでいます

今年はしんどい年だけど、親子で乗り越えようね~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初、決断・・・

2017-03-16 10:47:32 | ヴァイオリン
春休みまであと3日となりました。

メリは受験もあるため塾通いや宿題に追われる
合間に練習をしたりはしていますが、以前に比べと
バイオリンの練習時間もあまりとれなくなっています。

1年生から通っている相愛音楽教室も今年は受験勉強のために
休学するか、いったん辞めるかを自分でどうするのか考えさせていました。

先日、音教に届けを出す期限がやってきました。

私は、休学して1年間は受験を頑張ってほしいという考えは大きくありながらも、
でも辞めるのはもったいないなぁ~
と色んな葛藤を抱えながら、とりあえず休学届を書いておいた

パパはメリがギリギリまでいっぱい悩んで自分自身で決めればいい。
せっかく今まで頑張ってきたんやから、パパは応援すると。

親のそれぞれの思いをメリに投げかけて、メリが出した答えは・・・

『音教は続けて行くしんどいけど頑張るわ~』と。
私は、メリ自身が迷いながら答えを出したことを褒め、成長したな~となでなで
自分の決めたことに責任を持つことも今後大事なことなので、自分で
休学届を破って捨てるように伝える。
メリは何故か、スッキリした表情で破り、捨てていました

今まで親の言うと通りに頑張ってきてくれたメリ。
パパは子供のために一生懸命働き、稼ぐ。
ママは環境を整え、送迎や行事ごとはきちんと参加したりサポートしたり。

今思えばよく頑張ってきたな~みんな
これからも親は今まで通り頑張らないといけないし、メリはメリで
自分が決めた方向を向いて頑張っていく

音教を続けると自分で決心した日から、メリはひと皮むけたみたいで、
自分でバイオリンケースを開けるようになりました
練習も嫌がらなくなってきたし、やらないとという意思が
見受けられます
今回の音教休学問題で、親子共にまた成長できたと思います。

音楽と勉強の両立は大変ですが、メリの力を信じて応援していく
ことにしました

来週は連日オケの臨時練習、演奏会本番、発表会の伴奏合わせなどあります。

パパの夢はメリがヴァイオリニストになること

たまにコンクールで日本一になったお子さんのTVを探して見ては
ウルウルしながら、メリも努力したらなれると必死に
訴えているときがあります。笑

メリはちょっと、うっとおしいオーラをだしながらも、パパの思いを
クールに聞いてやっています

私は本人がこれとしっかりした意志がない限り
目標にも近づけないと冷静に言っているんですが、、、

日本一になっているお子さんと親御さんは音楽に対する絶対に揺るぎない
魂が根にあって、人生を捧げている。すごいパワーの持ち主。

私にはそういう器もないし、音楽には無知。。
メリごめんね~と何度思ったことか
私の中ではメリは日本一頑張ってくれている娘やけどな~と。親バカ

とりあえず、1つのことを続けてやっていれば、きっといいことあるかも
と常に私は楽観的なんですが。笑

今年はコンクールは出ないって言うやろうな~と思っていましたが、
毎年出てるコンクールは出るらしい。。
自分から『出る』と言ったのは初耳

少しずつですが、頼もしく育ってくれている子供達に私はいつも感謝

先日、五ッ木の駸々堂テストを初受験してみたのですが、
受けるまではメリは不安でギリギリまで嫌がっていた。

『初めてのことは何でも緊張するし不安なのは当たり前。大人でも一緒。
メリが初めて舞台で演奏したときは年長さんだった。凄い緊張してた。
でももうメリは何度も舞台に立ち、よい緊張感の中で、いい演奏をしてきた。
いい評価をもらえたこともあったやん。だから受験も一緒。経験を積んで
頑張れば頑張るほど結果は付いてくると思うよ~など』話をしてやると、
少し落ち着いたのか、テストも最後まで頑張れたと。

次も受ける~と意欲を見せていました。

4歳からバイオリンを始め、音楽を続けて色んな経験を重ねてきたことは
今になってすべてのことに生きてきてるな~と。
音楽だけじゃなくて勉学に対しても諦めない心、乗り越える力を身につけて
いってくれていることに喜びを感じます












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 酉年

2017-01-17 10:36:07 | ヴァイオリン
2017年(酉年)となり、また新たな気持ちで
たくさんの事を頑張っていこうと思います。

酉年といえばメリの生まれてた年。
春にはもう12歳になるんだ~と成長をしみじみ感じる私。
あんなに小さかったのに、今では立派な言葉も言うようになり、
反抗もし、意見も持つようになり、自分の事はだいたいできるように
なった。

学校は大好きで、良き友達や先生に恵まれ、メリは自分が置かれた環境の
中で存分に楽しんでくれています。

何より健康であることが1番嬉しい。
年長の時に川崎病になり入院しましたが、それ以降はもの凄く元気で体調不良で
学校を休んだことは1度もないメリ
今年の春で年に1度の心臓の定期検診はようやく終わります。

今年は春にはオケの演奏会、発表会が控えています。
また中学受験まで1年切りました

いよいよバイオリンに重きをおいていた日々から勉強に方向転換
しなければならない時期がきました。

先週の土曜日には6年生全員が受験をしました。
それをきっかけに今後の計画を見直し、バイオリンの先生にも
相談したりと焦る私

メリは友達が受ける中学校受けようかな~とか色々迷っています。
しかしメリは塾は行っているものの、他のお子さんはすでに週4回とか
先取りの勉強を積み重ねてきているので、簡単にレベルの高い志望校
を目指せるわけでもなく…
周りの友達の影響もいい刺激となりメリも受験に対する意識は持って
いるので、あとはこの半年でしっかり見極めることが課題です。

バイオリンの方は来春からはソルフェージュ授業は休学し、オケだけに
する予定で、その分、塾に費やそうと思っています。
メリは行きたいといってますが…

練習時間も今までよりも短くなるであろうし、コンクールも今年は
参加できないかもしれない。
でも先生は、
『短い時間でも練習は休まない方がいいです。技術なんで
休んでしまうと戻すのに時間がかかるし、しんどい思いをします。
コンクールも無理してでる必要もないです。など』
受験優先への理解とアドバイスをしてくれました。

コンクールは毎年ありますが、受験は1回限り…
その1回限りの受験を成功させるために今年は頑張ろうと思います

人生の分かれ道まではいきませんが、選択をしなければならない時期
がとうとう来てしまいました。
両方頑張れれば1番いいのですが…

フルサイズのバイオリンにも大分慣れてきて、発表会の練習や
クロイチェル、セブシック、カールフレッシュなど細かな練習も
していてバイオリン道も大変です。。

メリはバイオリニストになりたいと目覚めてるわけでもない…
色んな事に興味がある子なんで、ガッツリ、バイオリンだけを
したいわけでもない。

でも音楽は好き、バイオリンも好き。

バイオリン道、8年目。

メリ自身が自分の意志でしっかりとした夢をもつまでは、
細く長くでもいいからバイオリンは絶対続けていって
ほしいな~












コメント
この記事をはてなブックマークに追加