メリとイオ ♪バイオリンのおけいこ♪ その先には

2005年生まれの長女メリと2009年生まれの長男イオ。
日々の記録を綴ります。

いよいよ夏休み

2016-07-15 11:37:15 | 日記
あと2日で1学期も終了し、夏休みに突入します
暑さでこども達はちょっと疲れ気味ですが、体調も崩さず
2人は無遅刻、無欠席で頑張っています

イオは1年生生活も少しは慣れてきていますが、やんちゃなのでたまに先生から
電話が入り指導が入ったり、謝ったり…色々と気を遣いながら、心配しながら
の日々でした
改善するように毎日イオに注意や言い聞かせたりしているうちに、少しずつですが
イオも落ち着いてきたように思います。

特に電車通学なのでお友達とはしゃいだり、手を引っ張ったとか細かなトラブルが
あるようです。親の目が届かないところで何をしでかすか毎日ドキドキさせられます

学校はマナーや心の教育、お勉強に対しては熱心で厳しいので余計に気を付けなければ
ならず…
ハア~落ち着くまではまだまだ時間がかかりそうだぁ~

先週、イオは空手のテストがあったのですが、意外に頑張っていて格好良かった
明日、結果が分かるようなのでイオも楽しみにしています。
合格すれば、青帯になるんですが。果たして…

メリは毎日練習は頑張っていますが、疲れが出ているのか?練習中に居眠りしたり
やる気も今ひとつ。

昨日もレッスン時、音階練習が丁寧に出来てない、何回もしっかり丁寧にと言ってるのに
気を付けて丁寧に練習しなきゃダメと注意を受けたり、曲のほうも
自分で意識して綺麗に音出せてるか、歌えてるか、音に磨きをもっとかけないと
などたくさん指導を受けました
レッスン後、メリに
~先生の言うと通りにしっかり練習せなあかんっていつも言ってるやん。もう
 いい加減、気持ちを引き締めて頑張らないと…後で頑張っといた方が良かった
 って思っても時間は戻らないし、後悔するよ。メリには神様から人を
 感動させられる能力を与えられてると思うし、その力を大きく伸ばして
 成長させないともったいない…いま努力しないといつするん?~など
またまた私の小言をいいながら帰宅。

練習はするようになったけど、メリの練習の仕方が問題なんやろうな~
やっぱり横でべったり付いて、ヤイヤイ言わないとちゃんと出来ないのかなぁ~
努力する才能がないのかもね~と昔、先生に言われたことがあり、これは
能力と性格、精神的な成長の差もあるのかなぁ~とか色々考えますが
なかなか親の言う言葉や思いに向き合ってくれないもんですね

まぁ~私もメリ位の時は親がうっとうしくて言うことなんか
聞いていなかったような…
習い事も、勉強もなんにもせず、ひたすら友達と外で遊んでいたなぁ~
そう思うと私とは違い、メリはよく頑張っているし偉いなぁ~と思える

本人の意識が変わる日が必ず来るので、それまでは見守るしかないですね。

コンクールの参加証が届いたり、夏休みの宿題をもらったり…
いよいよ暑い夏の始まり始まり






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽曲テストも終わり…

2016-06-20 12:38:25 | ヴァイオリン
先々週の土曜日に楽曲テストの結果をもらいました。

結果はまずまずでしたが、バイオリンの先生は
『今までで一番評価がよかったんじゃない最後の伴奏合わせの時のように
 弾けたんだろうなぁ~と想像できましたよ。今まではコンクールのためにと
 仕上がってないままにテスト受けてたけど、今回は発表会で弾いた曲だし
 良かったんじゃないの~。』
とメリの頑張りを笑顔で褒めてくれていました。良かった~

楽曲テストが終わってから、コンクールの曲を本格的にレッスンをして頂いています。
難しい曲なので先生にたくさん指導されるだろうなぁ~とドキドキしながら
先週レッスンに向かいました。

いざレッスンの時間。

相変わらずメリは小声で挨拶

まずカールフレッシュの音階を弾きましたが、練習が雑で嫌いなので1つも進めていません
コンクールの曲の練習もあるので、同じ音階をゆっくり丁寧に練習をしとくように指導

次はコンクールの難しい曲の初弾き。初めて先生に聴いてもらいました。
最近きちんと練習するようになってきたのもあってか、先生に音程とか
あまり指摘されないまま…
『そうねここの指番号どうしようか?ポジション
このほうがいいかな~』など前向きなレッスンだったので想定外でビックリした私
先生の『そうね』は、ほぼ良いという意味。
先生とは長いお付き合いなので言葉の意味が分かるようになってきています

メリも成長していて、先生の指摘や指導を以前なら上手く出来ないとガンガン汚い音で
弾きまくって先生に苛立ちをぶつけていたのですが、5年生になってからはそういう事は
しなくなっている。
1人で練習も始めることが出来るし、難しい場所も何度か弾ける様になるまで
練習するようにもなってきている。音階以外は…

練習中も苛つかない、時にしんどい~といい座って練習することもあるけど
音楽に対して大分向き合える様になってきている感じがします。

先生が以前『子供は突然化けることがある』と言っていたのを思い出しました
メリもたくさんの経験、積み重ねの中でたくましくまた大きく成長してくれて
いるので、ようやく自分自身の力が自信に繋がり、頑張ろう~という丈夫な踏み台を
築き上げつつあるのかなぁ~と

自分の行きたい中学校に向けて、勉強も頑張ると、時間あれば
自分で宿題を多めにしていたり…
努力すれば目標に近づくということがだんだん現実として
理解出来てきているようでしっかりしてきたなぁ~と感心させられたり。

来月の16日で1学期も終業します。
期末テスト、イオの空手テスト、個人懇談などなど控えている…
頑張ろう~~

今日からパパはミャンマーに出張へ
私も行きたかった~









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学校での出来事

2016-06-09 09:48:40 | ヴァイオリン
昨日、学校から帰ってきた時の話。

「今日、音楽授業あってんけどバイオリン弾いた

えっ学校にバイオリンあんの?と私。

クラスのみんなの前でバイオリンを弾いたことにもビックリ。。。
舞台の上以外は他人に演奏を聴かせるのは恥ずかしくて、苦手なメリなのに何で
メリがバイオリンを弾くことになったのか?聞いてみました。

「今、音楽授業でオーケストラの勉強してるんやけど、先生が
バイオリン(卒業生が学校に贈呈したらしい)持ってきてて
○○さん(メリ)弾いて下さいとお願いされてん。」と。

バイオリンと先生が言うだけで、クラスメイトがメリの方を
注目したので、メリは嫌だ~ということが出来なかったらしいです

ジブリの~君をのせて~を楽譜なしで弾いたと。
でもメリは知っていた曲なので楽譜無くても弾けたらしい…
そういえば耳コピは幼稚園から得意だったなぁ~

自慢が嫌いなメリなので自分からはバイオリンをしているとか、
私が弾いたげるとか一切言わない性格です。

でも2年前までは、学校に入賞した賞状を持って行くと
全児童の前で校長先生から表彰してもらえるという総会があったので
頑張っていることを知ってもらう、メリの自信になればと、思って
1年生から3年生まで表彰してもらっていたので、学校では
バイオリンといえばメリ、という意識を持ってもらっているようです。

頑張っていることを評価してもらい、また得意技として
学校でも生かすことができてメリ自身も音楽やってて良かった~
一瞬でも思ってくれるだけで、私としては心があたたかくなります。

音楽はだんだん得意~という意識が持ててきているようで、
4年生後半からはリコーダーをみんなの見本になって弾いて~と頼りに
されていたり、成績もグ~ンと上がってきました。(音楽だけです…

今までの基礎力の積み重ねが応用編にもつながってきているんだなぁ~
本当に毎日の練習の大事さを実感させられています。

これだけは負けてないというまた強いものを持っていることは私の憧れ
なので、今回、メリの学校での活躍はとても嬉しくて格好良かった
と、親としても人1人の人間としても尊敬します。

メリはなかなか感情をぶわ~っと表に出さないので、今回のこともサラッと話しただけ。
うれしかった、気持ち良かった、バイオリンやっててよかったとか普通の子供なら
言いそうなことは一切言いません

自分の中で無理に感情を抑えてるわけではなく、メリ独特の消化、吸収能力があると
思えば頼もしいと思え、最近は面白く見守れてます

昨日は塾の懇談もありました。中学校受験に向けての大切な時期なのである程度は勉強させて
下さいと。
難関中学を受験するわけではないので、メリの苦手な算数と理科だけでも頑張ってクリアー
していきましょうと励ましと助言を頂きました。

メリに塾の懇談内容を伝えると、『勉強嫌や~』と。
時間あるときは宿題したら?と言ってもしません。。
その分バイオリンの練習を長くするわけでもなく…

最近は『世界一難しい恋』というドラマにはまりケラケラ笑いながら毎週楽しみに
見ているメリ。私もですが…。。
メリと喋りながら&笑いながらドラマを見れるようになったんだ~とふと成長を
感じた母でした














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4回目の楽曲テスト終了♪

2016-06-06 12:23:55 | ヴァイオリン
昨日、無事に楽曲テストが終了しました

低学年から始まり、ほぼ皆のソロ演奏が聴けました。
低学年のこども達が難しい曲を弾いていたり、懐かしい曲を聴いたり
自分の子供の演奏よりも冷静に聴けていい時間を過ごせたなぁ~

いざ、メリのソロ演奏が始まると冷静には聴けません
音程や表現力など色々気になってしまい、ドキドキの時間でした。
約半年、お付き合いをした曲。
やる気スイッチがあんまり入っていなかったので大丈夫かな~と思
っていましたがメリなりに一生懸命演奏していました。

が…

講堂で演奏を終えた後、めちゃくちゃ不機嫌

もう終わったやん。良く弾けてたし良かったよ~
お疲れさま~と笑顔で迎えた私。

「・・・・・」硬い表情のメリ。
かなりのスピードでバイオリンをケースにしまい、雑に席に座ったあと、
次のお子さんの演奏をブスッとした顔で聴いている

目立って失敗もしなかったし、何でやろう~?と思う私。
原因としては1つ…

最後まで演奏出来ず、あと5秒くらいで弾き終わる時に「チーン
と鳴らされて、いいとこるで演奏を切られたからかなぁ~?
時間制限が多分5分くらいのようだったみたいやし。
他の子も途中までの演奏となったお子さんも何人かいたのを見ていたはずなのに…
と考えながら高学年の演奏が終わるまで様子をみていました。

帰宅しようと講堂を出た瞬間、暴走
また発作が出た~~

家まで歩いて帰るよ~と言うと暴走しながら1人家の方に向かうメリ。
私もパパもメリの性格を知り尽くしているので苦笑いしながら見守りました

家に着き、暫くは不機嫌でしたが少しずつ落ち着きを取り戻したメリ。

理由を聞くと…

「最後まで弾かせてくれへんかったから」と。

他の子もチーン鳴らされてたやん…

「・・・・・・
またぶり返しそうだったので、もう慰めもフォローも今日は止めとこう~と決めた私。

楽曲テストが無事に終わったものの、あとのメリの不穏さにはもう慣れてると言っても
疲れる~~

これからは今夏のコンクールに向けての曲を仕上げていかなければならず…

1つの行事が終わってもまた次の課題があり、オケでは秋の演奏会が和歌山と
琵琶湖で予定されているしどうなるんだろうか…
とりあえず、次のスッテプに向けて気持ちを切り替えてやっていこう~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週末に向けて…

2016-06-01 12:02:42 | ヴァイオリン
2週間前までは楽曲テストの曲はサラッとしか練習していませんでしたが、
先週、伴奏合わせがあり先生に音楽性や表現力を丁寧に指導頂いたことで、
メリも頑張らなければという気持ちになったようでひとまず安心

伴奏の先生とは1年生からのお付き合いになります。
メリも安心と信頼をしているので、先生の優しい助言はすぐに心に響くみたいで
1時間以上の細かなレッスンも素直に聞いてました

あとは毎日磨きあげるだけ

毎日、コンクール前のようにメリの横でヤイヤイ言って曲とメリに魂注入しています。
『ここはしっかり~ここの音に向かって~ここのビブラートは震度7の横揺れみたいに~』
とか…
私に出来ることはこんな事しか無いので、言い続けるのは私の役割と思ってます
いつも「うるさい。黙って。もう分かってる。ちゃんとやってる」と
可愛くない口調で文句を言われる日々ですが…
以前よりはお姉さんになってきているので、許せる範囲かなぁ~

楽曲テストは公開で行われるため、お友達や先生(審査員)がいるので
かなり緊張します。
テストは特に不合格とかないみたいですが、音楽教室のみんなは将来バイオリニストを
目指している人がほとんどですし、上手な子供さんばかりなのでメリも頑張ってよい演奏をして
ほしいと願います
あと4日後にはテスト。この曲も卒業です。

テストが終わると今夏のコンクールに向けて気持ちを切り替えて難曲に挑まないといけません。

先生にもハードルが高すぎると告げられていますが、今年はどこまでメリが高いハードルに
向かって自分と戦えるか?がテーマなので、結果はどんなんであれ挑戦したという経験が
メリにとって必ず生きる力と学びになると信じて、家族みんなで応援しようと思っています。

そろそろ色んなコンクールの参加申し込みを始めないといけません。
覚悟はしているものの申し込みする時って不安になるもんです
大丈夫やろか~?仕上がるんやろか~?練習時間をメリ自身が増やせるんやろか~
などなど。
考えてたらキリがない

とりあえず今週日曜日のテストを乗り越えよう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加