かいぱん。

美味しい写真とshellbread cafe。

姪っ子2号「美桜(みお)」。

2009-04-28 00:15:45 | インポート
_mg_5409


生まれて飛び出てジャジャジャジャ~ン♪


_mg_5335

甥っ子、姪っ子、all stars!!!


Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

出がらし鶏胸肉と干し椎茸。

2009-04-26 10:56:27 | インポート
_mg_5190_3


さて、昨日のダシをとった鶏胸肉と干し椎茸、そのまま捨てたわけではありません。甘辛いおかずにしてみました。

鶏胸肉はテキトーにほぐして、椎茸は細切りにします。
それをタレにつけてレンジでチンっ!!

醤油40cc
味醂30cc
酒30cc
白だし30cc
砂糖大さじ1
鷹の爪少々
水150cc

これでタレを作ります。

ちょっと出かけるので、急いでます。
面白話の一つも書けません。。。
すまんです。

姪っ子2号が生まれたんです!!
出がらしにかまってる場合じゃありません!!!

Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あったか~い海老と小柱のお粥。

2009-04-25 18:24:19 | インポート
_mg_5174


今日は寒いですね。
簡単に暖かいお粥でも作ろうと思い、思案。。
考えてるウチにテンションがアゲアゲに。
結局、簡単にどころかダシからこだわる事になりました。

まずダシの材料(1000cc)です。

・干し椎茸3枚
・昆布15cm
・鶏胸肉(皮なし)を1枚
・鰹節
・塩こしょう

1) 水6カップに干し椎茸3枚、昆布15センチを入れ、20分そのまま。
2) 火にかけたらマメにアクをとりながら10分ぐらいですかね。
3) そしたら鶏胸肉(皮なし)を1枚を入れる。コトコト20分。
4) 飢死に寸前。。
5) もっと簡単にしときゃよかったと思いながらも、アクはマメにとる。
6) 椎茸、昆布、鶏を出して、鰹節を一つかみ入れ、3分煮る。
7) 鰹節も出して、塩こしょうで味を整える。
8) これで約5カップのダシの出来上がり!!
9) パンをカジって延命措置。

ここまではまだダシっすからね。
これ、瓶詰めして冷蔵庫に入れときゃ、ほかにも使えますから。

お粥の材料(1人前)。

・上記のダシ、1カップ
・白粥(食べたいだけ)
・海老3匹
・小柱大さじ山盛り1
・三つ葉
・塩こしょう

1) 海老を殻ごとボイルしたら、皮を剥いて1cm角ぐらいにしておく。
2) ダシ1カップを鍋に入れ火にかけて、小柱、海老の順に入れる。
3) 火が通ったら、あらかじめ器に盛った白粥に2をかける。
4) 三つ葉をちらして、はいっ、できあがり!!

途中、お腹が空きすぎて、パンをかじりながらに。
だったら最初からパン喰えよって話ですよね。。。
でもこのお粥、大人の味に仕上がりました。

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アリガトウナコトガヤッテキタ!!

2009-04-20 19:54:34 | インポート
2008blog_2


おぉ神よ!
おっちゃんに2年越しで託したメッセージとはっ??

・・ぅむむっ・・・くぅ・・。









20092blog_3




わからーんっ!!


Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ニック・ジャガー。

2009-04-12 01:04:09 | インポート
_mg_27612


タイトルの件、ホント~に申し訳ありません。。もう本日この程度しか思い付きません。。。所詮、アッシなんざぁ、こんなもんです。。
ちなみに同じこと考えるヤツ、どんぐらいいるんだろうと思って「ニック・ジャガー 肉じゃが」で検索かけたら780件もいやがりました。終わってますね。。


材料(5~6人前)。

新ジャガ 5~6個
タマネギ 2個
いんげん 適当なひとパック
人参 3本
牛肉薄切り 200g
しらたき ひとパック
サラダ油 少々
白だし どぼどぼってかんじ
料理酒 大さじ9
砂糖 大さじ6
みりん 大さじ5
醤油 大さじ10

01) ジャガイモの皮をむいて水にさらしておく。小さめなら丸ごと、大きめなら2ツ切。

02) タマネギ、人参を適当に大きめに切る。

03) インゲンを1/2にカット。

04) 鍋にサラダ油を熱して牛の薄切りの一口大カットを色が変わるぐらいまでサラっと炒めたら、タマネギ、人参、水気を切ったジャガイモを入れて更に軽く炒める。

05) 水をヒタヒタになるぐらいに入れて、白だしどぼどぼ、料理酒、砂糖を加え、5分煮る。

06) みりん、醤油を加えて弱火でひたすら煮る。

07) 途中でインゲンを投入。すぐに火が通るので、見た目を考えてこのあたりにしました。それとしらたきを入れ忘れていたので、それも投入。でもしらたきもこのへんでよかったみたいです。

08) 30分ぐらいですかね、ジャガや人参が柔らかくなって、味も染みたなってカンジで出来上がり!!


さて味ですが、冴えないおやぢギャグとは対照的にイケてるんです! これも初めて作ったんですが、来てますよ!! 片方悪くても片方いいんです。人生捨てたもんじゃありません!!

追記です。(2009/04/25)
これ、砂糖、みりん、醤油のカウント間違えたみたいです。もう一度このまま作ったら味が濃かったです。
砂糖、みりんはそれぞれ大さじ4、醤油は大さじ5ぐらいでいいかと。。
これを参考に作られた方、申し訳ありません。。

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アリガトウナコトバカリ。

2009-04-08 09:33:20 | インポート
Img_0096aus


誰かと話している時、その誰かのコトバは、神がその人の声を使って僕に贈ったメッセージだ。

春の風が頬をかすめて心地よく感じたとき、その風は、神が風を使って僕に贈ったメッセージだ。

ゴハンを美味しいと思ったとき、そのゴハンは、神がゴハンを使って僕に贈ったメッセージだ。

晴れた空の青さに見とれて、首が痛くなるまで上を見たまま立ち尽くしていたとき、その青は、神が青を使って僕に贈ったメッセージだ。

くるくるテーブルが廻り過ぎてイラっとしたとき、そのイラっは、神がイラっを使って僕に贈ったメッセージだ。

心に何かがふと湧いたとき、その湧いたものは、神が僕の心を使って僕に贈ったメッセージだ。

歌声にシビレたとき、その歌声は、神がその歌声を使って僕に贈ったメッセージだ。

色にシビレたとき、味にシビレたとき、香りにシビレたとき、すべて贈り物。

感謝、無限大。


写真は乾燥したセージの葉。

Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

かいぱん酒造。

2009-04-03 20:35:25 | インポート
_mg_2472


これ、なんだか分かりますか?
そう、できたんです。クコ酒!!
バーテンダーや僕の回りの酒マスターに聞いたら、果実酒は漬け過ぎると苦みが出る場合があるので、様子を見ながら色付きがよくなったら味見をした方が良いとのアドバイス。結局予定通り一ヶ月くらい漬けてるぐらいがいいカンジでした。

さて、出来具合ですが・・・劇ウマですっ!!
飲み方は、ロック良し、ソーダアップ良し。
ソーダアップにカットレモンをちょっと絞る、これサイコー!!
ライムじゃなくてレモンね。
あと試してみたいのは、グレープフルーツジュースで割る、イケそうな気がします。糖分の入らない生がいいですね、きっと。

"Creme de Chinese Wolfberry"
made in Kaipan House 2009

*これもお話の見えない方もおられるでしょう。
2009/03/07「おいっ、指っ!!」参照。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加