上江津湖(熊本市中央区)にて初めてのニゴイのフライフィッシング

2017-07-17 18:28:50 | フライフィッシング釣行日記
こんちには

C-ZAFF JAPAN, KUMAMOTO BRANCH 広報担当 高峰河です。

今回はニゴイ狙いで上江津湖に降り立った。



エアリスタのグローブの筆下ろし式でもある。


#10とか#6とかのデカいフライになるので、かなり久しぶりに6番タックル(9ft)を引っ張りだしてきた。

とりあえずきのうタイイングしたばかりの#10キール系フライを投げてみる。


3X 12ftのバット部分が長めのVARIVAS テーパードリーダー パーフェクションに、初めてのフロロカーボン製ティペット(4X)をつなげた。

と、かなり投げやすい。パーフェクションのしなりとフロロカーボンのターンのしやすさが相まってフライがきれいにターンしてくれる。

が、反応はなし。
ならば山本釣具で買ってきた#6クラウザーミノーはどうか。


と、重すぎてロクに投げれないじゃないかこれ。変なターンをして#6クラウザーミノーという凶器が顔面近くをビュンビュン高速で通り過ぎていく。あかん、これはあかんやつや。しかもバーブを潰さず投げてるから、万が一顔にでも刺さったら、、、ガクブルである。今までバーブレスフックだけ使ってきて顔の近くをフライが通ってもそこまで怖くなかったが、今回は心底ビビった。

結局釣果なし。あたりすらなし。
が、新しいことに挑戦するのは楽しいな。
次は必ずバーブを潰してくると心に誓って帰路に着いた。

エアリスタのグローブは指の根元あたりでリトリーブすればラインの摩擦熱によるヤケドも防いでくれるし、なによりカッコイイしかなり気に入った。

<今回の気候条件等>
天候 = 晴れ
透明度 = クリア
水温 =
ライズ =
ハッチ =
バード = コサギ

<今回の釣果>
オイカワ 0匹
カワムツ 0匹
その他 0匹

<今回使用タックル>

ロッド = CAPS コンボキット パスポート3 9ft #6
リール = 上記セット品
フライライン = 上記セット品
バッキングライン = 上記セット品
リーダー =(ナイロン) 3x 12ft (VARIVAS テーパードリーダー パーフェクション)
ティペット =(フロロカーボン) 4X (TIEMCO フロロステルスティペット)


ロッド = ティムコ(TIEMCO) ロッド ユーフレックス・インファンテ 800-4 オイカワスペシャル
リール = Daiwa ロッホモア-A 100A
フライライン = ティムコ(TIEMCO) ライン SA スープラ JストリームDTT DWF0F ウィロー
バッキングライン = イカリ印 竿巻糸 0号極細
リーダー =(ナイロン) 6x 12ft (ティムコ スタンダードリーダー)
ティペット =(ナイロン) 7x(ティムコ ミスティープラス ティペット)

<今回使用ウェーダー>
ダイワ フィッシングウェーダー FW-4200R

<今回使用バッグ等その他装備>
ポーチ Foxfire minimalist Sポーチ
グローブ Foxfire エアリスタ ノンスキッドグラブ

<撮影>
濡れても大丈夫。iPhone7で撮影。







高峰河 狩 = 文
Text by Curry Kohortgar
Photography by C-ZAFF JAPAN


<Profile>
こうほうが・かり
1972年生まれ。熊本県熊本市在住。全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会の広報担当。オイカワ・カワムツ専門のフライフィッシャーでありながらたまにはヤマメ釣りにも興じる。日本全国を行脚し、ハヤのフライフィッシングの楽しさを布教。好きな言葉は「他力本願」「がんばるな俺。」

※C-ZAFF JAPAN = Committee for Dissemination of Zacco Fly Fishing in JAPAN (全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きょうのタイイングルーム

2017-07-16 22:24:29 | フライタイイング

こんちには

C-ZAFF JAPAN, KUMAMOTO BRANCH 広報担当 高峰河です。

今回はニゴイ用、オイカワ・カワムツ用のフライタイイング。


ニゴイ用にはクロダイ用みたいなイメージで砂地を這わすような感じのキール系のフライをひとつ買ってみて、

それを参考にタイイング。
#10サイズのボールチェーン・アイなキール系フライをふたつ。



カワムツ・オイカワ用に
#18ふわっと羊ちゃんミッジ(ブラウンのふわっと羊ちゃんをウイング)。今回は足をイミテートするイメージでボディにはらりとラビットファーをダビングしてみた。

#18ふわっと羊ちゃんミッジのタイイング動画




カワムツ用にテレストリアル系を3種類。
#14ラビットファーボディ・ふわっと羊ちゃんカディス

#14スモールモップボディ・ふわっと羊ちゃんカディス

#14バックフロートニンフ


これでまたオイカワ・カワムツに遊んでもらえる。そして人生初のフライフィッシングでのニゴイをターゲットに明日が楽しみである。



〈使用フック〉

#22 TIEMCO TMC100BL
#18 MARUTO d24BL #18・・・今回使用
#14 AXISCO AFB1190-#14・・・今回使用
#10 MARUTO d24BL #10・・・今回使用


〈使用バイス〉

キャップス(Caps) クラウンロータリーバイス ぺディスタル


〈使用マテリアル〉
(今回使用したもの以外も普段使用しているものを列記)

キラキラ素材 ダイソー レインボークッション
ダンベルアイ代用品 ダイソー ビーズコレクション ボールチェーン金・銀
ビーズ Tokaiで買ったロイヤルビーズ 丸小 No.512(#22~#18フック用)、Tokaiで買ったマミーの四季 グラスビーズ丸大 約7g入り col. 86(137円、#14~#10フックのビーズヘッドモップフライ用)
ウィング代用品 ダイソーのクイックルワイパー同等品(ホコリ取り サットクリーン 取替えシート2枚入)、セリアのふわっと羊ちゃん(ダイソーにも同等品あり)
羽毛代用品 ダイソー エンジェルモール フェザーファー(各色)、パーティ・デコレーション(各色)
ラビットファー代用品 ダイソー モコモコシュシュ ラビットB(各色)
ダビング材 ダイソーやセリア ふわっと羊ちゃんをそのまま、または、フェルトシート(各色)をちぎって使用
モップフライ素材 ダイソー マイクロファイバーハンドタオル角型(釣果未確認)
トラウトガム代用品 ダイソー 手芸用アレンジ紐(釣果未確認)
毛糸 ダイソー アクリル毛糸モヘアリー、ダイソー 100%ウールヤーン(並太)
スレッド ダイソー ミシン糸(各色)
リブ ダイソー 針金 太さ0.28mm 長さ 30m
ハックル 山本釣具で買った茶色系(商品名失念)、METZ #2 Saddle Grizzly、ANGLE Partridge gray neck
ピーコックハール AXISCO Peacock Herls NA
マイラーチューブ VARIVAS マジックチューブ パール ML
テグス ダイソー ビーズコレクション テグス #9
ボタン ダイソー Pearl Button ラメミックスボタン
鈴 ダイソー からふる鈴 極小
完成フライ置場 ダイソー ナチュラルコルクコースター(角6個入り)
ヘッドセメント ティムコ HEAD CEMENT CLEAR
コーティング剤 ダイソー ネイル用速乾性トップコート
撥水処理剤 ティムコ Dry Dip SUPER




高峰河 狩 = 文
Text by Curry Kohortgar
Photography by C-ZAFF JAPAN



こうほうが・かり
1972年生まれ。熊本県熊本市在住。全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会の広報担当。オイカワ・カワムツ専門のフライフィッシャーでありながらたまにはヤマメ釣りにも興じる。日本全国を行脚し、ハヤのフライフィッシングの楽しさを布教。好きな言葉は「他力本願」「がんばるな俺。」

※C-ZAFF JAPAN = Committee for Dissemination of Zacco Fly Fishing in JAPAN (全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上江津湖(熊本市中央区)にてフライフィッシング

2017-07-09 18:23:52 | フライフィッシング釣行日記
こんちには

C-ZAFF JAPAN, KUMAMOTO BRANCH 広報担当 高峰河です。

今回は上江津湖はフライマンのためのルイーダの酒場(ゾウさんプール前)に来てみた。
朝から、というかここ数日ずっと梅雨らしい大雨が降り、雨に強い上江津湖と言えどもさすがにこの大雨だと濁流=釣りは無理を覚悟して到着。

ところがである。
予想に反して意外にクリアな感じが保たれていた。多少増水してはいるが普通に釣りになりそうで心が踊る。



今回は釣りというより買ったばかりのFoxfire エアリスタ シリーズのシューズ+ソックス+ショーツ+Sポーチの筆下ろし式の意味合いが強い。かなり久しぶりのウェットウェーディングで、入渓した瞬間、「冷たっ」と思った。しかし水温は20度である。程なく慣れてきた。

Foxfire エアリスタ ウェイディングショーツ 5214378 [メンズ] Mサイズ
Foxfire ミニマリスト ソックス 5820403 [メンズ] Lサイズ
Foxfire airista UL Water Sandals ダークグレー 27 2E

Foxfire minimalist Sポーチ

朝から凄まじい雷雨を伴う土砂降りの雨で、きょうは釣りは諦めていたくらいの日だったが、午後から晴れ間ものぞくようになっていた。こんな日はドライフライよりニンフのような沈めるフライがセオリーである。
俺はオイカワ専用ニンフである#18ラビットファービーズヘッドニンフをチョイスした。


#18ラビットファービーズヘッドニンフをこれまたセオリー通りダウン&アクロスで流す。
と、オイカワきたね。



さらに釣り下り、いつもの一級カワムツポイントにさしかかる。ニンフで攻めるが反応がないので#18ふわっと羊ちゃんラビットファーカディスをチョイス。


と、きた〜!!!


















なにやら背後から声がきた〜!!!
振り向くと、どうみてもgunさんである。
なんでもこの季節あの魚がこの辺に入ってくるらしく#5ロッドで連日狙いに来ているとのこと。フライも見せてもらい、釣り方も解説付きで見学し、大変に勉強になった。俺もマンネリなカワムツ釣りだけでなくたまにはあの魚も狙ってみようかな。

自宅から車でわずか10分で政令指定都市規模の都市としては世界一の湧水河川にアクセスできるこの幸せ。
ありがとう江津湖。
ありがとう熊本。
熊本に生まれて本当によかった!

<今回の気候条件等>
天候 = くもり
透明度 = ほぼクリア
水温 = 20度
ライズ = たまに
ハッチ =
バード = カワセミ、アオサギ、オオバン、ツバメ、ムクドリ、ドバト、スズメ、ハシボソガラス

<今回の釣果>
オイカワ 2匹
カワムツ 0匹
その他 0匹

<今回使用タックル>
ロッド = ティムコ(TIEMCO) ロッド ユーフレックス・インファンテ 800-4 オイカワスペシャル
リール = Daiwa ロッホモア-A 100A
フライライン = ティムコ(TIEMCO) ライン SA スープラ JストリームDTT DWF0F ウィロー
バッキングライン = イカリ印 竿巻糸 0号極細
リーダー =(ナイロン) 6x 12ft (ティムコ スタンダードリーダー)
ティペット =(ナイロン) 7x(ティムコ ミスティープラス ティペット)

<今回使用ウェーダー>
Foxfire エアリスタ ウェイディングショーツ 5214378 [メンズ] Mサイズ
Foxfire ミニマリスト ソックス 5820403 [メンズ] Lサイズ
Foxfire airista UL Water Sandals ダークグレー 27 2E

<今回使用バッグ等>
Foxfire minimalist Sポーチ

<撮影>
濡れても大丈夫。iPhone7で撮影。







高峰河 狩 = 文
Text by Curry Kohortgar
Photography by C-ZAFF JAPAN


<Profile>
こうほうが・かり
1972年生まれ。熊本県熊本市在住。全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会の広報担当。オイカワ・カワムツ専門のフライフィッシャーでありながらたまにはヤマメ釣りにも興じる。日本全国を行脚し、ハヤのフライフィッシングの楽しさを布教。好きな言葉は「他力本願」「がんばるな俺。」

※C-ZAFF JAPAN = Committee for Dissemination of Zacco Fly Fishing in JAPAN (全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五ヶ瀬川(宮崎県五ヶ瀬町)にてフライフィッシング

2017-07-01 15:21:13 | フライフィッシング釣行日記
こんちには

C-ZAFF JAPAN, KUMAMOTO BRANCH 広報担当 高峰河です。

※C-ZAFF JAPAN = Committee for Dissemination of Zacco Fly Fishing (全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会)

今年は何回かヤマメ狙いで五ヶ瀬川に来たのだが、仕事帰りだったりで本格的に釣る時間はなくなんちゃって釣行で終わっていた。今回は1年以上ぶりに本気モードでの

五ヶ瀬川ヤマメ狙いである。


昨日のしっかりした雨でいつも行くところは濁りがあり釣りになりそうもない。
ってわけで上流の方へ。それも今まで行ったことがないが地図上でこのへんかなと目星をつけておいたポイントへ初めて行ってみた。

ところがである。
俺は愕然とした。
地形図から予想されたことではあるが、俺の行きたいポイントへはかなりの急勾配の坂を降りるしかなさそう。正直「ここを降りるのか」とめまいがした。下りはまだいい、帰りの上りはこれどうすんの…ってくらい急勾配である。かといって地図でみてもここしか無理矢理にでも入渓できるところはなさそうである。

下り始めたのが午前11時前くらいか。昼を渓流で食べようとカップラーメン、水、アルコール、アルコールバーナー、ハシ、ライター、ゴミ袋をフライフィッシングベストに詰め込んだ。
こんな急勾配なのに片手にはフライロッド、下半身は安物のウェーダーである。

クモの巣にとりつかれたりしつつもなんとか五ヶ瀬川の河原に降り立つことができた。山岳部の経験がこんなところで生かされるとは。クモの巣がいくつも張っていたということは、先行者はいないことを意味していて胸が踊る。

桃源郷の三文字が脳裏に浮かぶ。
そんなところがあるとすれば俺がたどり着いたこの場所なのかもしれない。

案の定、水質は下流と違いほぼクリアに保たれている。水温15度。ヤマメも期待できるのではないか。
いつものユーフレックス・インファンテ オイカワスペシャル 800-4 がフライラインに美しいカーブを描き、#14エルクヘアカディスが絶好のポイントへふわりと浮かぶと、

ピシャっという素早い小魚のバイトが割とある。ライズはないのに上は見ているようだ。
しかしなかなかフッキングにいたらない。




















と、きた〜!!!!
小さいがヤマメである。なんて美しいんだ。


お昼にするか。
アルコールバーナーでカップラーメン。
至極のとき。



帰りの入渓点の急勾配の登坂では、汗だくで普段の運動不足がたたった。

ヤマメに出会えて癒されたね。
ありがとう五ヶ瀬川。

<今回使用調理グッズ等>
EVERNEW チタンアルコールストーブ EBY254
EVERNEW チタンゴトク TriveTi EBY258
Klean Kanteen 12oz(355ml)KID Kanteen Classic Bottle [ ステンレス ]
Klean Kanteen バンブーキャップ
火の国熊本とんこつラーメン

(五木食品より引用)

<今回の気候条件等>
天候 = くもりのち晴れ
透明度 = ほぼクリア
水温 = 15度
ライズ = まれにあり
ハッチ =
バード = カワガラスなど

<今回の釣果>
オイカワ 0匹
カワムツ 0匹
その他 1匹(ヤマメ 1)

<今回使用タックル>
ロッド = ティムコ(TIEMCO) ロッド ユーフレックス・インファンテ 800-4 オイカワスペシャル
リール = Daiwa ロッホモア-A 100A
フライライン = ティムコ(TIEMCO) ライン SA スープラ JストリームDTT DWF0F ウィロー
バッキングライン = イカリ印 竿巻糸 0号極細
リーダー =(ナイロン) 6x 12ft (ティムコ スタンダードリーダー)
ティペット =(ナイロン) 7x(ティムコ ミスティープラス ティペット)

<今回使用ウェーダー>
ダイワ フィッシングウェーダー FW-4200R

<撮影>
濡れても大丈夫。iPhone7で撮影。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矢形川(熊本県嘉島町)にてフライフィッシング

2017-06-25 16:55:55 | フライフィッシング釣行日記
こんちには
C-ZAFF JAPAN, KUMAMOTO BRANCH 広報担当 高峰河です。

※C-ZAFF JAPAN = Committee for Dissemination of Zacco Fly Fishing (全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会)

今回は俺が初めてフライフィッシングで魚を釣り上げたかつてのホームリバーである矢形川に久しぶりに帰還した。


いつ来ても、初めてオイカワを釣り上げた感動が蘇る川。
とりあえずつけっぱの#14ラビットファーふわっと羊ちゃんカディス。


雨の合間で魚たちも餌に飢えているのか、かなり活性が高い。適当に放り投げればどんどんカワムツが釣れてくる。



小指サイズのカワムツが釣れてうれしい。そんなささやかなことに喜びを感じる俺の心がうれしい。

この活性の高さならエッグフライでも釣れるだろう。


案の定かなりのバイトがある。
10キャスト6バイト1ストライク1バレで結局釣れなかったが反応は楽しめた。
エッグフライの宿命であるフッキング率の悪さをどう改善するのか、課題である。

<今回の気候条件等>
天候 = くもり
透明度 = ほぼクリア
水温 =
ライズ = たまにあり
ハッチ =
バード = カワラヒワ、ウグイス(鳴き声のみ)、ツバメ、ハシボソガラス、ドバト

<今回の釣果>
オイカワ 0匹
カワムツ 11匹
その他 0匹

<今回使用タックル>
ロッド = ティムコ(TIEMCO) ロッド ユーフレックス・インファンテ 800-4 オイカワスペシャル
リール = Daiwa ロッホモア-A 100A
フライライン = ティムコ(TIEMCO) ライン SA スープラ JストリームDTT DWF0F ウィロー
バッキングライン = イカリ印 竿巻糸 0号極細
リーダー =(ナイロン) 6x 12ft (ティムコ スタンダードリーダー)
ティペット =(ナイロン) 7x(ティムコ ミスティープラス ティペット)

<今回使用ウェーダー>
ダイワ フィッシングウェーダー FW-4200R

<撮影>
濡れても大丈夫。iPhone7で撮影。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加