五ヶ瀬川(宮崎県五ヶ瀬町)にてフライフィッシング

2017-04-28 16:26:34 | フライフィッシング釣行日記
こんちには
C-ZAFF JAPAN (全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会) 熊本市支部 広報担当 高峰河です。

今回はヤマメ狙いで五ヶ瀬川に降り立った。
快晴で川の中に立つと気持ちがいい。


まずはライズを探す。
と、さっそくライズ発見。ヤマメっぽい。
定番のエルクヘアカディスやパラシュート系をキャスト。
しかし反応が渋い。
川上からダウン&アクロスでニンフ系やソフトハックルを流してみたが反応なし。

フライの流し方が下手なのか、フライの選択が間違ってたのか、結局釣れずに退散。
まだまだ精進が必要である。

<今回の気候条件等>
天候 = 快晴
透明度 = クリア
水温 =
ライズ = あり
ハッチ = 結構あり
バード = カワガラスなど

<今回の釣果>
オイカワ 0匹
カワムツ 0匹
その他 0匹

<今回使用タックル>
ロッド = Caps キッズシックス(kids 6)6ピース グラファイトロッド 6ft6inch #3
リール = Daiwa ロッホモア-A 100A
フライライン = DT-3F ダブルテーパー フローティング 100FT(30.5m) (グラスグリーン)(riverpeak、リールに収まりきれないのでちょうど半分に切って使用)
バッキングライン = イカリ印 竿巻糸 0号極細
リーダー =(ナイロン) 6x 9ft (ティムコ スタンダードリーダー)
ティペット =(ナイロン) 7x(ティムコ ミスティープラス ティペット)

<今回使用ウェーダー>
ダイワ フィッシングウェーダー FW-4200R

<撮影>
濡れても大丈夫。iPhone7で撮影。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上江津湖(熊本市中央区)にてフライフィッシング

2017-04-23 17:44:52 | フライフィッシング釣行日記
こんちには
C-ZAFF JAPAN (全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会) 熊本市支部 広報担当 高峰河です。

今回は夕方に上江津湖はルイーダの酒場(ぞうさんプール前)にきてみた。
快晴である。




水も非常にクリアである。


とりあえずつけっぱの#18クイックルワイパーミッジ。


反応はあるのだがかかりきれない。こういうときは魚にも迷いがあることが多い。
ドライフライにこだわりはない俺はニンフ系に切り替える判断を下した。


ダウン&アクロスのアプローチで何度か斜め下流にフライを流す。
と、やっとこさオイカワがかかってきたね。




きょうも江津湖の素晴らしい自然に癒されたね。
心なしかいつもより江津湖がきらきら輝いてみえた。

ありがとう江津湖。
ありがとう熊本。
熊本に生まれて、本当によかった。

<今回の気候条件等>
天候 = 快晴
透明度 = クリア
水温 =
ライズ = 結構あり
ハッチ = #24〜#14サイズのカディスなど
バード = アオサギ、ハシボソガラス、スズメ、オオバン、ムクドリ、ドバトなど

<今回の釣果>
オイカワ 3匹
カワムツ 0匹
その他 0匹

<今回使用タックル>
ロッド = Caps キッズシックス(kids 6)6ピース グラファイトロッド 6ft6inch #3
リール = Daiwa ロッホモア-A 100A
フライライン = DT-3F ダブルテーパー フローティング 100FT(30.5m) (グラスグリーン)(riverpeak、リールに収まりきれないのでちょうど半分に切って使用)
バッキングライン = イカリ印 竿巻糸 0号極細
リーダー =(ナイロン) 6x 9ft (ティムコ スタンダードリーダー)
ティペット =(ナイロン) 7x(ティムコ ミスティープラス ティペット)

<今回使用ウェーダー>
ダイワ フィッシングウェーダー FW-4200R

<撮影>
濡れても大丈夫。iPhone7で撮影。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上江津湖(熊本市東区)にてフライフィッシング

2017-04-16 17:02:27 | フライフィッシング釣行日記
こんちには
C-ZAFF JAPAN (全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会) 熊本市支部 広報担当 高峰河です。

今回は上江津湖の健軍川〜中江津湖あたりでフライフィッシング。
気温があがり健軍川では中高生が水遊びの季節である。


健軍川に立ち込んでオイカワを狙ってみる。

#18ふわっと羊ちゃんミッジ。

オイカワのヒラ打ちが結構見えるのだが、
風に煽られて水面が波打ち、なかなかドライフライには出てこない。もう無理かと思ったそのとき、

やっとこさ小指サイズのオイカワきたね。


健軍川で釣果を得たので満足し、次は歩いて3分くらいのいつものお気に入りポイント、中江津湖は江津斉藤橋下流200m地点に降り立った。



水深を推し量るのに適した石がある。
これが丸見えということはまだまだ冬の水深の浅いフェーズにあるということ。
梅雨以降はこれが見えなくなり、この辺でのウェーディングが難しくなる。


と、いきなりカワムツきたね。


オイカワはいるはずだがライズもほとんどなく、ささ濁りのためヒラ打ちも視認できず、ドライフライに反応ないので#18ラビットファービーズヘッドニンフ(タイイング動画)を投入してみる。


と、オイカワがきたね。



健軍川に戻って、
#18クイックルワイパーミッジでもオイカワきたね。



ときおり足を止めて見物する人々がいて、土日の江津湖はよい普及活動になる。

<今回の気候条件等>
天候 = 晴れ
透明度 = クリア〜ささ濁り
水温 =
ライズ = たまにあり
ハッチ =
バード = カワセミ、ハシボソガラス、スズメ、ドバト、オオバン、アオサギなど

<今回の釣果>
オイカワ 4匹
カワムツ 1匹
その他 0匹

<今回使用タックル>
ロッド = Caps キッズシックス(kids 6)6ピース グラファイトロッド 6ft6inch #3
リール = Daiwa ロッホモア-A 100A
フライライン = DT-3F ダブルテーパー フローティング 100FT(30.5m) (グラスグリーン)(riverpeak、リールに収まりきれないのでちょうど半分に切って使用)
バッキングライン = イカリ印 竿巻糸 0号極細
リーダー =(ナイロン) 6x 9ft (ティムコ スタンダードリーダー)
ティペット =(ナイロン) 7x(ティムコ ミスティープラス ティペット)

<今回使用ウェーダー>
ダイワ フィッシングウェーダー FW-4200R

<撮影>
濡れても大丈夫。iPhone7で撮影。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緑川(熊本県甲佐町)にてフライフィッシング偵察

2017-04-16 12:50:53 | フライフィッシング釣行日記
こんちには
C-ZAFF JAPAN (全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会) 熊本市支部 広報担当 高峰河です。

今回は緑川は甲佐町にある津志田河川自然公園(通称=乙女河原)にきてみた。



気温が上がって半袖でも暑い。
多数のキャンパー達が木陰でキャンプしている。
乙女橋の下流200m地点にある入川点では10名弱の人々が川遊びしていた。


魚影はメダカサイズのハヤがそこそこいる。


焚き火遊びして帰った。




<今回の気候条件等>
天候 = 晴れ
透明度 = まぁクリア
水温 =
ライズ = なし
ハッチ =
バード = ヒバリ、ウグイスなど

<撮影>
濡れても大丈夫。iPhone7で撮影。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上江津湖(熊本市中央区)にてフライフィッシング

2017-04-15 16:26:58 | フライフィッシング釣行日記
こんちには
C-ZAFF JAPAN (全日本ハヤのフライフィッシング普及委員会) 熊本市支部 広報担当 高峰河です。

今回は久しぶりに上江津湖はルイーダの酒場へ来てみた。


#14ラビットファーマシュマロウイングフライには反応ほとんどなし。

#18ふわっと羊ちゃんミッジにオイカワやカワムツきたね。




気温もあがり、小学生高学年か中学1年生あたりの男女女3名が川遊びしている。邪魔にならないところで俺はフライフィッシングを始める。と、
「あの人、ロシア人かな、アメリカ人かな、日本人かな」
という声が聞こえた。
俺はすかさず
「Where're you from? I'm from US」
と答えてやった。
彼女らは聞き取れずに戸惑っていたが、男子は
「日本人だろ〜」
とウソを見抜いていた。彼女らに促されてサングラス(正確にいうと偏光グラス)を外すと、彼女らも俺が日本人であることに納得した様子。

きょうはこの3名以外にも通りすがりのいろいろな人にフライフィッシング普及活動ができ有意義なときを過ごした。

<今回の気候条件等>
天候 = 晴れ
透明度 = クリア
水温 =
ライズ = たまに
ハッチ = 少し
バード = オオバン、ヒドリガモ(かろうじて1匹)、不明のカモ、ドバト、スズメ、ツバメ、ハシボソガラス、ハクセキレイ、ツグミ、他にもヤマガラくらいの小鳥がいろいろいるのだが特定できず

<今回の釣果>
オイカワ 2匹
カワムツ 1匹
その他 0匹

<今回使用タックル>
ロッド = Caps キッズシックス(kids 6)6ピース グラファイトロッド 6ft6inch #3
リール = Daiwa ロッホモア-A 100A
フライライン = DT-3F ダブルテーパー フローティング 100FT(30.5m) (グラスグリーン)(riverpeak、リールに収まりきれないのでちょうど半分に切って使用)
バッキングライン = イカリ印 竿巻糸 0号極細
リーダー =(ナイロン) 6x 9ft (ティムコ スタンダードリーダー)
ティペット =(ナイロン) 7x(ティムコ ミスティープラス ティペット)

<今回使用ウェーダー>
ダイワ フィッシングウェーダー FW-4200R

<撮影>
濡れても大丈夫。iPhone7で撮影。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加