むさでん業務日誌帳(改)

むら@車掌の徒然模型日記・・・・(ちょっとだけ愚痴もあるよ!)

とりあえず おつかれさま・・・・。

2008-11-30 21:41:56 | 工場長の独り言

2008年11月30日 日曜日・・・・ついに 0系新幹線の定期運用が終了しました。

ニュース等でも大々的に報道されていたのでご覧になられた方も多い事かと思います。

12月には改めて「さよなら列車」としての運用が決まっているので正式な引退まではまだ2週間ほどあるのですが、偉大なる新幹線の歴史の中に 今日の出来事が刻まれる事は間違いないことでしょう。

今回の引退報道・・・・正直言って少し驚きました。 全国ネットのニュースで しかもトップニュースに匹敵するぐらいの位置を占めていた・・・・嬉しい事である反面、これは西日本のローカルニュースでは?とも思えるような事でもあって・・・・あっ、これはあくまでも関東在住の鉄道ファンの視点でしたね・・・。

以前にも書いたとおり、私自身にとっての0系電車の引退式は あくまでも東海道新幹線からの撤退時であって 今日の西日本管内における短編成でのこだま運用などは毛頭頭にはありませんでした。

新幹線は やっぱり16両編成・・・全長400mの高速移動空間でなければなりませんよ・・・・それは今現在、東海道を駆け抜ける後輩たちを眺めていれば よ~くわかる事ですから・・・・。

私 工場長にとっての0系への想いは以前のブログに書き留めておきましたので 今日は特別な事を書こうとは思いません・・・・ 

とりあえずは 「お疲れ様でした」ということです・・・・

まだまだ最後の「引退式」があるのだから・・・・

本当のお別れは その時にでも・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに 我が模型鉄道の世界では・・・・

0系新幹線・・・・当鉄道には16両編成x2 の計32両が在籍しています。その他、0系シリーズの延長線上にある事業用車両が計9両・・・・・。 ちなみに所属車両については 当社への入線後、未だ16両のフル編成で走行した事がありません・・・・さすがに模型の世界にしても全長が3m近い編成を走らせられるほどの用地確保など、当鉄道では夢のまた夢・・・・。

模型の世界においては むしろ これからといったところ・・・・当鉄道における新幹線の建設は 未だ行き先不透明のまま暗礁に乗り上げております・・・・


この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼・・・・・毎年の事ながら・・・・。

2008-11-28 10:00:28 | 工場長の独り言

もう11月も終わるのか・・・・・などと思いながら 本ブログの去年のブログを読んでいました。

去年の今頃・・・・「建艦ブーム」の真っ最中・・・・・旧ソビエトの駆逐艦ウダロイに始まり 空母キエフ・・・さらには米イージス艦 アーレイ・バーク級の制作等々・・・・結果、その勢いは年を越えて今年の1月初旬まで続いていく事になりました。 毎年思うのです・・・・何故 この時期に船の模型を作っている事が多いのか?

今までは特に意識した事もなかったのですが ブログを書くようになってからというもの、「毎日の生活記録」という 半ば日記的に書き綴ってみると 「いつ・・・何を・・・どうした。」という事が良く判るので その時に感じていた心の背景等も鮮明に思い出す事が出来るようになりました。 まあ、最近では日記というよりも「愚痴の吐き出し口」に化しているとも言えなくもないのですが・・・。

そんな事で当時のブログを読んでいると・・・「船の模型」の制作は どうも「大掃除」との関係が深い事を 再認識しました。 去年も同じような事を書きましたが 大掃除を始めると 部屋の収納から 過去にストックしておいた軍艦プラモデルがワンサカ出てきます。 これを・・・・どうにかしなければならない! と、その時は強く思うのです。

※ 軍艦だけじゃないのです・・・・日本の旧車や航空機・・・ハタマタは情景模型まで。あ~っ、どうしたものか。

これだけの在庫を抱えた上、年を重ねる毎に増えていく模型の数々・・・・

全部作るのに 一体何年掛かるのかも判りません・・・・

いっその事、仕事を辞めて模型制作に全てを投じる事も悪くはなさそうです・・・・

もっとも 収入が無くなってはどうしようもありません・・・・

そんな衝動に駆られた時に 思ってしまうこの一言・・・・

「作ってしまえば 少しは片付くし、この箱も捨てられるんだよな・・・!」

こうなると 趣味が趣味では無くなってしまいます・・・・半ば 強制的に模型制作を強いられるようで・・・・。

しかし・・・・季節は既に12月・・・・

「この暮れの忙しい最中、模型なんか作っている場合か!」と家族に一括されると、

只々 「はい・・・ごもっとも。」と 丁重に謝罪したうえで 家事の手伝いをしなければなりますまい。

それなのに・・・・

結構真面目に取り組んだはずの大掃除でも 結果的には何も片付かずに そのまま年越し・・・・、そして正月飾りも取れる頃には 仕事も始まって模型どころではなくなってしまう・・・・。

これが ここ十数年間の年末~年始のパターンなのです。

そんな流れで この週末あたりから また突然の「建艦ブーム」が再来するかもしれません。

去年のブログを読んでいて また思い出しました・・・・大晦日・・・海自の護衛艦ひえい を建造中だった事を。

「ひえい」・・・・正月休みが明けてからというもの、未だ何にもしてなかったんだ。 第一、何処に片付けたのかも 今となっては良く判りません。

喪失艦の捜索なんて・・・・・本来の流れを覆すようで・・・・また収納をひっくり返す事になるのか?

どうも・・・・大掃除の本筋とズレてきているような気がする・・・・


この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島出張・・・・補足?

2008-11-25 23:21:06 | 工場長の独り言

今日をもって出張の精算報告も無事に終了し、鹿児島出張の件は 一件落着と相成りました。

さて・・・ 出張の事務的処理も一段落したので 今日の話題は鹿児島での出張裏話でも書いてみる事にします。

裏話・・・といっても悪い話ではなくて 「趣味的な話題」を取り上げるという事です・・・。

※ 別に出張先で悪事を働いた訳では無いのでご安心を・・・・「旅の恥はかき捨て」とは申せども そんな世間知らずな悪行は致しません・・・・本当に!

今回の鹿児島行きで 個人的に見ておきたいものが 幾つかありました。

まず第一に・・・・・鹿児島の路面電車・・・・

近年、地球温暖化防止等、環境問題が大きく取り上げられてきておりますが その一環として都市交通としての「路面電車の再生」という事が挙げられます。 ヨーロッパにおいてはこの路面電車の再生が実施されており、大気汚染の減少等、かなりの効果を挙げていると聞きます。

鹿児島の市電は「鹿児島市交通局」が運営する公営の路面電車ですが、数年前より ここに面白い電車が走り出しました・・・。 この電車・・・まさに21世紀の路面電車とも言うべく 全く新しい考え方によるものです。

公共交通機関として 低公害であり、老若男女 誰でもが安心して利用出来るような乗り物・・・・

ここ 鹿児島では「ユートラム」という やさしい名称が付けられました。

車両の設計・制作とも 全て純国産で賄われているこの電車・・・・ 今では鹿児島の他、愛媛県や高知県等、路面電車の残った様々な地方都市で活躍を始めています・・・。

出張レポートの本編にもありましたが、早朝からの鹿児島中央駅前での撮影は まさにこの「ユートラム」の撮影を目的にしたものです。

Img_0057 これがユートラム・・・・一見、普通の電車に見えますが この車両、3つの車体で構成されています・・・ちょうど両端の台車上に運転台の付いた箱が載っていて、中央の長手の箱部分が客室になっています・・・・この構造によって乗降時、路面との段差を小さくすることに成功しています。ただし・・・その構造上、従来車より定員が少なくなってしまったのがデメリットとか・・・・。

Img_0039 しばらく撮影していたら 従来型の電車と並びました。 右の600形は昭和30年代の車両・・・典型的な昭和の路面電車スタイルをしています。 ユートラムと並べてみると 日本の路面電車の未来を示しているようで・・・・何か明るい希望が見えてきそうです・・・・。 みなさんはどちらがお好みでしょうか?

Img_0046 そして・・・ついに真打登場! 初代ユートラム1000形の定員減を解消するために5車体の連接構造とした2000形ユートラムⅡ! いや~っ、これを見たときには本当に欧州の路面電車にも負けていないな!と思いましたよ・・・・毎日眺められたら良いのにな・・・!

これらの新型路面電車は 制御系も現代の最先端技術が使われているので 従来のゴロゴロ・・・とした走りではなく、極めて静かに走っていきます・・・・・ ああ、鹿児島市電・・・・ごちそうさまっ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第二に・・・・・JR九州の車両・・・・・

JR九州といえば カラフルで特異なデザインの特急車両を走らせている事でも有名ですが 、ここ鹿児島においても 様々な車両が出入りしており これらを眺める事も楽しみの一つでした・・・・。

Img_0076 まず始めに・・・・九州の485系を。 新型車に追われ遂に九州でも南のほうでしか見られなくなりました。 [RED EXPRESS]のロゴが格好良いでしょ! 

Img_0133 同じ鹿児島の485系でもこちらは唯一グリーン車体のDk-9編成!今回、まさか出遭えるとは思ってもいなかっただけに超ラッキー!でした。 

狙って撮ろうにも 結構苦労するんだけどね。まさに偶然の妙・・・・。

九州の485系一族も 九州新幹線 博多延伸開業と共に御役御免となること間違いなし・・・これが彼らとの最後の対面になるかと思うと少々寂しい気持ちにもなりました。

Img_0115一方こちらは 指宿枕崎線の快速列車「なのはな」号・・・・黄色いキハ200/220が使用されています。この黄色いキハ200シリーズもご当地ならではのもの・・・・。

Img_0097 最後に・・・・今回の目玉とも言うべき ここ薩摩路の観光列車「はやとの風」号・・・・キハ147形の改造車で運行されています。 この列車は撮るよりも 是非乗りたい列車の一つでした。既にホームではお弁当片手の観光客が結構おりました・・・・。 このまま自分も・・・・とも思いましたが・・・・そうだ、今日は仕事だったんだ! ということで泣く泣く断念・・・・。

こんな調子で新幹線の発車時間ギリギリまで鹿児島中央駅構内を ぶら~り散策・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第三に・・・・・九州新幹線 つばめ・・・・・

九州新幹線に乗車する事そのものが目的になっているかもしれません。

乗車時の印象としては 出張レポート本編にあるとおり 乗車時間が40分のみ・・・・鹿児島中央を出て、あっという間に新八代に到着してしまいますから 何とも言いようがありません。 

800系電車・・・・・全て普通車、モノクラスの6両編成・・・・さらに運転時間が40分という事で 車内販売も無し!という状況でしたが、これはやっぱり博多伸延開業するまでは本領を発揮できないんでしょうね。実際に乗車していても、九州新幹線特有の急勾配・急曲線を感じる区間があったりで・・・それはそれで楽しめた、という次第。

個人的には 新八代から乗車した「リレーつばめ」号 787系電車のほうが印象に残ったようです。

在来線区間でも「リレーつばめ」は快走して行きます・・・・レールのジョイント音が刻むリズムが 列車のスピードを物語っているようです・・・・。

こんな時・・・・ふと思いました・・・・本当に九州新幹線なんて要るのか?・・・と。

それでも 新八代から博多までの全区間に渡って 新幹線用の高架線が隣接しており 新幹線開業間近という事を再認識させてくれました・・・・「リレーつばめ」号も その時が終焉となりますし・・・・良いタイミングで乗車出来たのではなかろうか?・・・・と思います。

Img_0154 九州新幹線「つばめ」 に使用されている800系。 さすがに駅構内での撮影は難しくて、こんなのしか撮れなかった・・・(泣)。 新水俣駅だったら 駅構内でも 編成写真が撮れるとの情報を得ていましたが、新水俣駅なんて・・・・さすがに途中下車出来ませんよ・・・・。

でも・・・・やっぱり きちんと撮りたいですね! 必ずリベンジしてやるからな!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして最後は・・・・博多⇒東京 の新幹線での帰京・・・

正直・・・まさか本当に新幹線で帰京する事になるとは思ってもみませんでしたが、今回、初めて 博多⇒東京間の全区間を一気に走破する事になりました。 乗車時間5時間半・・・・途中下車無しで東京まで来ると、さすがに「乗ったな~っ!」という感じでいっぱいです。 それでも意外と飽きなかったのは何故なんでしょうか?

出張レポート本編にもありますが 5時間半の長旅となるので 自分は当初、N700系運用の「のぞみ」を希望しておりました。N700系には喫煙車の連結が無い代わりに編成の数か所に「喫煙スペース」というものがあって、愛煙家でも 指定席が確保出来ていれば そんなに苦にはならないようになっています。ただ・・・満員の自由席だと、そのようには行きませんが・・・・。 それとN700系の場合、窓側座席が確保出来れば コンセントを使う事が出来るのです・・・・。携帯電話や音楽プレーヤー等、新幹線車内に居ながらにして充電が可能なのです。

しかしながら・・・今回 博多から乗車したのは700系電車・・・・それでも喫煙車両となる3号車自由席の窓側に座席を確保出来たのは良かったと思っています。

博多を定時に出発し・・・・小倉・・・新山口・・・と停車して行きます。 途中、岡山に到着する辺りで車窓は夜の暗闇に突入・・・・それから先は終点東京まで車窓を楽しむ事な出来ません。

その日の朝、充電ておいた携帯電話でしたが・・・・ゲームをやったり ラジオを聴いたり(新幹線車内で流れているFMラジオ・・・・当然ながら私の携帯電話・・・・このFMチャンネル、ちゃんとメモリーしてあります)しているうちに バッテリー表示が徐々に怪しくなってきましたが・・・ 電池残量に細心の注意を払いながら 遂には充電警告が出る間際まで使ってやりました。

ようやく終点 東京に到着・・・・降り立ったホーム上で 改めて思いました・・・・新幹線ってのは やはり凄いな!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鹿児島出張の裏話は・・・・・とりあえずこんなところです。


この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島出張レポート・・・PART 2?

2008-11-23 11:40:07 | 工場長の独り言

何とか鹿児島市内で宿を確保した木曜日の夜・・・・・

ホテルのチェックインを済ませ、部屋に荷物を置いた後、すぐに明日の熊本までの切符購入と夕食を調達するため一旦ホテルを出て 鹿児島中央駅まで向いました・・・・。

先程お世話になった観光案内所はすでに閉店となっており・・・・到着があと15分遅れていたら 本当に路頭に迷うところだった・・・・危うかった!

駅の旅行センターで切符を購入する事にしましたが、肝心の熊本から先、つまり東京まで帰る手段をまだ考えていなかった事も気掛かりでした。 さすがに この週末は3連休ということもあって 熊本からの空路もほぼ満席・・・、自分は空路を使っての出張に慣れていないこともあり、結局、空路で帰京する事を諦め、博多経由で新幹線に乗る事を選択しました・・・・! 

そしたら・・・やはり舐めていました・・・博多からの新幹線も結構な混雑との事で・・・・。

どうせ 週末なんだし、博多あたりで1泊して土曜日に帰ろう! という事にして 土曜日 昼過ぎの「のぞみ」号の指定席を 保険?として購入しておきました。

とりあえず 帰京する手段が確定したので 今度は夕食を買い込むために街に出てみましたが・・・・

いつもの出張どおり、今回もファーストフードとコンビニ弁当の持ち帰り・・・・ホテルの部屋でテレビを見ながらの慎ましい?夕食です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌 金曜日・・・・ホテルを朝7時半にチェックアウト・・・熊本へ向う前にちょっとだけ一仕事を・・・・。

今回も持参したカメラで鹿児島市電をちょっとだけ撮影、鉄分を補給しました。

実は・・・ここだけの話し・・・熊本の部品メーカーへは午後一番に訪問する事になっていたので 午前中の行動には少々時間的余裕がありました・・・・(計画的?)

市電撮影の後、鹿児島中央駅に入札し、初めての九州新幹線に乗車・・・・。

九州新幹線なんて・・・・本当に仕事でもない限り使う事は無いでしょうけど、良い経験です。

未だ部分開業といった段階ですから 鹿児島中央駅から新八代駅までの約40分で 九州新幹線「つばめ」の旅はあっという間に終わります・・・・・博多まで繋がれば新幹線本来の速達効果も上がるでしょう。

新八代から熊本までは「リレーつばめ」に乗車・・・・予定通り12時前に熊本に到着、待ち合わせていた部品メーカーの担当者と再会・・・・これが今日の「本来の」仕事となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

14時、部品メーカーを後にして 再び熊本駅へ・・・・。

熊本駅は新幹線工事の真っ最中で、2年前の訪問時と比べ さらに変貌を遂げていました。

熊本から博多まで 再び「リレーつばめ」に乗車し博多への到着は15時半を過ぎたところ・・・。

これで今回の一連の出張業務は終了・・・・これからは「プラスα」の博多滞在ということで 早速今宵の宿探し・・・

そしたら・・・・何と 博多市内は宿泊可能なホテルは皆無・・・・!

博多駅の観光案内所で聞いてみたら 「うちで紹介できる施設は全て満室なんです。パンフレットあげるから 自分で交渉してくださいね!」との事・・・・・これには本当に閉口しました。

まさか 大都市 博多で宿泊不可能となるとは考えてもいなかったので困り果てた挙句、 このまま悩んでも仕方が無いので いっそのこと 今日中に帰京してしまおう! という事になり、みどりの窓口へ・・・・。

みどりの窓口にも長蛇の列・・・・自分の番が何時になるかもわかりません。

そういえば・・・改札の中にある新幹線乗継口のところにも 窓口があった事に気がつき、急遽そちらへ向いました。 

すると・・・・案の定、乗車変更したくても どの列車も満席に近い乗車率のようで・・・・

自分は喫煙者なので これから先、東京までの5時間半をタバコ無しで過ごす事は考えられません。

一応、禁煙車の指定席を確保しておきましたが・・・・ここでようやく気付きました・・・・

ここは博多駅・・・・自由席の喫煙者は3号車・・・・自由席なら始発だし 並べば座席確保も可能か? と。

結果、自由席には20名ほどの列ができておりましたが・・・・そこは新幹線の収容力・・・・無事に2列席の窓側を確保出来ました・・・・。

博多発車時には空席が見られた自由席も 週末金曜日という事で 東へ向ううちにどんどん席が埋まっていきます・・・・・広島に到着したあたりで 遂に立席者も発生・・・・途中、新大阪、京都、名古屋で大きな乗降がありましたが 立席者は結局 新横浜到着まで消えませんでした・・・・。

東京到着は22時・・・・長い道程を経て 東京に到着・・・・家に着いたのは23時半・・・・。

いや・・・・それでも 今朝 鹿児島を出て、一仕事した後、その日のうちに帰宅出来るようになるとは・・・・

飛行機を使わなくても こんな事が出来る時代になったんですね・・・・・。

帰宅後、スポーツニュースで相撲を見ていて気がつきました・・・・・

「大相撲 九州場所」・・・・・そうだったのか! 博多で宿が取れない理由が良く解りましたよ・・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の教訓・・・・・やっぱり遠くに出掛ける際には 事前に計画をしっかり立てること!

本当に参りました・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな思いで、この3連休半ばの日曜日に・・・こんなブログを書いています。

この間の秋田行きの時と同様、未だ お尻と腰が痛いです・・・・。

それにしても・・・・

もったいなかったな・・・・せっかく九州まで行ってきたのに・・・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島出張レポート・・・PART 1?

2008-11-22 23:56:20 | 工場長の独り言

鹿児島出張から無事に帰ってきました。 仕事のほうは一応? 無事に片付いたようです・・・・。

今回の出張・・・実は色々ありまして・・・・

第一に・・・・

20日の木曜日・・・・羽田08:00の鹿児島行きの飛行機に乗るために 早朝3時半に起床・・・事前に電話予約しておいたタクシーに乗って所沢駅へ、さらに所沢駅から羽田行きの空港バスで空港に向いました。

羽田到着は午前6時50分・・・・時刻表通りの定時到着。 空港入り口でまずは一服したのち、空港カウンターでチェックイン・・・・ロビーで搭乗手続きが始まるのを待っていました。

午前7時40分 搭乗開始・・・・無事に飛行機に乗り込んで出発を待っていました。 乗客全員の搭乗が終わって いよいよ滑走路に向うのか? というところで機内アナウンスが・・・・。

「空調関連に不具合が確認されたので 暫く出発を見合わせます・・・・」とのこと。

既に機内に閉じ込められてしまった乗客はどうすることも出来ません。さらに携帯電話も使用禁止!との事で 遅延する旨の連絡も出来ません・・・・この事は他の乗客からも苦言が出ていた様子でした。

結局のところ・・・・50分遅れで出発となり 当然、鹿児島にもこの遅れを引きずっての到着となりました。

鹿児島空港で待ち合わせていた九州の営業所長と ようやく合流出来ましたが 1時間後の飛行機とほぼ同時に到着したようで・・・・こんな事であれば最初から1時間後の飛行機に乗れば良かったのに・・・・そうすれば 早起きする事もなかったんだけど。

遅刻の釈明も程々に・・・(と言っても 私が謝っても仕方が無い事ですが・・・) 仕事場所には約1時間遅れで到着し、本来の業務となりました・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕方5時・・・無事仕事も終わったので これからの予定を検討します・・・・。

夕方といっても ここは南国 鹿児島県・・・・11月下旬とは言え 未だ空には明るさが残っています。東京とは1時間ほど時差?があるといっても良いほどです。

もともと・・・仕事が翌日にわたる可能性もある事もあって当地で1泊するつもりで出向いてきましたが、この時間は非常に微妙な時間帯・・・・。 これから羽田行きの最終便に乗る事が出来れば その日のうちに帰京する事も可能ではありますが、さすがに鹿児島まで来ているのに まさか日帰りなんて・・・・「政治家でもタレントでもないのだから・・・」といった気持ちがあったことは事実なのですが・・・・。

しかし、そんな事もあろうかと出張前に別のプランも立案していました。 熊本県内に取引きのある部品メーカーがあるので もし仕事が1日で片付いてしまった時は 翌日、訪問する事にしよう・・・・と。 かねてから九州に出向く際には是非とも寄って欲しい・・・との話しがあったので 事前に今回の出張の旨をお話しすると 幸いな事に金曜日は訪問OKとの事・・・・・・それでは 時間が出来たら訪問するとの連絡をしておきました。

今朝ほど空港で合流した九州の営業所長は このまま事務所に戻るとの事・・・・(ちなみに事務所は佐賀にあります・・・) 佐賀までいっしょに戻って そこで1泊してから ゆっくり帰れば良いじゃん! と申し出てくれましたが、自分は前記の理由により 熊本に寄る可能性もあるので・・・という事で、とりあえず鹿児島空港で分かれる事にしました。 

空港で分かれた後、一応、今日の羽田行きの余席状況を聞いてみると 案の定、羽田行きの便は 何と今日、そして明日の昼過ぎの便まで満席とのこと!・・・・当初の思惑どおり? そのまま鹿児島市内行きの空港バスに乗車し、鹿児島市内で1泊することにしました。

通常なら約40分程度で鹿児島市内まで行けるようでしたが この日は少々異なりました。 途中の高速道路で事故があり、高速道路が通行止めに・・・・・結果、鹿児島市内に到着したのは日も暮れた19時直前・・・・。

宿泊先等、一切何も決めていなかったので 大変焦りましたが、地方の大きな駅には必ず観光案内所がある事を知っていたので まずは鹿児島中央駅へ向いました・・・・・カウンターを覗き込んだら 既に女性担当者は掃除機を掛けていたところで・・・・

「あの・・・・まだやってますか?」 と尋ねると、「はい、大丈夫ですよ!」と 快く対応してくれました。

今夜の宿を探している旨の話しをしたら 懇切丁寧にホテルを探してくれました。 この日は鹿児島市内も結構混んでいたようでしたが 結果、4件目に連絡したホテルに空室があるとの事で そこを紹介してくれました。

お礼を言って 早速ホテルに向ってみると 駅から3分、部屋も価格も結構良心的な所でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、この後も色々な事があったのですが こちらのほうは また明日にでも書いて見ます・・・。


この記事をはてなブックマークに追加