けんきゅうきろく(と、あともうひとつ)

レアル・マドリー、リーガエスパニョーラ関係の、なんとなく気になるニュース。

Mejor Momentos 2016

2016-12-31 21:14:16 | football
すべてはここから始まったのだと思います。ジダン、2016年頭から、レアル・マドリーの監督に就任。


安定した、安心できる、というチームにはどうもなれないままではありますが、最後まで諦めない、ビハインドの状況からでもどうにか何とかしてしまうというキャラクターを身につけたチームになっていったように思います。どうにもすっきりしないなーという試合と、鬱屈が解き放たれたカタルシスを体現するかのような試合とを繰り返す、劇場型といいましょうか…。

敵地ながら(1人退場になりながら&ゴール1つ取り消されながら)勝利を手にし凱旋に成功した、甘美なクラシコ。




CLは危ない状態(主にヴォルフスブルク戦)もありながらファイナルに進出、アトレチコ戦。90分、延長だけでは決着がつけきれず、PK戦にまで至るものの……マドリーは5人全員が決め、デシマから2年を経て「ウンデシマ」を達成。すんなりいかないのも、苦悩の末に喜ばせてくれるのも、まさにマドリー。







EURO明けで戦力が必ずしも十分ではない中、若い選手も活躍。(再び)延長までもつれ込みながらも、欧州スーパーカップ、タイトルを確保。





代わる代わる怪我人が出る、期待通りと期待を裏切るのと、山あり谷ありの試合を繰り返しているようでありながら、無敗記録は継続。特筆すべきは、怪我人が出ても若い選手たちが補えるだけの能力を、自分らしさとともに見せてくれているところでしょうか。敵地でアトレチコに完封勝利、カンプノウで引き分けを手にして帰ってくる等……





現行の選手たちの契約延長が多かったのも、2016年の特徴かもしれません。特に今シーズンに入ってから、立て続けでしたね。
 

 



最後に、記憶にとても新しいクラブW杯。良くも悪くもマドリーらしさが存分に実感できる展開でありました。まあ試合展開はともかくとして、クリスチアーノやモドリッチが実際本当にすごいということ、それだけではなくマドリーの選手たちの技術というのはやはりすごいんだということを目の当たりにして実感できた、そんな2試合でした。せっかく来日してくれたのにほぼホテル缶詰状態だったようで、何かの折にでもまた日本を楽しみに来てくれたら良いなと思ったり。





さて、2017年はどうなるでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痛い離脱2件 | トップ | 国王杯セビージャ戦、召集選手 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-12-31 22:56:45
ラウールから始まってマドリーを応援し始めて20年近く。
一生マドリーを応援し続けるんだろうなぁと再度思う一年だったなと。
ブログお疲れ様でした。
来年も楽しみにしておりますので。
あけましておめでとうございます。 (クリカ)
2017-01-03 08:58:21
あけましておめでとうございます。
レアルマドリーの選手たち、選手たちを心から愛し、応援する管理人様とこちらに集うマドリディスタの皆様にとって2017年が、昨年よりもっとずっと、喜ばしい年となりますように心からお祈りいたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は最高の一年だったクリスティアーノ。今年もがんばれ、チームの勝利のために!
Unknown (はちこ)
2017-01-03 15:13:22
あけましておめでとうございます!
今年もマドリーにとって素晴らしい一年になればいいなぁ…と思うのですがコバチッチとバスケスの怪我、セビージャだらけの1月等と幸先悪いのですが(笑)、ぜひジダンには頑張ってもらいたいところです。
マドリーに幸あらんことを。

ブログ今年も楽しみに待ってます。いつもありがとうございます。
Unknown (本人)
2017-01-07 20:06:36
あけましておめでとうございます。
年月が過ぎるにつれ、記事の頻度もコメントのお返事も、ルーズにだらけていて申し訳ありませんが、
引き続き、できる範囲のゆるさでやっていきたいと思います。
マドリーにとって、皆様にとって、2017年が良い1年でありますように。

コメントを投稿

football」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。