「イケてない男子ほど、クラスで一番かわいい子を好きになるスパイラル」について

2016年10月10日 | モテ活
 「イケてない男子ほど、クラスで一番かわいい子を好きになる」

 そんな法則が存在する。

 口下手だったり、ファッションセンスが欠けていたり、運動神経や顔面のパーツの適切な配置に不自由していたりなどして、いわゆる「非モテ」と呼ばれる男子ほど、なぜか「総選挙第1位」の女の子にねらいをさだめる。

 普通に考えれば、

 「身のほどを知らない」

 「そんなこと言うてるから、彼女ができへんのや」

 そうさとされて、おしまいの思想ではあるが、実はこれには理由がある。

 順を追って説明すると、まず当然の流れとして、

 「イケてない男子は、イケていないがゆえに、彼女ができない。どころか、そもそも女の子と接するチャンスそのものが少ない」

 一方、モテる男子。

 イケメンとかスポーツ万能でクラスの中心的人物のモテ男はもちろんのこと、そうではないけど、普通に彼女ができる子もこれにふくむ。

 見た目は並みだけど、女性にマメとか、しゃべりがうまいとか、性格がいいとか、聞き上手とか、そういう顔とか金とか「わかりやすいモテ」でなくても、ざっくりいえば

 「人間性、その他」

 の部分がすぐれていて特に恋愛の枯渇で困ったことのない男の子。

 こういう男の子は、ごくごく自然な流れで彼女ができるし、そうなると必然、経験値も増え「女を見る目」が養える。

 これがポイント。

 レコーディング・ダイエットでブレイクして、今では「モテ」についても積極的に語っておられる岡田斗司夫さんは、

 「面食いを自称する人は、《自分は異性を顔でしか判断できない知性のない人間》であると白状しているようなもの」

 とおっしゃってましたが、まさにモテ男もしくは「普通に彼女ができる」男子は女性を知ることによって、その「知性」を身につけることができる。

 平たく言えば、「女の価値は顔や乳だけじゃない」という、しごく当たり前のこと。

 顔が良くても性格が合わなかったり、逆に見た目は並みでも、ものすごく話してて楽しかったりすることなんて、普通にありますよね。

 私自身、女性に対して、そりゃ顔がいいにこしたことはないけど、それ以上に経験則として、

 「美人は話していて退屈」

 という偏見を持っている。

 これは自分がイケてないからねたんでいるとかではなく、実際にそう感じることが多いから。

 その理由はわりとはっきりしていて、美人でそこを「主戦場」にしている人は自分がなにをしなくても、周囲がほめたり、時には実力以上にちやほやすることもあるため、そこに「努力義務」がない。

 だから必然、言うこともやることもサービス精神が希薄だし、打たれて「泣き」が入っていないから、普通のことしか言えなくておもしろくもない。

 クラスのイケメンはなにを言っても女の子が笑ってくれるから、大人になってもずっとつまらないままのように、美人もなにもしなくても、

 「周囲が自分を楽しませてくれる」

 ということに慣れている。

 「美人は性格が悪い」という人は、このことに対して反感をおぼえるのだろうけど、私の感覚では「退屈」。

 学生のころ、バイト先でシフトに入る日は明らかに店の売り上げが上がるというくらいの美人のお姉さんがいた。

 一度ふたりだけでお昼ご飯を食べる機会があったのだが、テーブルで向かい合ったとたんにニッコリとステキな笑顔を見せられたときには、思わず苦笑いが出たものだった。


 (続く→こちら







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森下卓九段が語る羽生将棋の... | トップ | 「イケてない男子ほど、クラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

モテ活」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。